サンマの塩焼き

山内鮮魚店店長の山内です。

9月も半ばに入り、サンマの脂もどんどんのってきましたね(^^)

先日料理人の友人と話していて、彼は走りの時期の「脂がのりすぎていないサンマ」が一番!と言っていましたが、魚屋だけによーく分かります。

脂がのり過ぎていると身が柔らかくなりますし、調理しずらいというのが嫌なのだろうと思いますが、塩焼にするならやっぱり脂がのりすぎるくらいの方が美味ですね♪

ちょうど本日通勤する車の中で見ていたテレビ番組で「サンマの上手な焼き方」というのをやっていて、ついついなるほどと頷いてしまいましたのでちょっとだけご紹介。

(ご家庭のグリルで焼く場合の焼き方に感心しました)
(1)まず生のサンマを軽く水で洗う

(2)サンマは水揚の時に大量に水揚げされるため魚同士がこすれて「ウロコ」がほとんど取れてしまっていますので、気になる方は軽くウロコを取ります。

(3)キッチンペーペーで余分な水分を取ります。

(4)ちょっと多めかな?というくらい塩をふります。水分を上手に抜くためですね♪

(5)ここがポイント。ご家庭のグリルは中央ではなく周りに点火部分があるので「端に寄せて強火で焼く」。

 

確かに。強火で皮の部分をかりっと、焦げ目がけっこう付くくらい焼き上げると、所謂「外はかりっと、中はじゅ〜し〜」に焼き上がります。

特に脂の乗った生サンマなら、ぴったりの焼き方♪

どうせ食べるなら、少しでも「美味しく」食べたいですよね(^^)

お刺身もいいですが、少し肌寒くなってきましたので「塩焼き」でぜひお楽しみ下さい!

 

■生サンマ特集|秋刀魚のお取り寄せなら山内鮮魚店

https://www.yamauchi-f.com/special/sanma.html

山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2019年4月
    « 1月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ