TOP/南三陸グルメ

1 / 512345

4月に入りました。南三陸町でも驚くほど暖かい日が続いています。

そして、春の訪れとともに旬をむかえるのが、この「釜あげシラス」

そうです。あの白くてフワフワでご飯が進む、あの食材です。

 

シラスは足(鮮度落ち)が早いため、生でのお届けができません。

そのため考え出されたのがこの「釜あげ製法」。

水揚したシラスを文字通り「釜」で茹で上げ、水分を飛ばす程度に天日干しする。

 

そうすることである程度保存にも耐え、お料理にも使える食材に生まれ変わります。

まさに先人の知恵ですね。

 

南三陸地方でのもっともポピュラーな食べ方がこちら↓

 

釜あげシラス

釜あげシラス丼

あつあつご飯にたっぷりのせると、ご飯の熱でシラスの良い香りが漂ってきます。

淡白な味ですので、お醤油をチョチョいっと垂らすのが「コツ」ですが、

これを「ワシワシ」とかき込むと、コレまた春の陽気に包まれた「繊細な味わい」がするのです。

当店に併設している飲食店では、ただいま期間限定で「釜あげシラス丼」も提供しております。

 

 

釜あげシラス

釜あげシラスの大根おろし添え

そして、スタッフの間で人気なのがこの「大根おろし添え」

シラスのフワフワとした食感に「大根の辛味」が合わさって、これまたポッと春を感じる味わい。

しその葉をパラパラと加え、お醤油をチョいと垂らせば

ビールのつまみにもばっちり。日本酒との相性も格別でござんす。

 

おっといけねぇ。ついつい酒が進んじまうじゃねえか♪

てな具合にそれはそれは「春」にぴったりの簡単レシピでございます。

 

 

釜あげシラスの旬と販売時期

釜あげシラスは3月末から4月末までのおよそ1ヶ月しか販売しておりません。

 

さらに、後半に差し掛かるとシラスも1匹のサイズが大きくなって参ります。

私店長などは、この後半の「大きめのシラス」が魚の味が濃くて大好きなのですが

『やっぱりシラスは小さいのじゃねぇと』

というお客様もいらっしゃるため

小さいシラスがお好みのお客様はお早めにご購入をオススメします。

 

三陸産「釜あげシラス」200g 《クール冷蔵発送》お届け期間:4月末まで

南三陸産『釜あげシラス』200g入パック 2〜3人前



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 01:04 | 南三陸グルメ

静江館|南三陸キラキラ春告丼2015

山内鮮魚店店長の山内です。イクラの季節が終わり、3月より南三陸「キラキラ春告丼」の提供が開始されました。春は実にさまざまな海産物が水揚されますので、各店舗の個性が光りますね。

 

当店では旬の「春牡蠣」をたっぷり使った牡蠣丼をご提供しております。春の牡蠣はまさに一年で一番の旬。加熱用に切り替わった今の牡蠣が実は一番おいしいんです。カキフライにしても牡蠣鍋にしても驚くほどの旨味を体感できます。濃厚でぷりっぷりの三陸牡蠣をぜひぜひ食べにいらしてください^^

 

南三陸キラキラ春告丼2015

キラキラ春告丼は南三陸町内9店舗で提供中です。それぞれお店のこだわりと個性を楽しめるのが「春告丼」の醍醐味♪ 南三陸でぜひお楽しみください!

 

■南三陸キラキラ春告丼(4月30日まで)

http://www.m-kankou.jp/bowl/

 



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 01:03 | 南三陸グルメ

南三陸さんさん商店街三周年記念イベント|福興市同時開催

山内鮮魚店店長の山内です。上の写真、いつの写真か分かりますか?

 

ちょうど3年前「南三陸さんさん商店街」がオープンした時の写真です。あの時はものすごい雪でした^^ そしてあれから3年も経つんですね。この写真は震災のほぼ一年後の2012年2月25日。各地に仮設商店街ができ、南三陸にもいよいよという事で大変な活気だったのを覚えています(当時のBlogはこちら)

 

当時のBlogを見ると、あの頃の事を思い出しますね^^ さて今月の福興市は「志津川湾牡蠣まつり福興市」です。今がもっとも旬の南三陸産真ガキが盛りだくさん♪ 生カキのシーズンは終了しておりますが、牡蠣の最も美味しい食べ方「蒸し牡蠣」をたっぷりご用意してお待ちしております。

 

さらに今回はこの「南三陸さんさん商店街 3周年記念イベント」との同時開催です。もちろん会場もこの場所で行います♪ 二日間、南三陸さんさん商店街にてお待ちしております!

 

<志津川湾牡蠣まつり福興市>

開催期日: 平成27年2月22日
開催場所 さんさん商店街横特設会場
開催時間 9:00~14:00
入場料  : 無料

<南三陸さんさん商店街 オープン3周年記念イベント>同時開催(2/21・2/22)

■手作り市(2/22 ポータルセンター)
みなみな屋の出品者が、直接販売の場に参戦します!!
どんな人が、どんな思いで作っているの?お楽しみに♪

■福興市語り部(2/22ポータルセンター)
・10:30-13:00(予定)
・入場無料
・出入り自由
主催:ガイドサークル「汐風」
この震災を風化させず、構成に語り継ぎ、安心&安全な未来を次世代に引き継ぐため、語り部の活動を行っております。

 

南三陸牡蠣まつり福興市 チラシ

福興市チラシ ダウンロード(観光協会HPより)

南三陸牡蠣まつり福興市 チラシ

会場地図 ダウンロード(観光協会HPより)

 

 

■南三陸町観光協会ホームページ

http://www.m-kankou.jp/event/15393.html/



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 08:02 | 南三陸グルメ, 南三陸町の情報

中華屋 飛上 南三陸 ラーメン

山内鮮魚店店長の山内です。南三陸の中心部から国道45号線を気仙沼方面へ。歌津(うたつ)地区の国道沿いに「飛上(とびあげ)」という中華屋さんがあります。震災後にできたお店ですが、ランチ時はいつも満員で非常に賑わっているお店です。

 

このお店、最近私店長がひたすら通っているお店ですので是非紹介させてください。一度食べてから病みつきになっていて、あと一品で全メニューを制覇してしまうほどです。

 

ラーメン屋さんのような佇まいですが、実はここの店主は仙台の一流ホテルで10年以上修行した「中華料理人」なんです。地元の人達に親しみやすいようにラーメンの提供を決めたということですが、これが何を注文しても、非常に美味しい。

 

上の写真は1日限定30食という「味噌ラーメン」です。聞くとスープの仕込みにこだわっているため、どうしても30食が限定になってしまうようです。スープはじっくり煮込んだ鶏白湯と仙台味噌が調和したマイルドな味わい。コクがありながら最後まで飲み干せる味です。2回に1回は注文してしまうほど好きな味です。

 

中華屋 飛上 南三陸 ラーメン

そしてそして、私店長がいつも注文するのがこの半チャーハン。普通のラーメン屋さんの炒飯とは明らかに違いますね。この辺に中華料理人の技が光ります。プリップリのエビにしっとりパラパラの米、抜群の美味しさです。他にも「五目焼きそば」や「酸辣湯麺」など中華らしいメニューも充実していて、ほとんど食べ尽くしてしまいました。

 

お店の中も女性スタッフがキビキビと動いていてすごくいい雰囲気です。入店すると南三陸の顔なじみには「お疲れ様です!」と声をかけてくれます。お金を払う時に皆さん「美味しかった!」と言ってお店を出て行くのがいつも印象的です。それぐらい美味しいという事ですね♪

 

夜も営業していて、お酒も楽しめます。中華の一品料理が楽しめるので、店主の美味しい中華を存分に楽しむなら夜の部が絶対オススメです^^

 

中華屋 飛上 南三陸 ラーメン

中華屋 飛上

宮城県本吉郡南三陸町歌津管の浜47の1
TEL:0226-36-3326
(昼)11:30〜14:00
(夜)17:00〜21:00 ラストオーダー20:30

月曜定休



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 05:01 | 南三陸グルメ

南三陸 おすばでまつり福興市

山内鮮魚店店長の山内です。いよいよ今年最後の大イベント「おすばで祭り福興市」が12月29日に開催されます^^

 

「おすばで」とは「酒の肴」という意味。一年を締めくくる最後に、年末年始に食べる魚介類や食材を「破格」でご提供するこのイベントは、もちろん震災前にも大盛況でした。震災前は魚市場で開催されていましたね。

 

タコやイクラ、牡蠣やホタテ、マグロやカニなどなど。ここでしか、この日にしか買えないきっぷのいい価格というのがこのイベントの売りです♪ 隣町はもちろんのこと、仙台市内や他県からも足を運ぶ方々も多いんですよ^^

 

南三陸 おすばでまつり福興市

年末年始、おいしい海の幸を味わえる最後の大イベント「おすばで祭り福興市」。このチャンスをぜひ!

会場には「発送受付ブース」もございますし、100メートル離れた当店からももちろん発送できます!

 

南三陸 おすばでまつり福興市

開催日   :平成26年12月29日(月)
開催時間  :8:30~13:30
開催場所  :ベイサイドアリーナ特設会場
会場住所  :南三陸町志津川字沼田56-2
入場    :無料
お問い合わせ:福興市実行委員会:090-7077-2550

 



【山内鮮魚店】のFacebook

山内鮮魚店店長の山内です。このところ南三陸町内での「ものづくり体験」に参加している私ですが、昨晩は19時から南三陸町産の大豆から「きな粉」を作る作業現場におじゃましました。

南三陸町は海と山の町。海の幸にも山の幸にも恵まれていることを実感します。

 

さて、みなさん「きな粉」ってどういう過程を経てできるか知ってますか?

今回は、大豆から「きな粉」ができる過程を写真を交えてお伝えしますね^^

 

南三陸 きな粉づくり体験

まずは収穫した大豆をフライパンで煎って行きます。大豆はもちろん南三陸町産のミヤギシロメ。大粒なのが特徴です。焦がさないよう、こうしてヘラを使い転がしながら5分程煎ります。

 

南三陸 きな粉づくり体験

しばらくすると、大豆の殻の真ん中に亀裂が入り始めます。こうして殻を剥き、水分を取り除くんですね♪

 

南三陸 きな粉づくり体験

そして新聞紙の上に広げて、熱を冷まします。

 

南三陸 きな粉づくり体験

次に粉砕器に冷ました大豆を入れ、細かくしていきます。

 

南三陸 きな粉づくり体験

これを細かくなるまで何度か繰り返します。

 

南三陸 きな粉づくり体験

そして専用の農具で大豆の「皮」を取り除きます。こちらはまさに職人技。熟練の方しかできないそうです。

 

南三陸 きな粉づくり体験

皮を除き、細かくした大豆を振るいにかけていきます。こうして細かくなった大豆の粉だけが「きな粉」になるんですね。これをずっと繰り返すんですが、ホントに大変な作業です。

 

南三陸 きな粉づくり体験

作業の途中、先日南三陸町に出没したというツキノワグマの話に。なんとスマートフォンが出現♪ しかもFacebookの投稿で見たという会話も飛び出しました。ハイテクな農家のおばちゃん達です。

 

南三陸 きな粉づくり体験

そして出来上がった「きな粉」は手作業で袋詰めし、パッケージしていきます。

 

南三陸 きな粉づくり体験

最後に商品シールを貼って完成^^ ここまででおよそ1時間半。できたのは「きな粉」が10袋程度。ホントに大変な作業ですね。

 

南三陸 きな粉づくり体験

作業が終わって一段落、みんなで持ち寄った手造りのお菓子やお漬け物で休憩タイム^^

 

南三陸 きな粉づくり体験

そしてできた完成品がこちら。「童子の里のきな粉」。童子とは南三陸町入谷地区童子の地名。南三陸でとれた大豆で作る、手造りのきな粉。僕も思わず2つ即買いしました^^

 

こうして実際に作り手の作業を見させていただき、作り手の顔が見える商品って本当にすばらしいですね。誰がどこで、どんな風に作った商品なのか。それを実際に体験させていただくことほど、安心に繋がることはありません。

手造りのきな粉、これからたっぷりと楽しみたいと思います。

 

こちらの「童子の里のきな粉」は、南三陸町の産直各所で販売しているとのことです^^

南三陸にお越しの際には、ぜひ顔の見える「手造りきな粉」を探してみてください♪

 

 



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 12:12 | 南三陸グルメ, 南三陸町の情報

南三陸そば処すがわらの天丼

山内鮮魚店店長の山内です。今年も残すところあと1ヶ月ですね。もう何度もこのBlogで書いていますが、南三陸町にあるこのお店に行くと、ついついBlogでご紹介してしまいます。実に美味しいお店です。

 

国道398号線、南三陸町の中心部を抜けて、山間部へ進むこと10分。ここは入谷地区(いりやちく)と言って、昔ながらの茅葺き屋根も多く、人々の暮らしも昔と変わらぬ生活が存在する場所です。南三陸には海も山もあるんです。この入谷地区で震災後「蕎麦処」を始めたのがこの「すがわら」。

 

店主はまだ30代と若いですが、高校卒業後すぐ大阪北新地や東京日本橋、銀座などで日本料理を学んだだけあって、作る料理はワンランク上のものばかり。私店長も行きつけで、いつも腹ぺこなせいか「カツ丼・そばセット」が定番でしたが、食に携わるものとしてこの際全メニューを食べてみようという勢いで入店。

 

今回注文したのは「上天丼」ですが、これがまた何とも言えない軽さ。東京で暮らしていた時、ごま油たっぷりの天ぷら専門店で食べて以来、あまり好きでなくなってしまった天ぷらですが、ここのは関西の日本料理に影響を受けているため、非常にしつこくなくサクサクとした歯ごたえと食べた後の軽さが絶妙ですね。

 

また素材も自宅の畑でとれる野菜など、その素材をきっちり活かした揚げ方をしているので、油を感じることなく素材が楽しめるのも嬉しい。なのでこの上天丼、女性でもペロリと平らげてしまうそうです。しかも今回驚いたのは、いつものお味噌汁が「お吸い物」になっていたこと。これがまた普通の蕎麦店では味わえない料亭レベルのお吸い物でした。店主に聞くと最近お味噌汁からこちらに変えたようです。この味がランチで楽しめるようになったのはかなり嬉しいですね。これだけでも行く価値があります。

 

全国どこもかしこもその土地に根ざした「味」というのがあります。東北は間違いなく「濃い味」。関西は「ダシ文化」。私は東北人ですが、味の繊細さについては西日本のお料理がやっぱり抜きん出ている気がします。はじめてのお店にふらっと入っても大概美味しいのは福岡あたりでしょうか。京都はもちろん美味しいですし、大阪の注文してからお料理が出てくるスピードにはいつも驚きます。しかも外れがない。北海道だと普通の居酒屋でも驚くほど美味いほっけに出会える。

 

南三陸ももちろん「濃い味」だと思います。そんな中で、こうして関西のダシ文化を主にした日本料理店はとりわけ「薄い」と地元の人達に言われるかもしれませんが、日本料理の神髄でもある「手間ひま」をかけ、繊細な味付けで素材の良さを大切にするお店は、おそらく宮城県でも数少ないでしょう。振り回されることなく、繊細な日本料理を提供し続けてほしい、そう願います。

 

そして実はこの「すがわら」。「そば処」ではなく「日本料理店」としての顔が、実は夜の部にあるんです。いつか東京の友人と二人で味わった「鴨鍋」が今でも忘れられません。日本酒を頂きながらつきっきりで作って頂く鴨鍋。絶妙な食感で提供してくれる鴨肉と野菜の数々。そろそろ寒くなってきましたので、もう一度幸せを感じに夜のすがわらに行きたいところです。

 

■日本料理 すがわら(割烹)

http://progress-minami-sanriku.blogspot.jp/2012/04/blog-post.html

 



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 04:11 | 南三陸グルメ

帆ッ伊達な炙り(ほっだてなあぶり) 150g入|三陸ホタテの炙り焼き《クール冷蔵発送》

山内鮮魚店店長のヤマウチです。南三陸産の活きたホタテを使った保存料無添加の「ホタテの炙り焼き」。当店製造の『帆ッ伊達な炙り(ほっだてなあぶり)』が、この度『第55回全国推奨観光土産品審査会』にて1269品の中から『日本専門店会連盟理事長賞』を受賞しました。

 

この『帆ッ伊達な炙り(ほっだてなあぶり)』は、冷凍のホタテ貝柱を使用しているのではなく、南三陸産の活きたホタテを殻から外し、まだ活きている状態から「一ノ蔵特別純米酒辛口」と「天日塩」だけで味付けし、ふっくら焼き上げた贅沢なホタテの炙り焼きなんです。

 

旨味のある「ホタテのヒモ」も付けた状態で、しかも活きているホタテから手造りするため、冷凍ホタテを使用した類似品とは比べ物にならないくらいの「旨味」が特徴です^^ ”加工品とは思えない手作り感”にこだわっているのが一番の特徴だと思います♪

 

150g入りですので、丸々太ったホタテが5〜6個♪ ボリュームもかなりあります。当店実店舗でも販売、通販もしておりますが、こちらはお土産用に開発した商品ですので、ぜひぜひ宮城県へお越しの際には以下のお店でご購入くださいませ^^

 

■JR仙台駅1F「食材王国みやぎ」売店
営業時間9:00-21:00(年中無休)
TEL:022-213-1756
http://www.jrstamp.com/shopinfo/shop/detail/?id=5

■帆ッ伊達な炙り(ほっだてなあぶり)  150g入 ¥1,296

https://www.yamauchi-f.com/fs/yamauchi/hotate/hotate_aburi



【山内鮮魚店】のFacebook

活ホタテ3.3kgはお歳暮ギフト人気no1!

お歳暮は一年のありがとうを贈る大切なギフト。見た目も豪華さも、もちろん味も♪ せっかくならお届け先から「美味しかったよ!」と嬉しいお声を頂ける贈り物がやっぱりいいですよね。当店商品の中で年間ギフトNo.1が、実は『活きたまま届く』当店の活ホタテなんです。産地から最短でお届けする品質と鮮度、味わったときの感動とお客様からの声。舌の肥えた常連様にもご愛顧いただく『活きたホタテ』その人気のヒミツをご案内いたしますね。

 

【送料込み】三陸産殻付活ホタテ 約3.3kg(14~24枚)レシピ・専用剥きヘラ付 ※約4~5人前《クール冷蔵発送》

〜ホタテは「冬」がもっとも美味しくて大きいんです♪〜

実は全国で水揚げされるホタテのほとんどが「養殖もの」なんです。小さい稚貝から自然の海水で数年かけて育てるため、産地の海水によって味に違いが出てくるのも養殖ものの特徴ですね。またホタテは三陸から北の冷たい地域(宮城県から北海道の間)で多く養殖されています。極寒の海で育ったホタテは身が締まり、甘みが増してきます。貝の大きさも、冬が一番大きいんですよ^^ 一年中水揚されるホタテですが、一番の旬は冬。3.5kgなら冬のサイズでおよそ15枚です。

 

しかも味わったことのある方はご存知かもしれませんが、南三陸のホタテは『甘みの強さ』と『肉厚さ』が最大の特徴です。その理由は南三陸内湾の独特の地形にあるんです。リアス式の独立閉鎖された湾内には、長い月日をかけて染み込んだ山々からのミネラル豊富な雨水が混じり合い、海水と混じり合ってホタテの育成に理想的な環境を造り出しています。

 

 

自然の甘みと食感を楽しむホタテのお刺身

〜好き嫌いがとっても少ないのも人気のひとつ〜

ホタテのお刺身って甘くて美味しいですよね^^ 牡蠣が苦手な方は多いですが、ホタテが嫌い!という方にお会いすることも滅多にないくらい好き嫌いのない魚介類です。見た目も豪華♪  しかも産地から活きたまま届く殻付きのホタテは格別です^^ 箱を開けて口をパクパクさせたホタテを見たらやっぱり感動します♪  甘〜いホタテで、いつもの食卓が思わず楽しくなる風景をついつい想像してしまいますね^^

 

 

 

ホタテのおすすめレシピ

〜クセがないから、いろんなお料理が楽しめる〜

加熱するとさらに旨味が増し、クセもほとんどないのでどんなお料理にもよく合うのがホタテの特徴でもあります。特に新鮮なホタテなら、ちょっと手を加えるだけで感動するほど美味しいお料理ができあがります。私店長のオススメは「ホタテのお吸い物」と「ホタテの炊き込みごはん」。ホタテってほんとにいいダシがでるんです。この二つのレシピはぜひ試してほしいです!かならず感動するハズです♪  >>ホタテのご当地レシピはこちら

 

 

 

活ホタテお客様の声

〜お寄せいただく、お客様からの嬉しい声〜

こんな嬉しいお声を頂けるのは、本当に嬉しいことです^^ 当店の活ホタテは『専用の剥きヘラ』と『殻の剥き方とホタテレシピ』もお付けしていますので、どなたでもカンタンに楽しめるのも特徴です♪ 実はホタテの殻剥きって、やってみるとかなりカンタンなんですよ^^ 普段はなかなかやる機会がないホタテの殻剥きも、カンタンですのでワイワイ楽しめます。一見難しそうですが、だれでもすぐに剥けるようになるのもギフトに人気の理由かもしれません。>>お客様の声はこちら

 

■【送料込み】三陸産殻付活ホタテ 約3.5kg(16~23枚)レシピ・専用剥きヘラ付《クール冷蔵発送》¥6,300

https://www.yamauchi-f.com/fs/yamauchi/hotate/hotate03

 

 



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 06:11 | ホタテ, 南三陸グルメ, 商品

全国丼グランプリ ご当地丼部門 金賞受賞

山内鮮魚店店長の山内です。今日の南三陸町は晴天ですが、やはり気温が日に日に低くなっております。三陸牡蠣のご注文も本当にたくさんのお客様から頂戴しておりますが、必ず品質のいい牡蠣をお届け致しますので、もう少々お待ち下さい(ご迷惑をおかけいたします!)

 

先日の「キラキラいくら丼」の記事には本当にたくさんのお客様からの「いいね!」を頂戴いたしました♪  当店Facebookでもたくさんのコメントを頂戴しました!Blogをほぼ毎日書こうと決めてから、お客様から頂く「いいね!」の反応や、Facebookでいただくコメントが励みになっています。心から感謝申し上げます^^

 

さて、この盾。なにか分かりますか??

 

こちらは「第1回 全国丼グランプリ」の盾なんです♪ なんと我が『南三陸キラキラ丼』が『ご当地丼部門』で『金賞』をいただきました!全国数あるご当地丼のなか、こうして選んで頂けるのは本当に嬉しいですよね♪ 励みになります。実は先日の投稿時にすでにこの盾が届いていたんですが、発表は11/10にしてほしいとのことで、我慢しつつようやく本日皆様に発表出来ました^^

 

南三陸キラキラ丼は震災前から始まった町おこしの一貫ですが、震災後こうして本当にたくさんのお客様に口にして頂き、愛していただけることは我々南三陸民にとって本当に嬉しい事です。「南三陸といえばキラキラ丼」というイメージをもっとたくさんの方々に知っていただけるよう、これからも飲食店みんなで頑張っていきたいと思います^^ (南三陸キラキラ丼って?)

 

■第一回 全国丼グランプリ結果発表|公式サイト

http://don.or.jp/project/gp20141110

 

■三陸経済新聞の記事(2014.11.10)

http://sanriku.keizai.biz/headline/1062/

 

■南三陸キラキラいくら丼|南三陸町観光協会HP

http://www.m-kankou.jp/bowl/



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 04:11 | 南三陸グルメ

TOP/南三陸グルメ

1 / 512345
山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2019年5月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ