TOP/南三陸写真日記

入谷地区 いりやちく

水の音 木々の匂いと 鳥の声

南三陸には豊かな海も、豊かな山もあります。

ここは海岸線から3kmほど内陸に進んだ山間部

入谷地区(いりやちく)。

 

山々に囲まれた田園風景が広がり

昔ながらの茅葺き屋根の家々も残る豊かな土地。

昔ながらの風習と伝統が息づく場所です。

 

撮  影:山内鮮魚店店長

Canon  EOS5D MarkⅡ   EF17-40mm f4L USM

f16 1/250 ISO200

 



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 07:01 | 南三陸写真日記

荒島 タブの木

寄り添い 重ならない 神秘の木

志津川湾に浮かぶ無人島の椿島(つばきしま)には

200種以上の植物が生育し、学術的希少性が高い事で知られています。

 

国の天然記念物として指定された、この島は

許可がないと上陸できません。

 

この場所で最も神秘的な自然環境を上間見れるのが

この「タブノキ」。

 

島に入り、空を見上げると

まるで人工的に刈り込んだかのような境目。

そしてその向こうに空。

 

タブノキは、葉と葉が重ならない習性を持つ

神秘的な性質を持っています。

 

枝と枝の境目から太陽光が降り注ぎ

足下の常緑植物を育てる。

 

絶妙のバランスを保ちながら

多種多様な植物が育つ美しい島です。

 

 

撮  影:山内鮮魚店店長

Canon  EOS5D MarkⅡ   EF24-105mm f4

f8 1/250 ISO800

 



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 01:01 | 南三陸写真日記

南三陸 荒島 あれしま

青空と 青い海に浮かぶ 神秘の島

南三陸内湾に浮かぶ島「荒島(あれしま)」

ここは震災前、海水浴場として賑わっていた場所です。

 

キレイな砂浜が広がっていたこの一帯。

海水浴場として開発される前は

断崖絶壁の岩々に囲まれていました。

 

私店長が子供の頃の思いでと言えば

真夏の日差しを浴びながら汗だくになりながら

自転車で坂を上り、

断崖絶壁の頂上から坂を下ると

この荒島の場所に辿り着く

小さな冒険のような場所でした。

 

寒い冬でもキレイなブルーの海が広がる南三陸内湾

海に囲まれたこの島の頂上にある神社も

とってもステキな場所です。

 

撮  影:山内鮮魚店店長

Canon  EOS5D MarkⅡ   EF24-105mm f4

f8 1/250 ISO100



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 01:01 | 南三陸写真日記

南三陸杉

潮風と 土が育む ブランド杉

杉という木は日本にしかないものなのだと言います。

ミネラル豊富な海からの霧と潮風が育む南三陸の杉は

ピンクがかった色合いが美しく

今や全国から注目を集めています。

 

空気清浄力に優れ、湿度変化を調整し

集中力を高め、リラックスできる有益物質を放出する杉。

学名はクリプトメリアジャポニカ。

『隠された日本の財産』という意味だそうです。

 

海だけでなく、山も一級品。

いつも自然の恵みに包まれながら

伸び伸びと暮らしたいものです。

 

今月の南三陸タブロイド誌は

「南三陸杉特集」

ぜひご覧になってください。

■南三陸タブロイドvol.11|南三陸町観光協会HPより

http://www.m-kankou.jp/kankou/wp-content/themes/strage/pamphlet_tabloid_11.pdf

■今月の町民|南三陸町観光協会HPより

http://www.m-kankou.jp/people/14726.html/

 

撮  影:山内鮮魚店店長

Canon  EOS5D MarkⅡ   EF50mm f1.4

f2.8 1/500 ISO800

 



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 03:01 | 南三陸写真日記

尾崎(歌津崎)

広大な 海の恵みに 佇めば

今日の一枚は、南三陸歌津にある歌津崎(通称:尾崎)からの風景です。

向こうに見えるのは金華山。

歌津崎は志津川湾の北側を区切る境界線です。

岬の先端には尾崎神社が祀られており

源義経が奥州に身を移した1186年に勧請したと言われています。

 

歌津崎は、複雑な岩礁のためアワビの宝庫でもあり

昭和天皇の御即位の大札が京都御所で執り行われた際

歌津名産のアワビが献上されました。

 

行く手を阻むものもないこの岬で

広大な太平洋を眺めていると

海に生かされている自らを感じずにはいられません。

 

 

撮  影:山内鮮魚店店長

撮影場所:歌津崎(通称:尾崎)

Canon  EOS5D MarkⅡ   EF70-200mm f/4L IS USM

f6.3 1/3200 ISO800



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 04:01 | 南三陸写真日記

今日の一枚|南三陸内湾

包み込み 吹き抜けていく 冬の香り

今日の一枚は、真冬の南三陸内湾です。

稜線に暮れていく空の柔らかさ、濃紺の海、静かな波の音。

夕方になり、ようやく風も穏やかになってきました。

時折、包むように、優しい潮風が吹き抜けて行きます。

真冬の海を眺めるのもいいものです。

 

 

撮  影:山内鮮魚店店長

撮影場所:サンオーレそではま

Canon  S100   f2.0  1/250   ISO320

 



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 05:01 | 南三陸写真日記

TOP/南三陸写真日記

山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2019年5月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ