山内鮮魚店が辿り着いた、究極のおもてなしセット。 『感動の寒鱈セット』誕生秘話。     山内鮮魚店店長の山内です。 12月に入り、本当にたくさんのご注文を頂戴しております。 当店では震災直後、ベテラン受注スタッフ達が家庭の事情でやむなく退社してしまってから、12月の繁忙期をどうスムーズにミスなく運営していくのかが課題でしたが、新人スタッフ達もここにきてようやく戦力になってくれています。 店長の私も、もちろん受注に携わる事がありますが、来年の「感動の寒鱈(たら)セット」に向けての準備が今月のメイン仕事です。     当店の「感動の寒鱈(たら)セット」は本当にいつもいつも沢山の常連様からご予約を頂戴し、昨年の発送件数は1ヶ月で1800セットを... 記事詳細へ
post by yamauchi at 03:12 | 商品

    子供達の息吹、南三陸の伝統芸能が一挙に集結した一日     山内鮮魚店店長の山内です。 土曜日、南三陸町もたっぷりの雪が降りました。 本日も朝出勤してからスタッフが入社するまでの2時間、事務所のストーブを灯し続けていますが一向に暖まりません。 そろそろ業務用ストーブの出番です。     昨日の日曜日、南三陸ベイサイドアリーナにて「第10回子どもたちの郷土芸能発表会」が行われました。 「水戸部鹿子踊」や「大森創作太鼓」など、南三陸町に古くから伝わる伝統芸能が一挙に集まり、日頃の練習の成果が披露されました。   南三陸町では旧志津川町・旧歌津町を含めると本当に様々な郷土芸能が存在しています。 そのどれもが脈々と受... 記事詳細へ
post by yamauchi at 02:12 | 南三陸町の情報

  銀座線 田原町3番出口から徒歩2分。どこかほっとする気仙沼を語れる下町カフェ   山内鮮魚店店長の山内です。 先日の東京出張の翌日、ずっと行きたくてナカナカ行けなかった友人の経営するカフェ「K's cafe」に行ってきました。 東京下町雷門、メトロ銀座線@田原町の駅を出て徒歩2分。落ち着いた雰囲気で実にゆっくりできる、実にステキなカフェでした。     実はこのカフェ。 友人でもある気仙沼出身のパティシエ@金野君が経営しているお店。 朝7時から営業しているという事で、朝早速新橋のホテルを出て銀座線で田原町へ。 お店のFacebookに書いてある通り、3番出口を出て徒歩2分。 お店の入ったビルが現在外壁工事をしていの事も告知してくれていたので、すぐに分かりました... 記事詳細へ
post by yamauchi at 02:12 | 雑記

    美味しい笑顔が見たい。きっと、それだけでいい。     山内鮮魚店店長の山内です。 僕の朝のスタートはいつも南三陸の海を見る事から始まります。 本日の早朝、南三陸町内湾の穏やかな朝焼けに心を奪われました。これから寒い日が続きますが、何事にも気負う事なく穏やかに進もうと思います。     昨日お休みを頂き、おかげさまで一週間で一度の家族との休日をゆっくり過ごせました。 朝から公園へ行き、たっぷり遊んだ後は友人が週末だけ運営している「週末キッチン ねの吉」へランチを食べに(^^)   宮城県の中小企業、特に「食」に関わる事業主のネットワークは実は驚くほど豊かで、様々な業種間の関わりも深いものがあります。 この「週末キッ... 記事詳細へ
post by yamauchi at 01:12 | 雑記

  『こだわり』を詰め込んだ究極の逸品『牡蛎桜燻し』   山内鮮魚店店長の山内です。 明日11月29日、東京都内で行われる「世界に通用する究極のお土産」という全国の食品を集めた品評会の最終選考会が行われます。 当店の『牡蛎桜燻し』も一次審査を通過し100商品の中に選んで頂きました。 明日、その中から10品が「世界に通用する究極のお土産」として選定されます。 審査員の方々も食に携わるエキスパートばかり。 明日、私店長が会場入りし皆様にしっかりアピールして参ります。     当商品「牡蛎桜燻し(かきさくらいぶし)」は主に仙台駅や仙台空港、東北自動車道SAなどの交通機関向けの「おみやげ」として、気軽に三陸牡蠣の燻製を楽しんで頂けるように開発した商品です。   ... 記事詳細へ
post by yamauchi at 01:11 | 商品

  温めるだけの食べきり焼魚パック〜しっかり朝ごはん〜   山内鮮魚店店長の山内です。お 客様とのご縁を大切に、自分たちのさらなる高みを目指して取り組みを始めた「お客様の声@手書アンケート用紙」。 少しずつですがお寄せ頂いております。     「しっかり朝ごはん焼魚シリーズ」当店実店舗で目にした事があるかもしれません。 当店が8年程前に開発した「食べきりサイズの焼魚パック」です。   『自宅で焼魚を焼くのが大変』 『1人分のほんのちょっとでいいから焼魚が食べたい』 『できれば美味しい魚がいい』 など、特に都会での一人暮らしの方に親しんで頂けるよう開発した当店オリジナル商品です。   名前は「しっかり朝ごはんシリーズ」とし... 記事詳細へ
post by yamauchi at 01:11 | 雑記

blog

2013年11月19日

おおもり食堂

  世界中から人々が集まる、不思議で居心地の良い空間。   山内鮮魚店店長の山内です。 ここ数日、南三陸町は穏やかで暖かい日が続いています。 事務所にストーブは欠かせませんが、日が昇っている間は寒さを気にせず仕事ができています。     南三陸町志津川、被災した港近くに位置する大森地区。 現在は嵩上げ工事が進み、大型のトラックが何十台も通っている場所です。 ここに震災後からプレハブの仮設店舗で再建した「おおもり食堂」があります。 「おおもり」とは大森地区と「大盛り」に掛けているのかとにかくランチも大盛り。 男子にとっては嬉しい限りですね(^^)   実はここ、南三陸町を舞台にした奥田瑛二監督「映画 今日子と修一の場合」の舞台にもなっているお店... 記事詳細へ
post by yamauchi at 01:11 | 南三陸グルメ

  11月15日から12月9日まで!仙台発着在来線で460枚!   山内鮮魚店店長の山内です。 本日の南三陸町はここ数日とは打って変わって温かい一日でした。 当店通販事業部は冷凍工場の二階にあるので、非常に寒い数日を過ごしましたが、今日はストーブの稼働具合も控えめでしたね♪   さて、昨日からJR東北本線・常磐線・仙山線・陸羽東線等、仙台支社管内在来線で、約460枚もの南三陸町PRポスターが中吊り広告として掲載されています。 今回の中吊りは南三陸が誇る「キラキラいくら丼」を始め、キリコボード、イースター等から来た本物のモアイ像などなど南三陸を代表する写真がずらり。 先日、JRの仙台支社におじゃましましたが、玄関を入ってすぐの場所に吉永小百合さんと南三陸町民が移ったJRのポスターが貼ってありました♪ ... 記事詳細へ
post by yamauchi at 12:11 | 南三陸町の情報

  我々の故郷は、なんてキレイなのだろう。   山内鮮魚店店長の山内です。 昨日は夕方から仙台出張のため早朝に南三陸に帰宅。 三陸道は路面凍結の表示で見渡す限り霜が降りていました。 いよいよ本格的な冬が始まりますね。     三陸道を途中下車し、国道45号線を登米市から南三陸方面へ走る事30分。 山間部を抜けると必ず目に飛び込んでくるのが、この南三陸内湾の絶景。 早朝は特にキレイです。   今日は気温が低く、朝焼けも見えていて南三陸らしいコバルトブルーの海に早朝のシアンが馴染み、大好きな色をしていました。 思わず車を停めてiPhoneで一枚。 空のやさしいグラデーションが印象的でした。   冬の景色がなぜキレイなの... 記事詳細へ
post by yamauchi at 11:11 | 南三陸の海

  ボリューム満点、止まらないジューシーさ。   山内鮮魚店店長の山内です。 昨日は北海道や北東北で雪が振りましたね。 南三陸町も昨晩の冷え込みは本当に凄かったです。マイナス1度、仮設住宅は特に冷え込みますね。 ストーブが欠かせません。     さて近頃は南三陸町内の飲食店巡りをしております。 昨日行った歌津地区の「開花屋食堂(かいかやしょくどう)」さんをご紹介しますね。   場所は南三陸町歌津地区。 国道45号線を気仙沼から南三陸方面へ走り、平成の森の手前、国道沿いにあります。 看板が出ているのですぐに分かります。   店内もかなり広く、30人は座れるのではないでしょうか。 カウンターもありますがボックス席が数も... 記事詳細へ
post by yamauchi at 11:11 | 南三陸グルメ

山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2020年9月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ