TOP/カツオ

カツオのカルパッチョ レシピ3選

夏はカツオの美味しい季節。旬のカツオはお刺身が一番ですが、カツオを使ったレシピといえば、さっぱりいただく「カツオのカルパッチョ」が人気。

 

カルパッチョ(Carpaccio)はイタリア料理で、生の牛肉に調味料をかけたお料理のこと。日本では牛ではなく主に魚を使ったレシピが多いようです。中でも代表的なのが「カツオ」を使ったカルパッチョと言われています。 とはいえ、調味料や味付けでその印象は全く違いますよね。熱い夏、キンキンに冷えたビールやワインとともに楽しむ「カツオのカルパッチョ」は最高です。

 

今回は代表的なバルサミコ酢をはじめ、日本料理らしいお酢やゴマを使った鮮魚店がおすすめする「カルパッチョ レシピ3選」をご紹介します。

 

(1)ワインと合わせたいなら、定番中の定番「カツオのカルパッチョ バルサミコソース」がオススメ

線

カツオのカルパッチョ バルサミコソース

ワインと合わせたいカツオのカルパッチョといえば、代表的なのが「バルサミコ酢」をベースにしたカルパッチョ。 特に旬の時期のカツオは、脂が驚くほどたっぷりのため、さっぱり食べたい時にこのレシピが重宝します。

 

ベースはバルサミコ酢とお醤油。それにオリーブオイルとレモン汁を加えてさらにさっぱりと。スライスした揚げニンニクをアクセントに加えれば、夏バテ効果も期待できますね。 カツオのカルパッチョ(バルサミコソース)を作るときのポイントは2つだけ

 

カツオのカルパッチョ(バルサミコソース)レシピのコツ

(1)カツオは厚めに切る

(2)カツオにつける下味はしっかりと

 

カツオは魚の中でも「独特のクセ」を持つ魚です。そのためしっかりと下味をつけ、臭みを取ることがおいしいカルパッチョを作るコツです。また食感がやわらかいのもカツオの特徴のひとつ。厚めに切って、カツオの食感と噛んだ時に広がる旨味をお楽しみください。作り方の詳細はこちら↓

 

レシピはこちら

 

 

(2)食べやすく、ビールにもよく合う!「カツオのカルパッチョ 和風おろしソース」

線

カツオのカルパッチョ 和風おろしソース

バルサミコ酢が苦手な方にオススメしたいのが、日本人に親しみやすい「おろしソース」を使ったさっぱり味のカツオのカルパッチョ。

 

りんごと大根おろしを使った「和風おろしソース」だから、とっても食べやすく、親しみやすいレシピです。ビールにもよく合いますよ。

 

カツオのカルパッチョ おろしソースを作る際のコツは2つ

(1)カツオはやっぱり厚めに切る

(2)色とりどりのお野菜を添えて、見た目も涼しげに

 

和風おろしソースとカツオのカルパッチョとビールさえあれば、熱い夏でもおいしくさっぱりカツオが楽しめます。 和風おろしソースの作り方もご紹介してますのでぜひチェックしてみてください。動画付きレシピです。

 

レシピはこちら(動画付き)

 

(3)ゴマのコクと香りでまろやかに。万人受けする「カツオのカルパッチョ ごまだれソース」もオススメ

線

カツオのカルパッチョ ごまだれソース

上記レシピはビネガーベースのさっぱり味ですが、もっとコクがあって食べ応えのあるカルパッチョがお好みなら「カツオのカルパッチョ ごまだれソース」がオススメです。

 

実はゴマとカツオは相性抜群。ごまの香ばしい香りとコクが、カツオ独特の臭みをまろやかにしとっても食べやすく仕上げてくれます。お酢が苦手なお子様も、どなたにも大人気のカルパッチョレシピなんです。

 

カツオのカルパッチョ ごまだれソースを作る際のコツは2つ

(1)カツオを厚めに切り、しっかりとお醤油で下味をつける。

(2)ベビーリーフやオニオンなど、癖の強いお野菜をあえて合わせる

 

カツオは主張の強い魚ですので、癖のつよいお野菜との相性も抜群。さらに、ゴマだれを合わせることで、丁度良いバランスに仕上がります。ぜひチャレンジしてみてください。動画付きレシピはこちら

 

レシピはこちら(動画付き)

 

まとめ

線

カツオは回遊魚ですので、全国様々な地域の特性を活かして楽しまれています。暑い夏から秋にかけて水揚げされるカツオ。体調にあわせてビネガーやゴマを使い分けるのもいいですよね。

 

高知で食されるカツオは脂が少なく、タタキにしたカツオとスライスしたニンニクを豪快に合わせて食べるのが主流。対して三陸のカツオは油がしっかりのっていることで有名ですが、三陸ではその脂を楽しむためほとんどタタキではなく「お刺身」で食します。

 

脂が少ないさっぱりとしたカツオと、脂ギトギトの旬のカツオ、どちらをカルパッチョにしても特徴があって美味しいですよ^^

 

生カツオ

カツオカルパッチョレシピ

三陸産「生カツオ」お刺身・タタキが選べます 980円〜

※カツオのカルパッチョの作り方レシピも同封いたします

 

<お客様の声>

——————————————————

お中元で、お世話になった東京の先生にお送りしたところ、「ここ近年、私が知っている限り、食べたこと無いほど美味い鰹だった」と、絶賛頂きました。これから私も食べます。楽しみデス。

——————————————————

 

 



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 12:08 | カツオ

TOP/カツオ

山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2019年8月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ