さんさん館 南三陸町の宿

南三陸町は海のイメージがありますが、実は海と山の町。この「学びの宿 さんさん館」はその山間部に位置する宿泊施設で、山間部といっても沿岸からもほど近く、車なら10分ほどの距離にあります。

 

気持ちいい山風に吹かれながら、古き良き茅葺き屋根や田園風景の中をすり抜けていくと、風景に溶け込むように「さんさん館」がひょっこり顔を出します。実はここ、以前は小学校だった建物。それをリノベーションし営業している宿泊施設で、太宰治の映画「パンドラの匣」のロケ地でもあります。

 

今回はその「学びの宿 さんさん館」について、お料理やお部屋のほか、ロケ地ともなった昭和の雰囲気も交えてお伝えします。

 

 

ギュっギュっと踏みしめる度にタイムトラベルに誘う、古き良き「木造廊下」

さんさん館 南三陸町の宿

建物に一歩足を踏み入れた途端に昭和へタイムスリップする感覚。やさしい自然光が差し込み、まっすぐに伸びる木造廊下は、足を踏み込む度に「ギュっギュっ」と優しい音を奏でます。ふと足を止めると、遠くから野鳥の声が聞こえてくる。それはまるで、幼少の頃にタイムトラベルしたかのような、柔らかな感覚です。

 

さんさん館 南三陸町の宿

西陽が差し込む階段の角に立つと、子供達のがはしゃぐ笑い声が聞こえてくるかのよう。

 

 

彫刻刀でイニシャルを掘った、あの懐かしい記憶が蘇る「教室」も。

さんさん館 南三陸町の宿

「研修室」と書かれた部屋に入ると、タイムトラベルの扉が音を立ててどんどん開いていきます。そこにあるのは、あの懐かしい木造教室そのもの。使い古された机には、かつて自分もそうしたように、イニシャルが彫刻刀で掘られていたり、鉛筆の跡が事細かに刻まれています。

 

さんさん館 南三陸町の宿

机に座り目を閉じると、校庭から差し込むやわらかな光が体に染み込んでいくよう。本棚にぎっしり並んだたくさんの本も、はるか昔のなんとも言えない香りを思い出させてくれます。

 

さんさん館 南三陸の宿

この雰囲気、懐かしいですよね。同級生の声、教壇の上をせわしなく歩く教員の懐かしいあの記憶が蘇ります。この「研修室」は、さまざまな研修や教室として利用できるようです。

 

仲間や友人達とも宿泊できる、広々とした「大部屋」も完備。

さんさん館 南三陸町の宿

さんさん館の宿泊部屋には「六年三組」などの、教室名がついています。フロントで鍵を渡しれくれる時に「はい、これが六年三組の鍵ですよ」と言われると、なんだか面白おかしくも、ワクワクした楽しい気持ちになりますね。

 

さんさん館 南三陸町の宿 部屋

こちらは和室の大部屋。窓の外には校庭があり、山の空気をめいいっぱい感じられるロケーション。仲間や友人達と宿泊しても、十分なくらいの広さがあります。

 

さんさん館 南三陸町の宿 部屋

こちらはトリプルの洋室。角部屋だから自然光があふれんばかりにたっぷり入っています。ベッドも大きくて家族でもゆったり宿泊できますね。

 

顔が見える生産者の食材にこだわった、やさしくておいしい「食事」もオススメのひとつ。

さんさん館 南三陸町の宿

一階にある「食堂スペース」も、木造のやさしい雰囲気に包まれています。窓際に設置されている薪ストーブは、お料理の調理にも利用しているとのこと。

 

さんさん館 南三陸町の宿 お料理

こちらが朝食の一例。畑で採れた野菜、近所の農家さんが育てている鶏の卵、南三陸の鮭。そして、宿泊者がこぞっておかわりするという、手作りの味噌で作るお味噌汁とおいしいごはん。

 

さんさん館 南三陸町の宿 お料理

夕食も豪華だ。自分たちで育てた野菜の煮物に、てんぷら。南三陸産のお刺身に焼魚。ヨーグルトとストリベリーソースも自家製。これらほとんどは、入谷地区で生産されたお米や野菜、大豆を使っています。海も山も含め、まさに南三陸づくしの食事がとっても嬉しいです。

 

さんさん館 南三陸町の宿

廊下に設置されている手洗い場。朝起きて、こんな懐かしい場所で鳥の声を聞きながら、歯をみがくのもステキな体験。

 

さんさん館 南三陸町の宿

フロントに設置されている、林際(はやしぎわ)小学校時代の校歌。古き良き時代の木造校舎をリノベーションした、趣ある宿は全国を探してもナカナカお目にかかれないかもしれないですね。

 

「学びの宿 さんさん館」のキャッチコピーは「グリーンツーリズム」。農家体験などもできます。

静かな山間部にかつてあった小学校、懐かしいあの時代にタイムスリップできる宿です。

インターネットでの宿泊予約は、南三陸町公式 宿泊予約サイト「みなたび」がオススメです。

 

さんさん館 プラン一覧|みなたび(南三陸町公式 宿泊予約サイト)

https://minatabi.good-travel.info/provider/plans?providerId=6&un=on&r=1&roomUsage=02000000

 


山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2019年7月
    « 1月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ