ホヤといえば夏が旬。パンパンに張った殻付きホヤを包丁でザックサックと切り分け、ほとばしる海水と共にドサッと器に盛り付ければ、待っているのはホヤ好きのみが知る至福の時。そしてやっぱりホヤといえば合わせたくなるのがキリリと冷えた日本酒。ホヤの刺身を箸でちょいとつまんで勢いよく口に頬張り、冷えた冷酒をつるつるっと流しこむ。   これがまた悶絶もの。 「かぁー!うまい!うますぎる」 と思わず独り言を言ってしまうほどとにかく旨いのであります。今日はホヤと日本酒をこよなく愛する私店長が、ホヤによく合う日本酒ベスト3選をご紹介します。   爽やかで凛とした味が、夏のホヤにぴったり。港町の蔵元が醸す、蒼天伝(そうてんでん) 特別純米酒 ホヤと合う日本酒でまっさきに思い浮かべるのがこの蒼天伝(そうてんでん)。港町気仙沼の蔵元「男山... 記事詳細へ
post by yamauchi at 05:07 | ホヤ

9月に入り、三陸にもいよいよサンマの季節が到来しました。 今年のサンマは「高いのでは?」などという噂が水揚前からささやかれていましたが、蓋を空けてみれば昨年よりも少し大きめで型もナカナカ♪ 価格も昨年同様ですので、昨年よりも見事な秋刀魚が水揚げされている事になります。(上がったのは消費税分だけですね♪ 当店スタッフも一安心です^^)   まだ走りですので、産地である「気仙沼港」でも安くて250円、通常は300円ほどで販売されているようです。当店での店頭価格も今週はまだ300円です。来週には半値まで下がると思います。脂もばっちりですので、早くお客様の元にお届けしたくて仕方ないのですが、もう少々お待ち下さい(^^)もちろんご予約は受け付けております!(ご購入はコチラ)   秋刀魚は水揚が安定すると一気に価格が下がりますので、「今年... 記事詳細へ
post by yamauchi at 01:09 | サンマ, 商品, 山内鮮魚店からのご案内

山内鮮魚店店長のヤマウチです。 先日、南三陸町から約60km、宮城県松山にある蔵元「一ノ蔵」さんの本社蔵に 1泊2日でおじゃましました。   目的は一ノ蔵さんが毎年開催している「日本酒大学」に参加すること。 人気の講義とあって、全国から様々な業種の方々が参加しておりました♪   実は、一ノ蔵さんの地酒。当店の水産加工品のほぼすべてに使用しております。 それも「一ノ蔵特別純米酒辛口」を銘柄指定し、ホタテや牡蠣の珍味や焼魚パックなどなど さまざまな製品に使用しているんです。   長年おつきあいさせて頂いているのに、本社蔵に伺うのは実はこれが初めて。 たくさんの期待を裏切らない、すばらしい大学となりました! (以下、写真付きでご紹介します) こちらが一ノ蔵さんの本社蔵。宮城県大崎市松山にあります。&... 記事詳細へ
post by yamauchi at 01:03 | 雑記

  山内鮮魚店店長のヤマウチです。 本日は雪の降りしきる中、南三陸町から車で1時間半の栗原市一迫にある「金龍蔵」に行って参りました。   こちらは地元宮城県の蔵元「一ノ蔵」さんのもうひとつの蔵。 金龍蔵は、高精白米の原料米を使用し小仕込み・寒造りを徹底して行っている蔵です。 つまり機械化した大手の蔵元の酒造りとは違い、杜氏さんのきめ細やかな酒造りが活きている蔵という事ですね。   当店さんさん商店街店でも、今年から「金龍(きんりゅう)」シリーズを取り扱わせて頂いており 知る人ぞ知るお酒とあって大人気です。   今回は一ノ蔵の方にお声がけいただき、杜氏さんのお話を聞けるという事で行って参りました(^^) こちらが金龍蔵の門構え。雪が似合います♪ 3.11の時はそれほどではないとおっしゃって... 記事詳細へ
post by yamauchi at 03:02 | 雑記

本日は古川市から蔵元「寒梅酒造(かんばいしゅぞう)」さんが来社。 先日仙台市内の小料理屋で頂いた「宮寒梅(みやかんばい)」が抜群に美味しく 実は私店長、先日唐突にお電話をかけ、蔵見学と取扱のお願いをして参りました。   そして本日、わざわざ南三陸まで来て頂き 今週から寒梅酒造さんの清酒を当店さんさん商店街にて販売する事が決定しました♪ おいしいですよ〜!本当に宮城県は日本酒の宝庫です!   写真は、先日伺った時のもの♪ちょっとだけレポートします。 実際に、大好きになった日本酒を造る蔵に行けるこの幸せ♪ 最高でした(^^) こちらは寒梅酒造さんが自ら育てている酒米です。 会社の前一面に広がってます。 そしてこちらが寒梅酒造さん。代表銘柄の「宮寒梅」の看板が♪ ひとしきり、杜氏である岩崎常務とお... 記事詳細へ
post by yamauchi at 02:08 | 雑記

山内鮮魚店店長のヤマウチです。 昨日は、震災前からお付き合いさせて頂いている 岩手県一関市の蔵元「世嬉の一(せきのいち)酒造」さんに行って参りました。   今回の訪問は、今週新しく販売する「南三陸復興地ビール」の御礼と震災後のごあいさつです。 社長に就任した航さんも、今回の復興地ビールを快く引き受けて下さり、ようやく実現できました。   こちらの蔵は主に地ビールを醸造しており、モンドセレクションやワールドビアカップなど数々の賞を 受賞した確かな技術が評判の蔵元です。 復興地ビールは今週から当店実店舗(2店舗)にて販売致しますので、ご期待下さい! こちらが世嬉の一酒造さんの醸造所。石造りの蔵は風情があります。 一関市は南三陸から車で1時間程ですが、約2年ぶりの蔵訪問です。 世嬉の一酒造さんの、敷地内。この景色... 記事詳細へ
post by yamauchi at 09:07 | 雑記

山内鮮魚店店長のヤマウチです。 本日、当店オリジナル復興地酒「福興祈願 南三陸(みなみさんりく)」純米酒バージョンが入荷致しました! 今回も気仙沼の蔵元「両国バージョン」と「男山本店バージョン」の二種類となります。 本日はいち早く両国バージョンが入荷しております。 もうひとつは明日入荷致します。   内容量はまたまた720mlと1.8Lの二種類(^^) デザインも昔から南三陸に伝わる「きりこ」を全面に出したオリジナルラベルです。 様々な方々のお力をお借りし、ようやく完成致しました♪ 日本中どこを探しても、当店でしか手に入らない限定ラベルです。   ちなみにこちら、両蔵元共に毎月数量限定の入荷となりますため 毎月売り切れ次第、終了となります。 詳しくは後ほど、しっかりとご紹介致します。   また、高台にありま... 記事詳細へ
post by yamauchi at 05:04 | 商品

山内鮮魚店店長のヤマウチです。 おかげさまでたくさんのお問い合わせを頂戴しております 当店オリジナル復興地酒「南三陸」。 現在、当店「さんさん商店街店」にて販売しておりますレパートリーを ご紹介致します。 地酒「復興祈願 南三陸」金紋両国 特別本醸造 720ml/1.8L   酒造用米を60%まで磨き、南部杜氏伝統の技で仕込んだ特別本醸造。 金紋両国らしい、しっかりとした米の旨味が特徴です。 冷から燗までオールマイティーに美味しく味わえます。   金紋両国を醸す気仙沼市の角星(かくぼし)も、本店を津波で被災しましたが 酒蔵と配送センターの被災を免れ、震災後も元気に酒を醸しています。 魚町「気仙沼」で半世紀続く蔵元として「魚と合う酒質」を目指し様々な受賞歴を誇る蔵元です。   ◆使用米・・・・宮城県米... 記事詳細へ
post by yamauchi at 05:04 | 商品

山内鮮魚店店長のヤマウチです。 本日、さんさん商店街にある当店は定休日でしたが 完売していた日本酒の大量入荷と、週末の準備のため急遽開店。 遠くから来て下さるお客様も多い中、準備中もたくさんのお客様が来店して下さいました。 本当に有り難いことです。 そしてお昼を大幅に過ぎて午後二時。本日は商店街にある「そば処 京極」さんへ。 たっぷりのメニューに迷っていると、大将がおすすめを教えてくれました。 ということで今日のランチは「天ざる」。気温も暖かいので今年初の冷たい蕎麦です。 蕎麦を待つ間の天ぷらを揚げる音がいいですね♪ そして京極さんならではの甘めの「つゆ」。 天ぷらもサクサク♪ ばっちりです。 午後三時近くなので、お客は僕だけ。この後、ご主人とパートの方々としばし談笑。 こちらは当店店内。今日は日本酒が300... 記事詳細へ
post by yamauchi at 09:03 | 南三陸町の情報

山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2019年3月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ