今日は昨年7月に新工場が完成してから、ずっとやりたかったことがようやく実現しました。題して「お魚工場で、くん製を作ろう!」地元の産業を、地元の子供たちに楽しみながら知ってほしい。そんな想いで昨年から当社スタッフが企画したイベントです。その記念すべき第一回目が今日ようやく実現したのです。静かな社内に今日だけは子供たちの元気な声が響き渡りました。その模様をお伝えしますね。   9:45 当社会議室からスタート。商品開発部長が「くんせいの作り方」をひととおり説明します。   早速作業着や作業帽、マスクをしっかり身につけていざ工場へ!   階段を降りて、子供たちが1階の工場へ向かいます。   手の洗い方も説明をしっかり聞いて実践。頼もしいですね。手洗い後は水分をしっかり拭... 記事詳細へ
post by yamauchi at 05:01 | くん製を作ろう

日本列島が最も寒くなる1月〜2月、抜群においしくなるのが冬の王様「真鱈(マダラ)」。寒い時期の鱈だけに、通称「寒鱈(かんだら)」とも言いますが、皆さんがこぞって求めるのがやはり「鱈の白子」でしょう。口の中でトロっトロに溶けていく白子は、目が飛び出るほどの旨さ。これがまた日本酒によく合う。熱々の白子をパクリといくなら、香りの良い吟醸や大吟醸をぐびぐびっと嗜みたいもんです。   さらにこの季節、旬の真鱈を友人に贈ったりすると、口々に「なんですかこの旨さは!?白子ってこんなに美味しかったの!?」なんて言葉が飛び出します。そりゃそうです。販売している我々ですら、白子の美味しさには毎年驚くばかり。年明け早々には「あぁ今年も真鱈の季節ですな〜」と染み染み幸せな気分になります。こんな魚はめったにありません。ではなぜ「鱈の白子」はこんなにも美味いのでしょうか。 &nbs... 記事詳細へ
post by yamauchi at 03:12 | 寒鱈(タラ)

先日ある機会をいただき、地元南三陸の「タコ漁」に同行させて頂いた。南三陸志津川湾といえば「西の明石、東の志津川」と言われるタコの名産地。地元だから言う訳ではありませんが、このタコに勝るタコがあれば教えてほしいくらい美味しいのです。   その秘密はまぎれもなく「餌」。雑食であるタコは様々なエサを食べて成長しますが、南三陸のタコが生息する海底は三陸名産の海産物がわんさか。高級アワビを含め、旨味を含んだ魚介類をたらふく食べてこのタコは育つ訳です。おいしくないはずがありません。   作家の嵐山光三郎さんが以前、南三陸のタコを「グルメなタコ」と称したのは有名なお話。ここからは当日の写真も含め、南三陸名産のタコ漁を少しだけご紹介します。   南三陸のタコ漁 朝5:00に家を出発。現場へ向かうため国道45号線を走ると写真のよ... 記事詳細へ
post by yamauchi at 06:11 | タコ

今冬のホタテ漁が不振です。国内の「殻付きホタテ」が品薄になっていると先日ニュース(→)でも紹介されていました。国内のカニやイクラも不漁となっているようです。11月も半ばに入り、様々な市場関係者とのやり取りの中で聞こえてくるのは、やはり「ホタテが高い・ホタテが少ない」という事実。   ホタテが国内で不足している原因は様々だと思いますが、こと宮城県に関しては「海外への輸出」も原因のひとつだと当店は考えています。国内で品薄なのに、海外にホタテを輸出しているという事実はおかしい事です。   今冬、三陸のホタテに関しては以下のような事が考えられます。特に暮れに差し掛かるほど、それは顕著になっていくかもしれません。   今年はホタテが手に入らなくなる? 12月はホタテがもっとも活発に動き回る月でもあります。その理由は「お歳... 記事詳細へ
post by yamauchi at 06:11 | ホタテ

今冬のホタテの価格が上がっております。当店ショッピングサイトでも先日価格を改正しましたが、実際はかなり頑張って価格設定しております。当店とましては、実は価格が上がったことよりも、今冬にお届けするホタテを確保できたという実感の方が大きいが本音です。   『今年の冬はホタテを販売できないかもしれない・・・』 およそ3か月、当店はそんな状況の中にいました。 今日はホタテ価格改正のお詫びと共に、それに至ったホタテの現状を知っていただけますと幸いです。     ホタテを届けられなかった昨年末の悔しさ 安値で販売するには、安値で買う必要があります。ところが、ちょうど昨年の暮れ。一番ホタテのご注文が多い12月中旬から後半にかけて、ホタテの水揚げが途絶えてしまったのです。つまり、せっかくご注文頂いたお客様に、ホタテをお届... 記事詳細へ
post by yamauchi at 01:10 | ホタテ

2015年のさんま漁は歴史的不漁でした。 順調な滑り出しで始まったかのように見えたさんま漁は、大方の予想に反し近年類を見ないほどの水揚げ。さんまのサイズも例年に比べ早々に小さくなり、関係者も頭を悩ます結果となりました。思えば、同じような不漁の年が十数年前にもあった気がします。   今年のさんま不漁、その原因はなんだったのか。ニュースで流れた「外国船大量にさんまを捕獲報道」それも要因かもしれません。でも「自然の摂理」が一番大きな要因だと山内鮮魚店は考えています。市場関係者の予想を遥かに下回るほど、さんまが獲れなかった2015年。その要因は自然のみぞ知る。言い換えればさんまのみぞ知るのかもしれません。   当店も水揚げ開始前から、本当にたくさんのご予約を頂きました。発送前にも関わらず、予約だけでおよそ1000件。やがて水揚げ早々に「異変... 記事詳細へ
post by yamauchi at 03:10 | サンマ

秋が旬のさんまといえば、一度は試したいのが七輪を使い炭火で楽しむ「さんまの塩焼き」。バーベキューも、せっかくなら炭火で生さんまを焼いて楽しみたいですよね。   でも、せっかくのさんまが真っ黒焦げになったり、生焼けになったり、上手に焼けなかった経験はありませんか?   今日はそんな方のために、旬の生さんまと七輪を使った「さんまのおいしい焼き方(七輪編)」をご案内します。七輪で焼くさんまは、外はパリパリ中はジュ~シ~。炭の香ばしさが絶品です。旬のさんまをぜひ七輪で美味しく焼いてあげてください。   失敗しない さんまの焼き方(七輪編)その1~炭はしっかり起こすべし~ さんまを七輪で焼く場合、大切なのが火力です。特に屋外で焼く場合は、風に影響されナカナカ上手に焼けない場合がありますので炭はしっかりおこしましょう。十分に火... 記事詳細へ
post by yamauchi at 07:10 | サンマ

秋が旬のさんま。特に9月から10月中旬にかけて水揚げされる生さんまは、脂たっぷりで美味しいですよね。そんな旬のさんまを堪能するなら、やっぱり「さんまのお刺身」と「さんまの塩焼き」。さんまの塩焼きにぴったりの薬味といえば『大根おろし』。さんまのお刺身なら、お醤油やポン酢といったところでしょうか。   でもたまには「いつもと違う薬味で食べてみたい!」そう思った事ありますよね。   今日はそんなあなたに、旬のさんまにぴったりな薬味タレをご紹介します。ご家庭にある調味料と野菜だけでカンタンに作れる「さんまによく合う薬味たれ3選」。旬のさんまが3倍美味しくなる、カンタンレシピです。   1.さんま塩焼きに合う薬味タレ~大根おろしとみょうがとシソの『食べる薬味』~ さんまの塩焼きにぴったりの薬味といえば「大根おろし」がド定... 記事詳細へ
post by yamauchi at 12:10 | サンマ

夏といえば仲間とワイワイ楽しむバーベキューですよね。この夏、お友達や家族とバーベキューを予定しているなら、熱烈オススメな食材が産地から届く「活きたホタテのセット」。     網の上でジュワ~っと音をたてながら焼けていく、ぷりっぷりのホタテたち。キンキンに冷やしたビールの組み合わせは、まさに最強です♪産直の新鮮な「ホタテ焼き」なら、みんなでワイワイ楽しむバーベキュー食材に最適。   「産直ホタテって、こんなに美味しかったの!? 幸せ~!」 きっと楽しみにしていたバーベキューを美味しく楽しく演出してくれます。   バーベキュー食材で迷っているあなた。今日はなぜ「ホタテ セット」が、バーベキュー食材にオススメなのか。その3つの理由をお教えします^^     〜... 記事詳細へ
post by yamauchi at 06:08 | ホタテ

ホヤといえば夏が旬。パンパンに張った殻付きホヤを包丁でザックサックと切り分け、ほとばしる海水と共にドサッと器に盛り付ければ、待っているのはホヤ好きのみが知る至福の時。そしてやっぱりホヤといえば合わせたくなるのがキリリと冷えた日本酒。ホヤの刺身を箸でちょいとつまんで勢いよく口に頬張り、冷えた冷酒をつるつるっと流しこむ。   これがまた悶絶もの。 「かぁー!うまい!うますぎる」 と思わず独り言を言ってしまうほどとにかく旨いのであります。今日はホヤと日本酒をこよなく愛する私店長が、ホヤによく合う日本酒ベスト3選をご紹介します。   爽やかで凛とした味が、夏のホヤにぴったり。港町の蔵元が醸す、蒼天伝(そうてんでん) 特別純米酒 ホヤと合う日本酒でまっさきに思い浮かべるのがこの蒼天伝(そうてんでん)。港町気仙沼の蔵元「男山... 記事詳細へ
post by yamauchi at 05:07 | ホヤ

山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2021年10月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ