本日、お願いしていた半纏(はんてん)が当社に届きました。待ちに待ったオリジナルの半纏(はんてん)でしたので、早速スタッフみんなで着用して大はしゃぎしてしまいました(笑) いつもはイベントがある度に南三陸町の半纏を着用していたので「山内鮮魚店」のオリジナル半纏がずっと欲しかったんです♪   オリジナル半纏(はんてん)は、魚とタコが泳ぐ「南三陸ブルー」をイメージ これが表側です。生地は通常の紺色ではなく、鮮やかな「南三陸ブルー」にしました。この生地も、制作途中で工場に選びに行き決めました。南三陸らしい、蒼々とした海のイメージ。大正解ですね!デザインは私店長が担当。南三陸キリコをモチーフに、南三陸の海と魚とタコをちりばめています(爽やかでいいですよね^^)   ちなみに「半纏(はんてん)」と「法被(はっぴ)」との違いはわかりますか? もと... 記事詳細へ
post by yamauchi at 05:02 | 雑記

ゴールといえば真っ先に浮かぶのはサッカー。私はずっとラガーマンでキッカーでしたので、トライの後は精神集中を行い、H型の枠に楕円ボールを蹴り入れるのが役割でした。ちなみにラグビーではゴールしても「はしゃい」ではいけないんです。理由は「紳士のスポーツ」だから。   ちょうど一年前、ゴールについてこんな言葉を頂きました。そしてこの言葉は、やんわりじんわりと、今も頭の中を駆け巡っています。   『食のゴールは、美味しさですよ♪』   これは「コトバの力を磨く勉強会」で先生がおっしゃったコトバ。この言葉を聞いたとき、目の前のモヤがパッと晴れ渡ったのを覚えています。   「御社のゴールはなんですか?海産物を通して、どういう未来を描いていますか?」経営者になって、この手の質問を投げかけられる機会が多くなりまし... 記事詳細へ
post by yamauchi at 10:02 | 雑記

寒タラと白子の旬も、間もなく終わりが近づいてきました。昨年は2月早々に終了し、今年はほんの数日だけ遅く終了させていただきます。毎年の統計でも、おおよそ「1月5日〜2月5日」に水揚げされる鱈が最もおいしいですし、自信を持ってお届けできる品質です。やはり一年でたった一ヶ月だけの旬なのです。   もし年末に「質の良いタラ」が水揚げされるなら、この感動を年末に楽しんで頂けるのに!!と思うのは私だけでしょうか^^ しかしながら思い通りにいかないのが自然界の常。諦めるしかありません。   お客様からの何気ない一言が「気づき」となる 先日、寒鱈セットをご購入いただいたお客様から『レシピにせりが入っているけど、セリも一緒に送ってくれないだろうか?』そんなお問合せをいただきました。『こっちではなかなか美味しいせりが手に入らなくて。仙台せりって有名でしょ?』。... 記事詳細へ
post by yamauchi at 10:02 | 寒鱈(タラ)

おかげさまで山内鮮魚店は、2005年にインターネット販売をスタートしてから丸12年が経ちます。震災直前の2011年、山内鮮魚店は楽天市場・Yahoo・Amazonなども含め、インターネット店舗だけで「6店舗」を構えていました(今思うと懐かしいですね)。   それら6店舗のショッピングサイトを「自社サイト1店舗」に集約したキッカケはやはり3.11の震災です。でも本当の「理由」はいろいろとあります。その辺も含め、今日は山内鮮魚店がインターネット販売に対して「どういう想い」でいるのかを、店長としてではなく「経営者」として綴ります。   山内鮮魚店が、なぜ「楽天市場」や「Yahoo」に出店していないのか。知りたい方はぜひこの先の記事をお読みください。     たくさんお店を構えるのは「楽しい」ことではない 20... 記事詳細へ
post by yamauchi at 02:02 | 雑記

今日は昨年7月に新工場が完成してから、ずっとやりたかったことがようやく実現しました。題して「お魚工場で、くん製を作ろう!」地元の産業を、地元の子供たちに楽しみながら知ってほしい。そんな想いで昨年から当社スタッフが企画したイベントです。その記念すべき第一回目が今日ようやく実現したのです。静かな社内に今日だけは子供たちの元気な声が響き渡りました。その模様をお伝えしますね。   9:45 当社会議室からスタート。商品開発部長が「くんせいの作り方」をひととおり説明します。   早速作業着や作業帽、マスクをしっかり身につけていざ工場へ!   階段を降りて、子供たちが1階の工場へ向かいます。   手の洗い方も説明をしっかり聞いて実践。頼もしいですね。手洗い後は水分をしっかり拭... 記事詳細へ
post by yamauchi at 05:01 | くん製を作ろう

日本列島が最も寒くなる1月〜2月、抜群においしくなるのが冬の王様「真鱈(マダラ)」。寒い時期の鱈だけに、通称「寒鱈(かんだら)」とも言いますが、皆さんがこぞって求めるのがやはり「鱈の白子」でしょう。口の中でトロっトロに溶けていく白子は、目が飛び出るほどの旨さ。これがまた日本酒によく合う。熱々の白子をパクリといくなら、香りの良い吟醸や大吟醸をぐびぐびっと嗜みたいもんです。   さらにこの季節、旬の真鱈を友人に贈ったりすると、口々に「なんですかこの旨さは!?白子ってこんなに美味しかったの!?」なんて言葉が飛び出します。そりゃそうです。販売している我々ですら、白子の美味しさには毎年驚くばかり。年明け早々には「あぁ今年も真鱈の季節ですな〜」と染み染み幸せな気分になります。こんな魚はめったにありません。ではなぜ「鱈の白子」はこんなにも美味いのでしょうか。 &nbs... 記事詳細へ
post by yamauchi at 03:12 | 寒鱈(タラ)

先日ある機会をいただき、地元南三陸の「タコ漁」に同行させて頂いた。南三陸志津川湾といえば「西の明石、東の志津川」と言われるタコの名産地。地元だから言う訳ではありませんが、このタコに勝るタコがあれば教えてほしいくらい美味しいのです。   その秘密はまぎれもなく「餌」。雑食であるタコは様々なエサを食べて成長しますが、南三陸のタコが生息する海底は三陸名産の海産物がわんさか。高級アワビを含め、旨味を含んだ魚介類をたらふく食べてこのタコは育つ訳です。おいしくないはずがありません。   作家の嵐山光三郎さんが以前、南三陸のタコを「グルメなタコ」と称したのは有名なお話。ここからは当日の写真も含め、南三陸名産のタコ漁を少しだけご紹介します。   南三陸のタコ漁 朝5:00に家を出発。現場へ向かうため国道45号線を走ると写真のよ... 記事詳細へ
post by yamauchi at 06:11 | タコ

今冬のホタテ漁が不振です。国内の「殻付きホタテ」が品薄になっていると先日ニュース(→)でも紹介されていました。国内のカニやイクラも不漁となっているようです。11月も半ばに入り、様々な市場関係者とのやり取りの中で聞こえてくるのは、やはり「ホタテが高い・ホタテが少ない」という事実。   ホタテが国内で不足している原因は様々だと思いますが、こと宮城県に関しては「海外への輸出」も原因のひとつだと当店は考えています。国内で品薄なのに、海外にホタテを輸出しているという事実はおかしい事です。   今冬、三陸のホタテに関しては以下のような事が考えられます。特に暮れに差し掛かるほど、それは顕著になっていくかもしれません。   今年はホタテが手に入らなくなる? 12月はホタテがもっとも活発に動き回る月でもあります。その理由は「お歳... 記事詳細へ
post by yamauchi at 06:11 | ホタテ

今冬のホタテの価格が上がっております。当店ショッピングサイトでも先日価格を改正しましたが、実際はかなり頑張って価格設定しております。当店とましては、実は価格が上がったことよりも、今冬にお届けするホタテを確保できたという実感の方が大きいが本音です。   『今年の冬はホタテを販売できないかもしれない・・・』 およそ3か月、当店はそんな状況の中にいました。 今日はホタテ価格改正のお詫びと共に、それに至ったホタテの現状を知っていただけますと幸いです。     ホタテを届けられなかった昨年末の悔しさ 安値で販売するには、安値で買う必要があります。ところが、ちょうど昨年の暮れ。一番ホタテのご注文が多い12月中旬から後半にかけて、ホタテの水揚げが途絶えてしまったのです。つまり、せっかくご注文頂いたお客様に、ホタテをお届... 記事詳細へ
post by yamauchi at 01:10 | ホタテ

2015年のさんま漁は歴史的不漁でした。 順調な滑り出しで始まったかのように見えたさんま漁は、大方の予想に反し近年類を見ないほどの水揚げ。さんまのサイズも例年に比べ早々に小さくなり、関係者も頭を悩ます結果となりました。思えば、同じような不漁の年が十数年前にもあった気がします。   今年のさんま不漁、その原因はなんだったのか。ニュースで流れた「外国船大量にさんまを捕獲報道」それも要因かもしれません。でも「自然の摂理」が一番大きな要因だと山内鮮魚店は考えています。市場関係者の予想を遥かに下回るほど、さんまが獲れなかった2015年。その要因は自然のみぞ知る。言い換えればさんまのみぞ知るのかもしれません。   当店も水揚げ開始前から、本当にたくさんのご予約を頂きました。発送前にも関わらず、予約だけでおよそ1000件。やがて水揚げ早々に「異変... 記事詳細へ
post by yamauchi at 03:10 | サンマ

山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2019年8月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ