TOP/メディア掲載情報

1 / 212

2017攻めのIT経営中小企業100選 授賞式

山内鮮魚店店長の山内です。先日、東京霞ヶ関で行われた「攻めのIT経営中小企業百選2017」の授賞式に出席してきました。

 

近頃、IoT(アイオーティー)という言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか。IoT(Internet of Things)とは、モノのインターネット。様々なモノがインターネットに接続され、情報交換することで相乗効果というコトが生まれる仕組みで、現代を象徴する言葉です。

 

山内鮮魚店も、田舎の中小企業ではありますが、数年前よりITを活用し、業務改善と社内改革に取り組んできました。その過程でこのような賞を受賞できたことは、スタッフにとっても嬉しいニュースになったに違いありません。

 

今日は今回の賞についてと、ITを活用したことで変わった山内鮮魚店の「就業改革」をちょっとだけお伝えします。

 

 

攻めのIT経営中小企業百選2017 とは

攻めのIT経営中小企業百選2017

「攻めのIT経営中小企業百選2017」とは、ITの効果的な利活用に積極的に取り組み、成果を上げている企業を三年で100社を選定し表彰するもの。ちなみに主宰は経済産業省と東京証券取引所。賞としては今年が最後の年となります。

 

簡単に言えば、ITツールを使って社内環境を整え、業績を上げた企業を3年で100社選ぼうというもの。ちなみにIT経営中小企業の他に、大手企業が表彰される「IT経営銘柄」も今回の表彰式で表彰されています。

>詳細はこちら(経産省HPへ)

 

そもそも山内鮮魚店が「IT」を活用したきっかけ

くんせいつくろうvol1

田舎の鮮魚店がIT経営?とちょっと驚く方もいらっしゃると思いますが(笑)私たちは3年ほど前からITツールを活用し、積極的に業務改善に取り組んできました。

 

ちなみに当社の業務形態は、以下の4部門で構成されています。

  • 鮮魚店
  • インターネット通販事業
  • 営業部
  • 製造部

 

ITを導入した主な部門は、鮮魚店を除く3部門。通販と製造と営業をITでつなぎ、業務改善し、残業を減らし、仕事をスムーズにしようというのが狙いです。なぜそんなことをし始めたのか。それは、今よりも楽に働ける環境をスタッフに提供したいと考えたからです。

 

社内の意思疎通がスムーズになれば、仕事上の煩わしい手間がなくなり、短時間で同じ成果が生まれ、残業もなくなるかもしれません。そして一日の仕事に「余裕」も生まれてきます。すると創造的な仕事にも取り組め、次第にやりがいが生まれ、結果として業績がアップする。三年前、そんなシナリオを描いたのが山内鮮魚店のIT活用のきっかけでした。

 

 

深刻化する人手不足に歯止めをかけたい

くんせいつくろうvol1

写真は小学生を対象とした「燻製作り体験」の模様

震災以降、我々の深刻な「人手不足」は、とどまるところを知りません。求人を出してもなかなか人が集まってくれない。特に若い人材の確保に悪戦苦闘する日々です。

 

それは、なぜでしょう。様々な本を読み、様々な方々に意見を伺いました。すると見えてきたのは若い世代のある特徴。それは「給料よりも休日の数、そして福利厚生を重んじる傾向がある」というデータです。モノが溢れ、成熟した情報社会の中で育っている彼らにとって、苦労せず環境が整っている会社で働きたいというのはわかる気がします。

 

ではもし、福利厚生や社内環境がちゃんと整備されていて、残業もなく、休みもたっぷりあって、やりがいが生まれやすい環境が作れれば、こんな田舎町でも働いてくれる人が留まってくれるのではないか。様々な企業が、人が集まらなくて困っているというが、そもそも人が集まりたいと思う環境を提供してないのではないか。ある時、そんな思いがこみ上げてきました。

 

そこで当面の目標として掲げたのが、IT活用による社内整備です。仕事にかかる手間を減らして余裕をもって取り組める環境作りを目指すことにしたのです。

 

手始めに取り組んだのが、あまりスキルがない人でも「気軽に運用できるIT活用」でした。ITといっても莫大な投資でシステム構築するわけではありません。プログラマーを雇い独自のシステムを作ったわけでもありません。当社がはじめたことは「自分たちでアプリを作り、自分たちで運用すること」です。

 

 

使えると思った時点からスタッフが変わりだす

kintoneアワード2016

kintoneアワード2016 店長山内によるスピーチ

当社が導入したのはサイボーズ社の「kintone(キントーン)」というクラウドサービス。このサービスの特徴は、自分で簡単に業務アプリが作れること。その簡単さは入社数ヶ月の新入社員でもできるほど。しかもクラウド上で動くため全員が最新情報を常に共有できます。月額使用料価格も安い。

 

Excelシートもそのまま吸い込んで、アプリが作れるのも魅力でした。今までほとんどのデータをExcelで管理していたものが、ほぼそのままアプリとして使えるようになりました。

 

とはいえ導入当初、社員の反応はいまいちでした。なぜならアプリに入れ込むデータを入力する「余計な手間」が増えるからです。もちろんその手間は必要です。アプリを作ってもデータがないのでは運用には乗りません。

 

社員にブーブー言われながら(笑)続けてもらって半年が過ぎた頃、社内の雰囲気も幾分変わってきました。「これ結構便利ですね、探す時間が短縮されました」など、さまざまな反応も出はじめました。これは使えるかもしれない。社員が自らそう感じた瞬間から山内鮮魚店のIT運用がようやく動き出しました。

 

水産加工の製造部門と営業をつなぐツールも開発しました。工場の出荷担当にiPadを持ってもらい、出荷マニュアルに沿って発送する流れも作りました。出荷管理もバーコードで繋ぎ、在庫もリアルタイムで把握できるようになりました。

 

おかげで昨年、サイボーズ社が主宰するkintone awardでグランプリをいただくまでになりました。

>>kintone award 2017 グランプリの記事はこちら

 

 

 

IT化の目的は、快適に仕事ができる環境づくり

株式会社ヤマウチ 事務所

山内鮮魚店の通販事務所の風景。快適に仕事をしてもらう空間作りもスタッフみんなで考えました。

IT化の目的は、仕事の量そのものを減らすこと。つまり快適に仕事ができる環境を作ることです。山内鮮魚店では、ITによる業務改善の目的を以下に掲げています。

 

  1. 残業を減らすこと
  2. リアルタイムで意思疎通ができること
  3. 社員が自分で意思決定できるデータを蓄積すること
  4. やりがいのある就労環境を整えること

 

IT化によりこれらの業務改善ができるなら、残業を減らし、快適に仕事ができ、社長や専務ではなくチームで運営していく環境を実現できると思っています。

 

そもそも、田舎では今までカリスマ的でパワフルな社長がトップダウンで経営する会社が多いのも現状です。そこに社員がチームを作り意思決定できる環境を提供できれば、アイディアが生まれ、人が育ち、業績が上がり、給料も上がり、社員の人生も豊かになるはず。

 

誰だって会社のために働いている人間はいません。休日は家族で旅行に行きたいし、堂々と人生を謳歌したい。会社は労働力をいただく代わりに、人生を豊かにする手助けをする。そんな時代になってきたのを改めて感じます。時代は実に目まぐるしく変わりますね。

 

 

山内鮮魚店の現在の就業体制

攻めのIT経営中小企業百選2017

現在、山内鮮魚店ではIT化により、さまざまな業務改善が結果として表れ、今では就業体制そのものの改革を進めています。それが下記の内容です。

 

  • 残業がゼロになった
  • 残業経費が浮いた分を、社員の福利厚生(団体保険)に充てた。
  • 2017年4月から、全部門を完全週休二日制にした
  • クリエイティブな部門には、労働時間に縛られない裁量労働制を導入

 

歯医者に通うスタッフからの要望で、有給も半日単位で取得できるようにしました。それらすべての改革をファイナンシャルプランナー、社労士の方に実際に来社いただき、全社員に通達しました。社員の中には「そこまで会社がやってくれるんですか??」という声まで出始めました。その声が一番嬉しいですね^^

 

すると不思議なことが起きたのです。今まで苦労していた「求人」も応募が増えてきました。仕事を探している人たちが、当社が整備した環境に反応し、選択のひとつとして考えてくれるようになった証だと思います。

 

人口が都市部に集中する昨今、これから地方企業はよほどの危機感をもって経営をしなければならないかもしれません。南三陸町という人口15000人にも満たない田舎に会社を構え、微力ながら町の雇用に関わる会社として、これからを支える若い人材の確保は必要不可欠です。

 

 



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 10:06 | メディア掲載情報

20140303究極のお土産に掲載

 

世界に通用する究極のお土産、宮城県では4品が選出。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山内鮮魚店店長の山内です。

バタバタと生活しているウチに気がつけば3月に入りました。

もうすぐ震災から丸三年を迎えます。

我が家では息子の入園式に向け、慌ただしい日々が続いております。

人生発の入園式、時が経つのは本当に早いですね。

まさにほっといても子は育つ。

仕事仕事でほとんどかまってやれませんが、まずは楽しく通園する事を願います。

 

さて、昨年行われた観光庁主催「世界に通用する究極のお土産2013」に全国747品の中から選出された124品の「お土産」が新潮社から冊子となって登場しました。

 

名付けて「究極のお土産」。

日本には、こんなにおいしいものがある!と題して、全国の選りすぐりの逸品がずらりと並んでおります。

まさに保存版です。

 

当店が出品したのは、JR仙台駅でもおなじみの「牡蛎桜燻し(かきさくらいぶし)」

当店スタッフもいちおしの逸品です。

主に新幹線などを利用するお客様のための『お土産』や『産地の珍味をちょっとつまみながら移動を楽しみたい』そんな方のために開発した三陸牡蠣のスモークです。

 

写真下は新パッケージ。

パッケージも改良を重ね、中身のイメージが分かりやすいよう私店長がデザインしました。

こちらの新デザインは、間もなく各地でお目見えすると思います。

 

3月〜5月の「一番おいしい時期の三陸牡蠣」だけを使い、桜チップでほんのり燻した香り高い逸品。そして何と言っても当店のこだわりは「保存料無添加」。

原料は「カキと塩」だけ。

 

「カキってこんなに美味しかったの??」そう言って頂ける、究極のスモークです。

当店実店舗以外では『JR仙台駅1F 食材王国みやぎ』にて販売しておりますので、仙台のお土産としてぜひご利用下さいね(^^)

 

20140303究極のお土産に掲載

 

<お客様の声>

もう20年も細君実家がある仙台まで帰省のために見ていたお土産コーナーでみつけた牡蠣の燻製

ほんの5年前でしょうか?こんなに旨いものがあったことに全く気づかず過ごしていました。

また買おう。と楽しみにしていた矢先の大地震。

細君の閖上の生家ももちろん流され、なんとも言えない姿になりました。

山内さんも津波の被害に遭われたことを知り、もうあの牡蠣燻製は食べることができないのか?と不安になっていましたが、お店が再開されたことをしり、仙台空港でまた購入できることを楽しみにしていましたが、空港ではなかなか売られない。

ネット検索してみると、ネットでは購入できることを知り、すぐに購入しました。変わらず味でうれしかったです。

また仙台空港での販売を強く希望します。

 

<山内鮮魚店@店長より>

本当に嬉しいお声、ありがとうございます。

仙台空港では、当店他商品を販売して頂いておりますが、残念ながらこの商品は現在販売しておりません。

お客様から「カキの燻製を販売してほしい!」とご要望をお伝え頂ければと心から切に願います。

当店でも仙台空港での再販を強く希望しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《牡蛎桜燻し150g|究極の逸品》https://www.yamauchi-f.com/item/hp025/



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 04:03 | メディア掲載情報

20131007今日子と修一の場合

 

南三陸町訪問がきっかけとなった奥田瑛二氏監督作品

 

——————————————————————————-

山内鮮魚店店長の山内です。

今日の南三陸町は朝から雨。湿度の関係で気温は高めでしたが、蒸し蒸しした一日でした。

 

そして本日は南三陸ポータルセンターにて、南三陸キラキラいくら丼の撮影が行われました。

当店でももちろん食事処「静江館(せいこうかん)」にて11月より提供させて頂きます。

 

20131007今日子と修一の場合

 

さて、南三陸町にお越しのお客様はもう気づいてらっしゃると思いますが、南三陸さんさん商店街横の「南三陸ポータルセンター」にこの映画「今日子と修一の場合」のポスターが貼ってありました。

 

監督は奥田瑛二氏。キャストには柄本佑さん、安藤サクラさん。そしてカンニング竹山さん。

 

この映画、南三陸もロケ地として多く撮影されているようです。

ポスターの撮影地も南三陸町。海の目の前の通りです。

監督の奥田さんが南三陸町を訪れたのをきっかけに企画した作品だという事です(Yahooニュースより)。

 

主役のお二人が南三陸町出身という設定。

どんな映画か、サイトを訪問すると予告編をご覧頂けます。

 

震災前、南三陸がロケ地の映画では太宰治さん原作の「パンドラの匣」がありましたが、震災後の南三陸町をロケ地にした奥田さんの想いを、私もこの目で確かめに行きたいと思っています。

 

早い所では10月5日から公開されているようですので、ぜひ皆様、ご覧になって頂ければ幸いです。

——————————————————————————-

 

映画『今日子と修一の場合』公式サイトhttp://kyokoandshuichi.ayapro.ne.jp/index.html



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 09:10 | メディア掲載情報, 雑記

20130909南三陸季刊誌

 

 

我々の財産は「人」である

 

 

20130909南三陸季刊誌

山内鮮魚店店長の山内です。

今月から次号南三陸タブロイド版「Minamisanriku vol.6」の制作が続いています。

私店長も写真担当として、仕事の合間を縫い同行させて頂いております。

1年に4回の発刊、南三陸の「人」をテーマにしたこの季刊誌も、気がつけば次号で6回目を迎えます。

 

思えば南三陸町で生まれ、北海道・東京と県外での長い生活を経て2005年に帰郷してから震災が起こるまでの6年間、黙々と家業に没頭し、南三陸町での「人」との関わりがあまりにも少なかったのではないか。

震災後、このタブロイド紙に関わるようになり痛感した事のひとつです。

 

困難を共にし、町民が一体となって復興再建に向かう中、我が南三陸町では今まで顔だけは知っていても心を開いて交流した事がない、そんな人々がもの凄い勢いで繋がっています。

カメラを構え、インタビュアーがお話を聞くにつれ、どんどん溶け込んでいく濃密な時間。

ファインダー越しに表情を追いながらいつも思うのは、様々な人々の再建にかける強い「想い」や、やってやるぞという意志に溢れた「底力」。

東北の人々は、我々南三陸町民は、やはり底知れぬ元気とパワーを持っている。

このタブロイド紙の取材は、自分自身にいつも様々な元気を与えてくれます。

 

ほんの数時間の取材が終わると、皆一様に仲良しになっている。

そして次にどこかで顔を合わせる時には、益々打ち解けている。

そういった事がなんだかすごく嬉しかったりします。

こういった「仲良し現象」は町民の方々だけでなく、毎回の「南三陸福興市」に参加して下さるボランティアの方々や、この町に関わろうとして下さる人々との間にも起こっています。

南三陸町という三陸の小さな港町の「人」や「食」、底知れぬ「明るさ」に触れ、その良さを発信してくれ、我々に元気を与えてくれているのも、そういった震災後に出会った人々なのです。

私店長が震災後に感じた事。それは南三陸町で生きる人々の「力強さ」と底知れぬ「元気」。

 

小さな町だからこそ、一丸となって前に進むことができる。10年後、そして20年後、再建へ向かう中、我々が最も得る財産、それは現代では得難い「人との繋がり」なのだと実感する毎日です。

 

海外の方々にも読んで頂けるよう英訳が付いている、この南三陸を知る季刊誌「Minamisanriku」タブロイド版は、南三陸観光協会ホームページからPDFでダウンロード頂けます。

 

<南三陸タブロイド版ダウンロード>https://www.m-kankou.jp/pamphlet/



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 11:09 | メディア掲載情報

20130901ソライロ

 

南三陸町民がテーマの「南三陸特集」

 

20130901ソライロ

山内鮮魚店店長の山内です。

四国は阿波、阿波踊りやスダチで有名な徳島県で「ソライロ」という地域情報WEBマガジンがあります。

震災後、私店長が個人的に幾度となくお世話になった徳島県の広告代理店が運営している地域情報サイトです。

震災後、被災地である南三陸町を気にかけ、ふとしたご縁で出会った私に「南三陸町の現状を発信してくれ。

同じ日本人、絶対に忘れたらあかんと思おとる」そう言ってくれた南社長。

そこから、ソライロでの「南三陸特集」が始まりました。

 

生まれてから今まで、日本国内様々な場所を訪れてきました。

その中でも徳島県は、最も好きな場所のひとつ。

青々とした空、のどかな緑、山々の急斜面に沿って建つ家々。

大好きな徳島ラーメン。

大好きな穴吹川。

おおらかで何とも人懐っこい県民性。

そして一年に一度だけ徳島全体が踊り狂う「阿波踊り」。

誰もが心から楽しそうに踊る、あの姿を見た時の感動は、今でも忘れられません。

 

ソライロのテーマは「人」。南三陸特集のテーマも「南三陸で生きる人」。

震災後を懸命に生きる人をテーマに、毎月私店長が取材し、サイト内の一部をお借りし、情報を発信しています。

取材した方々は、同じ南三陸町でも私が震災後に出会った方々ばかり。ぜひご覧頂けますと幸いです。

 

■南三陸特集 vol.1(http://www.sorairo2010.jp/special/vol01.html)

■南三陸特集 vol.2(http://www.sorairo2010.jp/special/vol02.html)

■南三陸特集 vol.3(http://www.sorairo2010.jp/special/vol03.html)

■南三陸特集 vol.4(http://www.sorairo2010.jp/special/vol04.html)

<ソライロ|徳島県の地域情報WEBマガジン>http://www.sorairo2010.jp/index.html



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 10:09 | メディア掲載情報

20130524宮城県の社長.tv

『宮城の社長.tv』に当店社長が出演しております。

ぜひご覧下さい!

『宮城の社長.tv』〜株式会社ヤマウチ 山内 正文〜
http://j-president.net/miyagi/yamauchi-f



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 10:05 | メディア掲載情報

山内鮮魚店店長のヤマウチです。
昨晩は南三陸町の写真家「南三陸から〜」の佐藤信一氏受賞の祝賀パーティーが
南三陸のホテルにて行われました。

 

総勢120名という盛大な祝賀会、これだけの人が集まるのも
信さんの写す写真と人柄あっての事ですね♪とにかく盛大な会でした。

20121123佐藤信一氏「講談社出版文化賞写真賞」受賞記念祝賀会

今回の祝賀会は写真集「南三陸から〜vol.1」が第43回講談社出版文化賞写真賞を受賞し、南三陸の有志たちがその功績を祝う為に発起したもの。

こちらは選考に携わった椎名誠氏の選考理由。

今年5月に行われた講談社での授賞式も選考委員の篠山紀信氏などが参加(その模様はこちら

20121123佐藤信一氏「講談社出版文化賞写真賞」受賞記念祝賀会

幕が開けて佐藤氏登場です。同級生の方々が多く、すごく嬉しそうでした♪

20121123佐藤信一氏「講談社出版文化賞写真賞」受賞記念祝賀会

会場は南三陸のホテル。ここから来賓の方々のごあいさつです。

20121123佐藤信一氏「講談社出版文化賞写真賞」受賞記念祝賀会

何と、前宮城県議会議長の長偉先生も来られてました。

20121123佐藤信一氏「講談社出版文化賞写真賞」受賞記念祝賀会

そして講談社写真部の渡邊さん。東京から駆けつけてくれました。

20121123佐藤信一氏「講談社出版文化賞写真賞」受賞記念祝賀会

こちらも東京から。写真集「南三陸から〜」のデザインから出版を手がけるADKの黒川さん。

20121123佐藤信一氏「講談社出版文化賞写真賞」受賞記念祝賀会

衆議院議員の小野寺さんの姿も。錚々たる顔ぶれです。

20121123佐藤信一氏「講談社出版文化賞写真賞」受賞記念祝賀会

最後に佐藤氏の挨拶。感激のスピーチでした。

20121123佐藤信一氏「講談社出版文化賞写真賞」受賞記念祝賀会

20121123佐藤信一氏「講談社出版文化賞写真賞」受賞記念祝賀会

20121123佐藤信一氏「講談社出版文化賞写真賞」受賞記念祝賀会

南三陸町出身のレゲエ歌手、福興市でもおなじみのMIKI BABYさん。何と佐藤氏と同級生という事です。

20121123佐藤信一氏「講談社出版文化賞写真賞」受賞記念祝賀会

信さん嬉しそうです♪

20121123佐藤信一氏「講談社出版文化賞写真賞」受賞記念祝賀会

最後は佐藤氏を囲んで参加者全員で記念撮影。あっという間の二時間半でした。

20121123佐藤信一氏「講談社出版文化賞写真賞」受賞記念祝賀会

今回の祝賀会の運営スタッフとして、そして終止飲まず食わずで撮影していた浜野くん。

お疲れさまでした♪ 彼はボランティアで南三陸へ訪れ、何と南三陸に移住したひとり。

本業はブライダルカメラマンだそう。

20121123佐藤信一氏「講談社出版文化賞写真賞」受賞記念祝賀会

今回の祝賀パーティー。地元の方々に祝福されるというのはやっぱりいいですね♪

終止嬉しそうな佐藤氏の顔が印象的でした♪ 改めておめでとうございます!!

 

◆写真集「南三陸から〜」公式サイト
http://www.minamisanriku-kara.com

◆講談社出版文化賞
http://www.kodansha.co.jp/award/syuppan-bunka.html

◆【祝】南三陸から~「佐藤信一氏」講談社文化写真賞授賞!
http://yamauchi.cms05.future-shop.jp/blog/?p=1879



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 03:11 | メディア掲載情報

 

20120707南三陸から

山内鮮魚店店長のヤマウチです。
先日発売されたばかりの南三陸町の「佐良スタジオ」
佐藤信一氏の写真集「南三陸から vol.2 2011.9.11~2012.3.11」
本日当店実店舗でも販売を始めました。

 

私自身も第二弾を手に取るのは本日が初めてです。
スタッフ一同で涙があふれました。

 

佐藤氏の写真と手書きのメッセージ。
南三陸町民直筆の手紙、愛おしい南三陸志津川湾。
復興へむけ、再び進む力を頂きました。

 

震災から1年と3ヶ月が過ぎても
我々南三陸町民はこの写真集の真っただ中にいます。
日々の生活の中で、時折でも思い出して頂けたらと思います。

 

写真集を企画制作して下さったADKの皆さんに
南三陸町民のひとりとして心から御礼を言いたい。
この写真集は我々の力になっています。

■南三陸から vol.2 2011.9.11~2012.3.11 佐藤信一写真集
http://www.minamisanriku-kara.com/vol2/



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 11:07 | メディア掲載情報, 雑記

 

20120409講談社出版文化賞【写真賞】受賞

山内鮮魚店店長のヤマウチです。
当店でも販売しております南三陸町の写真家、佐良スタジオの佐藤信一さんの写真集
「南三陸から 2011.3.11~2011.9.11」が第43回講談社出版文化賞【写真賞】を受賞しました♪

 

私店長も個人的に応援している佐藤さんだけに、自分の事のように嬉しい限りです。
この写真集は、佐良スタジオさんが震災後避難所生活をしながら撮影されたもの。
制作は東京の大手広告代理店で活躍する、才能ある若手の方々。
彼らも何度も南三陸に足を運んでくれています。

 

直筆の言葉と、南三陸の今を伝える写真達。
震災を乗り越え、復興へと進んで行く南三陸の財産となる一冊です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第43回 講談社出版文化賞 【 写真賞 】

選考委員 : 熊切圭介・椎名 誠・篠山紀信・田沼武能(敬称略)
佐藤 信一 (さとう しんいち) 氏
『南三陸から 2011.3.11~2011.9.11』
(発行・ADK南三陸町復興支援プロジェクト/発売・日本文芸社)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓受賞の詳細はこちらをご覧下さい!

■講談社出版文化賞
http://www.kodansha.co.jp/award/syuppan-bunka.html

■「南三陸から 2011.3.11~2011.9.11」佐藤信一 写真集 公式サイト
http://www.minamisanriku-kara.com/



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 05:04 | メディア掲載情報

TOP/メディア掲載情報

1 / 212
山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2019年3月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ