TOP/カツオ

カツオたれ5選 レシピ


夏を代表する魚といえば「鰹(かつお)」ですよね。三陸はかつおの水揚げ量が日本一!獲れたてのカツオはお刺身たたきにし、しょうが醤油やポン酢でさっぱりといただくのが定番ですね。

 

そこで、たまには違ったタレで楽しみたいという人にオススメ!家にある材料に、ひと手間加えるだけで絶品タレに早変わり!切って混ぜるだけなので、火は一切使いません!新たな美味しさを発見し、よりカツオが好きになっちゃう「和・洋・中」のカンタン絶品うまダレ5選をご紹介!

 

【和風】キリッと冷えたお酒とご一緒に!シャキシャキネギと梅肉の「カツオ刺身 梅だれ」

かつお 梅だれ レシピ

梅干しのほのかな酸味が暑い夏にピッタリ!シャキシャキのネギと梅肉が脂ののったカツオと相性抜群です!ミョウガや大葉など食感や風味がいい薬味を合わせれば、味わいがより豊かになっておいしいですよ♪

 

さっぱり後味なので、つい箸がすすむ一品です。キリッと冷えたお酒とご一緒にネギと梅肉をたっぷりとのせて召し上がれ♪

 

<ポイント>

  • 梅干しからも塩分が出るので、塩の加減は控えめに
  • 梅肉もたっぷりとのせて一緒に食べるのがオススメ!

 

レシピはこちら

【和風】にんにくパワーでスタミナ満点!ごま風味薫る「カツオ刺身 味噌ニンニクだれ」

かつお 味噌だれ レシピ

「にんにく」を使ったスタミナ満点だれ!甘めに味付けされた味噌がニンニクとよく合います。ゴマをたっぷりと入れることで香ばしさが増し、コクがあるまろやかな味に仕上がります♪

 

しっかりとした味のタレになるので、ご飯やお酒もススむこと間違いなし!幅広い世代に好まれる味わいです。

 

<ポイント>

  • 味噌やゴマなどの固形物を先に混ぜ、あとから醤油などで少しずつ溶く
  • 玉ねぎや大葉などお好みの野菜と合わせて食べるのがオススメ

 

レシピはこちら(動画付き)

【洋風】なんでも美味しく仕上げちゃう魔法の調味料「カツオ刺身 マヨネーズだれ」

かつお マヨネーズたれ レシピ

どんな料理も美味しくなる不思議な調味料「マヨネーズ」。プレーンヨーグルトとマヨネーズを合わせることで濃厚でまろやかな仕上がりに♪鼻から抜けていく〝からし″の風味がアクセント役を果たします!

 

同じマヨネーズでも、どんな調味料とあわせるかによって印象が違ってきます。定番化したいつもの料理が、タレひとつを変ることで食べるのが楽しくなりますね♪

 

<ポイント>

  • ヨーグルトは「プレーン」のものを使いましょう
  • すりごまはたっぷり入れることでゴマの風味がより増します

 

レシピはこちら(動画付き)

 

【洋風】食卓が華やかに♪目にも鮮やか「カツオ刺身 ネギトマトだれ」

かつお ネギとまとだれ レシピ

彩り鮮やかな「トマト」を使った、夏にピッタリ「ネギトマトだれ」。トマトの食感がまるでパプリカのよう!あとからネギと大葉のさわやかな風味が香る。脂がのった旬のカツオと夏野菜がコラボした簡単万能ダレです♪

 

おもてなしの席でも、注目の一品になること間違いなし!そのまま食べてもおいしい〝食べるドレッシング″のご紹介です!

 

<ポイント>

  • 全体的に水っぽくならないよう、トマトの種をしっかりと取り除く
  • トマトの食感を活かすため1.5cmの角切りにする

 

レシピはこちら(動画付き)

 

 

【中華】なんにでも合う万能タレ「カツオ刺身 ネギ塩たれ」がオススメ!

カツオ ネギ塩たれ レシピ

さっぱりとしたネギ塩に、ごま油の香りがより一層食欲をそそります。素朴ながらもカツオの旨味を引き立て、ネギ好きの方にはたまらぬ一品です!

 

肉・魚・野菜となんにでも合う万能タレ。毎日の食卓に重宝しますよ!多めに作り置きしておくのもいいですね。お好みでレモン汁や梅肉を加えるのもおすすめです♪

 

<ポイント>

  • 塩加減は濃いめの方がカツオとよく合う
  • ネギ塩たれは完成してから少し時間を置くと、味が馴染み美味しくなる

 

レシピはこちら(動画付き)

 

カツオが苦手な人でもタレ次第でおいしく楽しめます!

 

鰹(かつお)は他の魚に比べると、独特のクセがあり苦手な人もいると思います。マヨネーズや味噌といった特徴のある調味料と合わせれば、カツオのクセが気にならずとても食べやすくなります。

 

どのご家庭にもある調味料に、ひと手間加えることで変わり種レシピに早変わり!つけダレを変えることによりカツオの新しい食べ方が見つかるかもしれません。

 

レパートリーがどんどん増えれば、何種類かのタレを用いて、かつおのお刺身やたたきで食べ比べなんてのもいいかもしれませんね♪

 

本場の感動品質!気仙沼産 釣りカツオはこちら

生カツオ

カツオカルパッチョレシピ

三陸産「生カツオ」お刺身・タタキが選べます 980円〜

※カツオのカルパッチョの作り方レシピも同封いたします

 

<お客様の声>

——————————————————

お中元で、お世話になった東京の先生にお送りしたところ、「ここ近年、私が知っている限り、食べたこと無いほど美味い鰹だった」と、絶賛頂きました。これから私も食べます。楽しみデス。

——————————————————

 

 

そのほか山内鮮魚店オススメ

かつおを使ったレシピはこちら⬇︎

レシピはこちら

 

 

 



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 04:09 | カツオ

カツオのカルパッチョ レシピ3選

夏はカツオの美味しい季節。旬のカツオはお刺身が一番ですが、カツオを使ったレシピといえば、さっぱりいただく「カツオのカルパッチョ」が人気。

 

カルパッチョ(Carpaccio)はイタリア料理で、生の牛肉に調味料をかけたお料理のこと。日本では牛ではなく主に魚を使ったレシピが多いようです。中でも代表的なのが「カツオ」を使ったカルパッチョと言われています。 とはいえ、調味料や味付けでその印象は全く違いますよね。熱い夏、キンキンに冷えたビールやワインとともに楽しむ「カツオのカルパッチョ」は最高です。

 

今回は代表的なバルサミコ酢をはじめ、日本料理らしいお酢やゴマを使った鮮魚店がおすすめする「カルパッチョ レシピ3選」をご紹介します。

 

(1)ワインと合わせたいなら、定番中の定番「カツオのカルパッチョ バルサミコソース」がオススメ

線

カツオのカルパッチョ バルサミコソース

ワインと合わせたいカツオのカルパッチョといえば、代表的なのが「バルサミコ酢」をベースにしたカルパッチョ。 特に旬の時期のカツオは、脂が驚くほどたっぷりのため、さっぱり食べたい時にこのレシピが重宝します。

 

ベースはバルサミコ酢とお醤油。それにオリーブオイルとレモン汁を加えてさらにさっぱりと。スライスした揚げニンニクをアクセントに加えれば、夏バテ効果も期待できますね。 カツオのカルパッチョ(バルサミコソース)を作るときのポイントは2つだけ

 

カツオのカルパッチョ(バルサミコソース)レシピのコツ

(1)カツオは厚めに切る

(2)カツオにつける下味はしっかりと

 

カツオは魚の中でも「独特のクセ」を持つ魚です。そのためしっかりと下味をつけ、臭みを取ることがおいしいカルパッチョを作るコツです。また食感がやわらかいのもカツオの特徴のひとつ。厚めに切って、カツオの食感と噛んだ時に広がる旨味をお楽しみください。作り方の詳細はこちら↓

 

レシピはこちら

 

 

(2)食べやすく、ビールにもよく合う!「カツオのカルパッチョ 和風おろしソース」

線

カツオのカルパッチョ 和風おろしソース

バルサミコ酢が苦手な方にオススメしたいのが、日本人に親しみやすい「おろしソース」を使ったさっぱり味のカツオのカルパッチョ。

 

りんごと大根おろしを使った「和風おろしソース」だから、とっても食べやすく、親しみやすいレシピです。ビールにもよく合いますよ。

 

カツオのカルパッチョ おろしソースを作る際のコツは2つ

(1)カツオはやっぱり厚めに切る

(2)色とりどりのお野菜を添えて、見た目も涼しげに

 

和風おろしソースとカツオのカルパッチョとビールさえあれば、熱い夏でもおいしくさっぱりカツオが楽しめます。 和風おろしソースの作り方もご紹介してますのでぜひチェックしてみてください。動画付きレシピです。

 

レシピはこちら(動画付き)

 

(3)ゴマのコクと香りでまろやかに。万人受けする「カツオのカルパッチョ ごまだれソース」もオススメ

線

カツオのカルパッチョ ごまだれソース

上記レシピはビネガーベースのさっぱり味ですが、もっとコクがあって食べ応えのあるカルパッチョがお好みなら「カツオのカルパッチョ ごまだれソース」がオススメです。

 

実はゴマとカツオは相性抜群。ごまの香ばしい香りとコクが、カツオ独特の臭みをまろやかにしとっても食べやすく仕上げてくれます。お酢が苦手なお子様も、どなたにも大人気のカルパッチョレシピなんです。

 

カツオのカルパッチョ ごまだれソースを作る際のコツは2つ

(1)カツオを厚めに切り、しっかりとお醤油で下味をつける。

(2)ベビーリーフやオニオンなど、癖の強いお野菜をあえて合わせる

 

カツオは主張の強い魚ですので、癖のつよいお野菜との相性も抜群。さらに、ゴマだれを合わせることで、丁度良いバランスに仕上がります。ぜひチャレンジしてみてください。動画付きレシピはこちら

 

レシピはこちら(動画付き)

 

まとめ

線

カツオは回遊魚ですので、全国様々な地域の特性を活かして楽しまれています。暑い夏から秋にかけて水揚げされるカツオ。体調にあわせてビネガーやゴマを使い分けるのもいいですよね。

 

高知で食されるカツオは脂が少なく、タタキにしたカツオとスライスしたニンニクを豪快に合わせて食べるのが主流。対して三陸のカツオは油がしっかりのっていることで有名ですが、三陸ではその脂を楽しむためほとんどタタキではなく「お刺身」で食します。

 

脂が少ないさっぱりとしたカツオと、脂ギトギトの旬のカツオ、どちらをカルパッチョにしても特徴があって美味しいですよ^^

 

生カツオ

カツオカルパッチョレシピ

三陸産「生カツオ」お刺身・タタキが選べます 980円〜

※カツオのカルパッチョの作り方レシピも同封いたします

 

<お客様の声>

——————————————————

お中元で、お世話になった東京の先生にお送りしたところ、「ここ近年、私が知っている限り、食べたこと無いほど美味い鰹だった」と、絶賛頂きました。これから私も食べます。楽しみデス。

——————————————————

 

 



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 12:08 | カツオ

TOP/カツオ

山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ