ご存知ですか?上の写真が皆さんが普段食べている「めかぶ」の原型です。これはとれたての「生」のめかぶ。線状にカットされていて、緑色でネバネバしていてパック詰されている、スーパーで良く見るあの「めかぶ」は湯通しして味付けもされている、いわば「加工食品」です。では「生のめかぶ」と「加工しためかぶ」は何が違うのでしょう。   「生めかぶ」なら、パック詰したメカブでは味わえない「驚きの美味しさ」をご自宅で楽しめるんです。ただし、生めかぶの旬は3月〜4月のたった一ヶ月だけ。体にも優しくて健康にもいいと言われるめかぶ。せっかくなら旬の時期のめかぶで、驚きの体験を味わってほしい。今日はそんな「生のめかぶ」を使った、めかぶを100倍楽しむ食べ方をご紹介します。   生めかぶの食べ方 その1 〜あつあつご飯に合わせたい!できたてホヤホヤの「たたきめかぶ」〜 ... 記事詳細へ
post by yamauchi at 10:03 | めかぶ

山内鮮魚店店長の山内です。ここ何の会社か分かりますか? オレンジやブルーのチェアーに無垢材のダイニングテーブル。壁一面の黒板、カフェのようなシーリングライト。実はここ、当店の「通販事務所」なんです。今日は特別にブログで初公開しますね。   山内鮮魚店は南三陸町にある水産業社です。鮮魚店としての店舗もありますし、キラキラ丼を提供する「お食事処」も併設しています。水産加工品を製造し、全国のスーパーマーケットや百貨店へも納品しています。そしてこの場所が、インターネットやカタログ通販を行う通販スタッフ、そして営業スタッフが仕事をしている事務所(いわゆる本部です)。ここでお客様からのご注文を専門スタッフが受付し、営業スタッフが取引先とやりとりをしています。   ちなみに、お客様が来社されると皆さん「デザイン事務所みたい!」って驚いて帰られますがそれ... 記事詳細へ
post by yamauchi at 04:02 | 雑記

東京ビッグサイトでの展示会が終わり、ようやく南三陸に戻ってきました。ほぼ一週間の出張、普段から慣れていないと堪えますね。とにもかくにも一年で一度、今回もたくさんの素敵な出会いを頂きました。   思えばこの展示会に出展して今年で10年近くになります。毎年のように肌で感じるのは「国内の食品流通の動向」。しかもここ数年は世の中の動きがものすごいスピードで変化しているのを感じます。2〜3年前と今とでは、市場のニーズが明らかに違いますね。出展商品のレベルもどんどん上がっています。そんな中、今年らしい興味深い「変化」を感じました。   時代は「価格」から「品質」へ 当たり前のことですが、世の中には製造者(生産者)がいて、作った商品の最終到達者は「消費者」のお客様。その間には、卸業者や商社がいて、スーパーマーケットや百貨店といった販売者がいます。流れとし... 記事詳細へ
post by yamauchi at 12:02 | 雑記

本日は東京ビッグサイトに来ています。目的は明日から始まる「スーパーマーケットトレードショー2016」に参加するため。今回は国内向けの様々な食品展示会が一同に集まるということで、いつもより大規模な四日間になる模様です。   鮮魚店が食品展示会?とお思いの方も多いかもしれませんが、当店では鮮魚や魚介類の他に、スーパーマーケット向けの水産加工品を製造し、全国のスーパーさんに取り扱って頂いております。今日はその辺をちょっとだけお話しますね。   スーパーマーケット・トレードショーとは? スーパーマーケット・トレードショー(業界用語では略してSMTS)とは、文字通り全国のスーパーマーケット向けに特化した食品が一同に集まる「食品展示会」です。国内向けの食品展示会では、日本最大と言われています。その会場の中に「ブース」をお借りし商品を展示するわけ... 記事詳細へ
post by yamauchi at 05:02 | 雑記

本日、お願いしていた半纏(はんてん)が当社に届きました。待ちに待ったオリジナルの半纏(はんてん)でしたので、早速スタッフみんなで着用して大はしゃぎしてしまいました(笑) いつもはイベントがある度に南三陸町の半纏を着用していたので「山内鮮魚店」のオリジナル半纏がずっと欲しかったんです♪   オリジナル半纏(はんてん)は、魚とタコが泳ぐ「南三陸ブルー」をイメージ これが表側です。生地は通常の紺色ではなく、鮮やかな「南三陸ブルー」にしました。この生地も、制作途中で工場に選びに行き決めました。南三陸らしい、蒼々とした海のイメージ。大正解ですね!デザインは私店長が担当。南三陸キリコをモチーフに、南三陸の海と魚とタコをちりばめています(爽やかでいいですよね^^)   ちなみに「半纏(はんてん)」と「法被(はっぴ)」との違いはわかりますか? もと... 記事詳細へ
post by yamauchi at 05:02 | 雑記

ゴールといえば真っ先に浮かぶのはサッカー。私はずっとラガーマンでキッカーでしたので、トライの後は精神集中を行い、H型の枠に楕円ボールを蹴り入れるのが役割でした。ちなみにラグビーではゴールしても「はしゃい」ではいけないんです。理由は「紳士のスポーツ」だから。   ちょうど一年前、ゴールについてこんな言葉を頂きました。そしてこの言葉は、やんわりじんわりと、今も頭の中を駆け巡っています。   『食のゴールは、美味しさですよ♪』   これは「コトバの力を磨く勉強会」で先生がおっしゃったコトバ。この言葉を聞いたとき、目の前のモヤがパッと晴れ渡ったのを覚えています。   「御社のゴールはなんですか?海産物を通して、どういう未来を描いていますか?」経営者になって、この手の質問を投げかけられる機会が多くなりまし... 記事詳細へ
post by yamauchi at 10:02 | 雑記

寒タラと白子の旬も、間もなく終わりが近づいてきました。昨年は2月早々に終了し、今年はほんの数日だけ遅く終了させていただきます。毎年の統計でも、おおよそ「1月5日〜2月5日」に水揚げされる鱈が最もおいしいですし、自信を持ってお届けできる品質です。やはり一年でたった一ヶ月だけの旬なのです。   もし年末に「質の良いタラ」が水揚げされるなら、この感動を年末に楽しんで頂けるのに!!と思うのは私だけでしょうか^^ しかしながら思い通りにいかないのが自然界の常。諦めるしかありません。   お客様からの何気ない一言が「気づき」となる 先日、寒鱈セットをご購入いただいたお客様から『レシピにせりが入っているけど、セリも一緒に送ってくれないだろうか?』そんなお問合せをいただきました。『こっちではなかなか美味しいせりが手に入らなくて。仙台せりって有名でしょ?』。... 記事詳細へ
post by yamauchi at 10:02 | 寒鱈(タラ)

おかげさまで山内鮮魚店は、2005年にインターネット販売をスタートしてから丸12年が経ちます。震災直前の2011年、山内鮮魚店は楽天市場・Yahoo・Amazonなども含め、インターネット店舗だけで「6店舗」を構えていました(今思うと懐かしいですね)。   それら6店舗のショッピングサイトを「自社サイト1店舗」に集約したキッカケはやはり3.11の震災です。でも本当の「理由」はいろいろとあります。その辺も含め、今日は山内鮮魚店がインターネット販売に対して「どういう想い」でいるのかを、店長としてではなく「経営者」として綴ります。   山内鮮魚店が、なぜ「楽天市場」や「Yahoo」に出店していないのか。知りたい方はぜひこの先の記事をお読みください。     たくさんお店を構えるのは「楽しい」ことではない 20... 記事詳細へ
post by yamauchi at 02:02 | 雑記

今日は昨年7月に新工場が完成してから、ずっとやりたかったことがようやく実現しました。題して「お魚工場で、くん製を作ろう!」地元の産業を、地元の子供たちに楽しみながら知ってほしい。そんな想いで昨年から当社スタッフが企画したイベントです。その記念すべき第一回目が今日ようやく実現したのです。静かな社内に今日だけは子供たちの元気な声が響き渡りました。その模様をお伝えしますね。   9:45 当社会議室からスタート。商品開発部長が「くんせいの作り方」をひととおり説明します。   早速作業着や作業帽、マスクをしっかり身につけていざ工場へ!   階段を降りて、子供たちが1階の工場へ向かいます。   手の洗い方も説明をしっかり聞いて実践。頼もしいですね。手洗い後は水分をしっかり拭... 記事詳細へ
post by yamauchi at 05:01 | くん製を作ろう

日本列島が最も寒くなる1月〜2月、抜群においしくなるのが冬の王様「真鱈(マダラ)」。寒い時期の鱈だけに、通称「寒鱈(かんだら)」とも言いますが、皆さんがこぞって求めるのがやはり「鱈の白子」でしょう。口の中でトロっトロに溶けていく白子は、目が飛び出るほどの旨さ。これがまた日本酒によく合う。熱々の白子をパクリといくなら、香りの良い吟醸や大吟醸をぐびぐびっと嗜みたいもんです。   さらにこの季節、旬の真鱈を友人に贈ったりすると、口々に「なんですかこの旨さは!?白子ってこんなに美味しかったの!?」なんて言葉が飛び出します。そりゃそうです。販売している我々ですら、白子の美味しさには毎年驚くばかり。年明け早々には「あぁ今年も真鱈の季節ですな〜」と染み染み幸せな気分になります。こんな魚はめったにありません。ではなぜ「鱈の白子」はこんなにも美味いのでしょうか。 &nbs... 記事詳細へ
post by yamauchi at 03:12 | 寒鱈(タラ)

山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2020年6月
    « 4月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ