TOP/タコ

南三陸タコ漁

先日ある機会をいただき、地元南三陸の「タコ漁」に同行させて頂いた。南三陸志津川湾といえば「西の明石、東の志津川」と言われるタコの名産地。地元だから言う訳ではありませんが、このタコに勝るタコがあれば教えてほしいくらい美味しいのです。

 

その秘密はまぎれもなく「餌」。雑食であるタコは様々なエサを食べて成長しますが、南三陸のタコが生息する海底は三陸名産の海産物がわんさか。高級アワビを含め、旨味を含んだ魚介類をたらふく食べてこのタコは育つ訳です。おいしくないはずがありません。

 

作家の嵐山光三郎さんが以前、南三陸のタコを「グルメなタコ」と称したのは有名なお話。ここからは当日の写真も含め、南三陸名産のタコ漁を少しだけご紹介します。

 

南三陸のタコ漁

南三陸内湾の朝

朝5:00に家を出発。現場へ向かうため国道45号線を走ると写真のような見事な景色。南国の人ならすぐにでも車内に戻りたくなる寒さですが、南三陸人にとっては11月の潮風もナカナカいいもんです。

 

南三陸タコ漁

港に着くと見えたのは「気嵐(けあらし )」。気嵐(けあらし )は、冬の朝に海水温が大気温より高い時に見られる現象です。

 

南三陸タコ漁

出航したのは朝6:00近く。漁師さんの中型船に乗り込み、沖ですでに始まっているという「タコ漁」の現場まで向かうことに。グイグイと潮をかき分け進む船は、いつ乗っても胸が踊ります。

 

南三陸タコ漁

沖へ進むにつれ、朝焼けが眩しいくらいに突き刺さってくる。水しぶきと朝焼けを浴びながら進むこと10分。タコ漁の現場に到着。漁師はいつもこんな景色を見ているのかと思うと、実に羨ましい気持ちになります。南三陸の内湾は、ちょうど手で囲むように地形に守られているため、内湾はまるで湖のように穏やかなのが特徴。ひとたび沖にでると船は一気にグラグラ揺れ始めます。

 

南三陸タコ漁

タコを獲る仕掛けは、この「籠網」。昔は陶器製の壺だったと教えてくれましたが、これにエサを仕込み、前日のうちに海に沈めておく。沈める場所は、なんといっても漁師の「勘」でしかない。ひとつの籠網には2ハイのタコが入っているときもあれば、ゼロの時もあるといいます。ワクワクしながら見ていると入ってる入ってる、見事な南三陸のタコが。

 

南三陸タコ漁

どうです?見事でしょう。水揚げしたのは「水ダコ」といって、全国で最も水揚げされる種類の大型タコ。雑食で食いしん坊な反面、味は甘みがあって柔らかいタコです。

 

南三陸タコ漁

網をセットした専用の筒に、こうしてタコを入れていきます。これで傷も付かずタコも逃げづらい。市場にはこの網のまま水揚げします。

南三陸タコ漁

そして再び場所を変えては水揚げし、変えては水揚げしの繰り返し。一緒に乗船させてもらったタコ網を揚げる小型船は、小さな波でもグラグラに揺れまくる。海底から網をひっぱると、当然のように船が傾いていく。それを体を使ってバランスをとりながら上手に水揚げしていく。これを1日に何十個と引き上げるのだから、瞬発力と持久力が必要な大変な仕事です。

 

南三陸タコ漁

私が引き上げたのは朝7:30。もちろん漁の邪魔になるので途中で引き上げました。網で大量に捕獲する鮮魚漁に比べ、タコ漁は前後こそあれ「仕掛けた籠」の数だけの水揚げになるでしょう。大変な作業です。

 

こういう生産者の現場を間近で見ると、安さばかりを求めてくる大手商社や大手スーパーのバイヤーなどは、一度無理矢理でも漁に連れて行きたくなってしまいますね。何事にも適正価格というものが、やはりあるのです。

 

南三陸のタコ

こちらが南三陸のタコを塩茹でした、南三陸名物「志津川だこ」。そしてこうして真っ赤に茹で上げたタコも、実は科学的な色付けは一切しないのが南三陸流。独自の製法で、見事な色付けと味わいを各販売店が作り出しています。

 

たこのお刺身

そしてこれが南三陸名物「タコ刺し」。南三陸では「生」ではなく、塩茹でして刺身で食べるのが最も愛されている食べ方。これは水ダコ。柔らかくて弾力のある身を一口頬張れば、ジュ〜シ〜な甘みと旨味が一気に口の中で広がる。これよりも美味しいタコはやはり見当たらない気がします。

 

<毎日更新> 魚介類のなぜ?をお伝えします

山内鮮魚店Facebookページ

山内鮮魚店Facebookページ

 

 

【送料込】南三陸志津川水だこ(お刺身用ゆでタコ)足800g ※約3~4人前
【送料込】南三陸志津川水だこ(お刺身用ゆでタコ)足800g ※約3~4人前

 

<お客様の声>

——————————————————
ホタテと一緒にお願いしました。たかがタコ、されどタコでした。たくさんタコを食べてきましたが、今までのは何だったのか、そんな思いをさせられた逸品でした。

——————————————————



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 06:11 | タコ

山内鮮魚店店長の山内です。当店のタコはなぜこんなにも美味しいのか。その理由をいくら文章と写真でお伝えしても、直接試食して頂き、目の前でその美味しさを存分にお伝えすることは、ナカナカできません。

 

この美味しさを実感頂く時。それは決まって実際に南三陸に足を運び食べていた方や、通信販売で購入頂く方です。おひとりおひとり目の前でそんな顔を見ながら、この美味しさのヒミツを説明したいと常々思っておりますが(笑) さすがにそれは嫌がられますね。

 

南三陸という独特の地形によって形成される「海の恵み」。そして、その中で上質な高級食材を食べ尽くす南三陸のタコ。さらに当店が創業から大事にしている秘伝の製法と、津波の被害から守られた秘伝の煮汁。そんな当店のこだわりを、社長自ら語っている動画です。ぜひご覧下さい。

 

当店にしかできないこの技術は、もしかしたら皆様の「タコの常識」を覆す美味しさかもしれません。

 

■【送料込み】南三陸志津川真だこ(頭付き)約1.0kg ※約4~5人前 《お刺身用塩茹でタコ》¥6,300

https://www.yamauchi-f.com/fs/yamauchi/tako/madako

 



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 05:12 | タコ

南三陸志津川マダコ

山内鮮魚店店長の山内です^^ 本日の南三陸町は非常に強い風が吹き抜けています。海からの潮風も余計に堪えますね。朝晩の冷え込みも強くなり、いよいよ冬の訪れを感じずにはいられません。

 

さて、写真は何だか分かりますか? こちらは南三陸名産の「マダコ」。実に見事な風格ですよね^^ タコと言えば兵庫県の明石が有名ですが、実はこの南三陸志津川湾で水揚げされるマダコは『西の明石、東の志津川』と言われるほどの逸品なんです。

 

タコはエサとなる貝類などの味がそのまま味に影響する唯一の海産物と言われていますが『東の志津川』と言われる所以は、まさしくそのエサにあります。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、南三陸内湾はリアス式の入り組んだ地形に囲まれた「独立閉鎖」された形になっていて、三方が山々に囲まれています。その山々に降り注いだ雨が、長い年月をかけ地中深くに染み込み、ミネラル豊富な水となり内湾に流れ出します。そのため南三陸内湾で育つホタテは甘みが強く、牡蠣などはより濃厚な味わいに育つんです。

 

『東の横綱』であるマダコは、そんな魚介類の育成に理想的と言われる志津川湾で、三陸名産の『高級アワビ』などを食べて育つと言われています。なんとも贅沢なタコですね^^ そのため、味に驚くほど旨味があるのが特徴です。南三陸町(旧志津川町)は、昔から宮城県内では「タコの名産地」として知られてきました。志津川と言えばタコ、実はずっと昔から有名なんです。なので南三陸のゆるキャラはやっぱり名産の「タコ」なんですね。昔は一部の高級料亭などに限定して出荷されるほど珍重されていたタコとしても知られています。ちなみにこのマダコ、その昔は溢れるほど水揚げされ、聞く所によると海辺でも拾えるくらいだったようですが、近年その数が減少し続けている貴重な資源です。

 

また、タコは日本人に馴染みのある食材でもありますよね。でもナカナカ『お刺身』で食べるという習慣は、全国でも産地以外ではあまり浸透していないのではないでしょうか。南三陸はもちろん産地ですので、こぞってこのアワビを食べるマダコを『お刺身』で頂きます♪  お刺身と言っても『生』ではありません。 南三陸ではこのマダコを『塩茹で』し、お刺身に切り分けて食べるんですが、これがまた冬の代名詞とも言うべき味わいで何とも格別です。お店によっても茹で方が異なり、それぞれのお店の特徴があるんですが、当店では創業以来、門外不出の製法でこのマダコを茹で上げています。

 

身が引き締まり丸々と太ったマダコのお刺身は、ぎゅっと引き締まった歯ごたえと、噛む程に溢れるなんとも言えない芳醇な旨味♪ お醤油を付けなくてもいいほど、旨味があるんです^^ 日頃から美味しい海産物を食べている南三陸町民がこぞって冬に食す名物ダコ、まだ未体験の方はぜひ試してみてください♪  南三陸ではこのマダコを頭付きでお歳暮ギフトとして贈るのが通例になっています。ぜひお歳暮ギフトにも、ご自宅用にもオススメです!

 

現在まだ水揚が極端に少ないため、マダコのお届けは11月中旬より開始予定です^^

 

■【送料込み】南三陸志津川真だこ(頭付き)約1.0kg ※約4~5人前 《クール冷蔵発送》6,300円

https://www.yamauchi-f.com/fs/yamauchi/tako/madako

 



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 11:11 | タコ

TOP/タコ

山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2019年11月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ