TOP/商品

山内鮮魚店店長の山内です。

本日はホヤの生産者様へ訪問して参りました。

目的は最盛期を迎えているホヤの「殻むき作業」を拝見するためです。

実は南三陸はホヤの一大産地。ホヤの全国シェア80%を誇る宮城県でも生産者の多い地域として知られています。まさにホヤの本場です。

 

宮城県で水揚されるのは「真ホヤ(学名:マボヤ)」。北海道でよく水揚されるのは「赤ホヤ」という種類です。真ホヤの特徴は、突起物がある殻と、黄色くて厚い身。

赤ホヤに比べ、甘みがあって非常に肉厚です。震災から三年を経て、南三陸のみならず宮城県全域で、今年ようやく真ホヤが復活しました。

こうして忙しくホヤと格闘する生産者さんを見るのは、実に三年ぶり。

みなさん笑顔で働いていました♪ 見ていてこちらも心から嬉しくなってきます。

 

現場にきて何が驚いたかと言うと、その捌く早さ。

1個を剥くのに10秒もかかりません。

私共販売者もホヤをよく剥きますが、この早さは生産者さんならではですね。

しかも早くて丁寧な仕事。見とれてしまいます。

南三陸 殻付きホヤ 作業風景

早朝から船を出して水揚した、穫れたての「殻付きホヤ」♪ 作業場に入った瞬間にこれでもかという程、ホヤのいい香りが漂っていました。ホヤ好きの私にはたまらない場所です。

南三陸 殻付きホヤ 作業風景

そして次々にさばかれていく新鮮なホヤたち。ホヤから勢い良く海水が飛び出します。

南三陸 殻付きホヤ 作業風景

海水が飛び出す瞬間がこちら♪ 新鮮なホヤを見分けるコツは、身がパンパンになっているかどうか。切った瞬間にこれだけ海水が溢れ出すのは「鮮度がいい」証拠ですね。昔はこのお水をダシにして「お蕎麦」を作る習慣があったそうです。産地ならではの「ホヤを使った蕎麦」。実に食べてみたいです♪

南三陸 殻付きホヤ 作業風景

こちらが殻から外した瞬間。新鮮な剥きたての「ホヤの身」はこんなにも透き通っています。キレイですね♪

南三陸 殻付きホヤ 作業風景

真ホヤの旬は5月〜8月が最盛期。最も美味しいのは7月〜8月の、夏の時期の真ホヤです。殻のサイズは7月から小さくなってきますが、その分身がしっかりと締まり、身も厚くなり美味しさが増します。スーパーマーケット等でも販売するようになりましたが、ホヤは鮮度落ちが早いため、1日違うだけでも味が変わります。産地で食す味は、格別ですね。

当店の「漁師の生ホヤ」は、こうして生産者である漁師さん達が、早朝から「むき身」にし、殺菌海水と一緒に袋詰めした新鮮なホヤです。ホヤをまだ食べた事のない方、一度食べて苦手だと思った方も、産地でしか味わえない「鮮度」でホヤの概念が変わるかもしれません。

買う

漁師の生ホヤ(殺菌海水パック)1袋約200g入 ¥648

https://www.yamauchi-f.com/fs/yamauchi/hoya/hoya_mukimi


【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 04:06 | ホヤ, 南三陸グルメ, 商品

山内鮮魚店の「ほやしそ漬 」170g

山内鮮魚店店長の山内です。震災前、人気の「ほや塩辛」にも負けず劣らぬ人気を頂いておりました「ほやしそ漬け」の製造を開始いたしました。

震災から三年をへてようやく復活した、宮城県産ホヤの今年の品質は本当にすばらしい出来です。

 

「ほやしそ漬」は、保存料や着色料を一切使用せず、ホヤの旨味としその葉の爽やかな香りを上手に活かして製造しております。

瑞々しい本場のホヤ、その食感と旨味、しその葉の香りがお酒のお友に最適です。

 

お気に入りのお酒と一緒に、ぜひおためしください。

私店長はお気に入りの日本酒と友に、早速楽しみました(^^)

このぷりっぷりのホヤの身が、いいんですよね。

 

買う

山内鮮魚店の「ほやしそ漬」170g 瓶入 ¥864

 

【原材料】ほや・食塩・みりん・しその葉産 

【産 地】宮城県産(養殖)

当店の「ほやしそ漬」は保存料着色料無添加でお造りしています。それはホヤそのものの美味しさを大切にしたいから。瑞々しい本場の真ほやを使い、塩分を控え、しその葉を添えています。爽やかな香りとまるでお造りのような造り立ての味わいが特徴です。

https://www.yamauchi-f.com/fs/yamauchi/hoya/hoya_shiso

 

 

 



【山内鮮魚店】のFacebook

20140307生めかぶ

 

今まで味わったことのない「感動」をお届けします

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山内鮮魚店店長の山内です。

昨日まさかの雪に見舞われた本日の南三陸町は一気に冬に逆戻りしたような寒さです。

本日はこれから仙台市内へ出張して参ります。

 

20140307生めかぶ

 

さて、3月に入りいよいよ「新物めかぶ」の水揚げが始まりました。

春は海藻の季節。

これから5月にかけて南三陸はワカメやめかぶ一色に変わります。

 

ちなみに海藻の季節が終われば、次はウニ、そしてお待ちかねのホヤが水揚されます。

南三陸の旬は三ヶ月に一度のペースでどんどん旬が入れ替わります。

次々に美味しい海の幸が味わえる、これがまた我々地元民にとっても本当に嬉しいんですよね(^^)

 

そんな南三陸の旬をたくさんの方に味わって頂きたい!

その想いでインターネット販売を初めてからずっと取り組んで来た当店の「感動シリーズ」。

1ヶ月で1800セットを完売する「感動の寒タラセット」も全国のお客様から感動の声を頂くまでになりました。

そして今回の「生めかぶ」。

こちらも寒タラに負けない感動をお届けできる自信があります。

 

そもそも「生のめかぶ」を食べた事のある方はどれくらいいらっしゃるのか。

実はスーパーなどで販売されている「めかぶ」は、一度湯通しし味付けした製品です。

中には味付けしていないモノもありますが、ほとんどが「味付けめかぶ」だと思います。

 

生のめかぶは写真でも分かるように「茶色」です。

これを湯通しした瞬間に鮮やかな「緑色」になるわけですが、実はめかぶを一番おいしく食べるレシピが、まさにこれと同じ「めかぶしゃぶしゃぶ」なんです。

穫れたてのめかぶを熱湯にくぐらせてポン酢で頂く。

これがまた最高に美味しい!

 

コリコリとした食感。広がる磯の香り。

とれたてめかぶなら、塩分がなんとも丁度良く、磯の香りがダイレクトに口の中に広がります。

熱湯にくぐらせた瞬間「緑」になるのもとっても楽しいんですよね♪

まさに目と舌で楽しめる旬の味覚です。お子様も喜びそうですね。

 

20140307生めかぶ

 

さらに当店では、この「生めかぶ」をいろいろな食べ方で楽しんでいただけるよう「感動のめかぶレシピ集」を同梱しております。

めかぶの処理の仕方や、保存の仕方も記載しておりますので本当にさまざまな食べ方で楽しめるんです。

動画へのQRコードも付属しておりますので、スマートフォンで動画を見ながらお料理も楽しめますよ!

 

当店がお送りする「感動の生めかぶ」。

この美味しさを全国のお客様に知って頂きたい!当店スタッフの切なる願いです。

お届け期間は4月末までの「2ヶ月限定」!

5月に入りますと、めかぶの味が一気に落ちてしまいますのでお早めに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《感動の生めかぶ 500gパック 2〜3人前 ¥630|感動のめかぶレシピ付き》https://www.yamauchi-f.com/item/hp513/

《山内鮮魚店のレシピ集》https://www.yamauchi-f.com/original11.html



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 04:03 | 商品

20140115少人数用スモークサーモン

 

食べきりサイズの小人数用『生風スモークサーモン』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山内鮮魚店店長の山内です。

今朝の南三陸の気温はマイナス9度。出社早々、スタッフの間では「今日も寒すぎますね!」という会話が恒例になってきています。

今年は例年に比べ驚く程寒い日が続いております。

 

さて、当店をご利用頂く常連様や年末にご購入頂いたお客様の中には、すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、昨年末より当店では「店長行き・お客様の声ハガキ」をご注文主様のお荷物や請求書等に同封させて頂いております(ギフトにはもちろん同封しておりませんのでご安心下さい)。

 

20140115少人数用スモークサーモン

 

「店長行き」つまりは店長である私へ直接お客様の声がダイレクトに届くというハガキです。

文面には『商品に対する感想でも、ご要望でも、私へのメッセージでも、似顔絵でもご自由にお書き下さい』と記入させて頂いております。頂いたメッセージは「店長→スタッフ全員→社長へ」と手渡されます。

 

当店自体もそうですが、私自身、震災後本当にたくさんのお客様にご支援頂き再建へ向かっている事を強く強く感じております。

そんなお客様との繋がりに、改めて深く気づかされ、もっとお客様と繋がっていたい、身近に感じていただきたい、以前よりも強烈に強く思う日々が続いておりました。

そのひとつの手段として、このハガキが誕生し、僭越ながら同封させて頂いております。

 

お荷物に同封させて頂いてから、約1ヶ月。本当にたくさんの御返信をいただいております(やってよかったー!)

頂いたお声は、我々製造販売業者にとってはまさに『宝石』と同じようなもの。

クレームもお褒めの言葉も、手書でハガキに書いて下さる。

しかもわざわざ投函して下さるお客様の言葉は我々スタッフにも格別なほど身にしみるものです。

 

メールでもいいのでは?という声もありましたが、メールと手書では伝わるものがまるで違います。

だから私は頂いたお客様ひとりひとりに正直に返信お手紙を書かせて頂いております。

この作業も、まるで文通のような不思議な温かさと繋がりを感じずにはいられません。

 

その中から、今回はお客様から頂いた貴重な声のおかげで生まれた商品をご紹介します。

 

当店の『生風スモークサーモン』。

震災前から再販していたこの商品も、ようやく昨年復活することができました。

 

ギフトにも沢山ご利用頂き、嬉しい声も頂いたこの商品。

700gで半身というスタイルで主にご贈答用として販売していた昨年でした。

そんな時、お客様からこんな貴重なご意見を頂き(写真上)、700gというサイズは『頑張って食べきるサイズ』でもあるという当たり前の事に改めて気づかされました(まだまだ修行が足りません)。

 

早速社長と相談し、工場スタッフも交え、お客様から頂いたご意見を参考に、2〜3人家族の方々が食べきれる「200g」のサイズの販売を即座に決定。

昨日から当店ショッピングサイトでもご購入頂けるようになっております。

もちろんお電話でもFAXでも受付ております。

 

20140115少人数用スモークサーモン

 

実はこのスモークサーモン。

原料となる「三陸産ブランド銀ザケ」の水揚が安定し、昨年やっとお客様にお出しできる価格にまで水揚げ量が回復し再販したという経緯があります。

ご存知のとおり、水産物は水揚げ量が命。

水揚げが少ないと価格は高騰し、多いと価格が下がります。

銀鮭は養殖もののため、天然の魚よりも復活に時間がかかったのです。

 

宮城県ではこの「銀ザケの養殖」を積極的に行っており、エサなどの改良も含め、十数年前から比べると驚く程クセのない上質な味わいの銀ザケが育つようになってきました。

養殖ものの鮮魚は、どうしてもエサの味の影響を受けてしまいます。

一昔前は「銀鮭は匂いが嫌だ」というお客様もいらっしゃいましたが、今ではそんなお声もなくなりました。

南三陸産の銀鮭は嫌な匂いもまったくせず、とても上品な身の味わいが特徴です。

 

そんなブランド銀鮭を一から手造りした当店の「生風スモークサーモン」は、他業者も驚く程の「強いこだわり」でできています。

 

「一から」とはどういうことなのかといいますと。

まずは野菜やスパイスを独自にブレンドした無添加の「ソミュール液」に銀鮭を一昼夜漬け込み、食材に野菜やスパイスの旨味を染み込ませます。

さらに桜チップを使用し、当店独自の燻製方法で温度を上げず「スモーク→あんじょう」を数段階に分けて行うことで、まるで「お刺身」のような食感と、優しいスモーク香、そして添加物を全く使用しない上品で優しい味わいが生まれるのです。

市場に出回っている安価なスモーク製品は、業務用の「燻液」に漬け込み乾燥させただけのモノが実は非常に多いのです。

「燻製が趣味」の方がいらっしゃったら手間をかけて「ちゃんと手造り」していることを分かって頂けると思います。

 

食べきりサイズの「生風スモークサーモン」。

ノンスライスですので、お好みの厚さに切り分け、ぜひご自宅で楽しんで頂けますと幸いです。

 

《生風スモークサーモン ノンスライス200g・食べきりサイズ》https://www.yamauchi-f.com/item/hp526/



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 04:01 | 商品

20131223寒鱈セットにかける想い

 

 

山内鮮魚店が辿り着いた、究極のおもてなしセット。
『感動の寒鱈セット』誕生秘話。

 

 

山内鮮魚店店長の山内です。

12月に入り、本当にたくさんのご注文を頂戴しております。

当店では震災直後、ベテラン受注スタッフ達が家庭の事情でやむなく退社してしまってから、12月の繁忙期をどうスムーズにミスなく運営していくのかが課題でしたが、新人スタッフ達もここにきてようやく戦力になってくれています。

店長の私も、もちろん受注に携わる事がありますが、来年の「感動の寒鱈(たら)セット」に向けての準備が今月のメイン仕事です。

 

20131223寒鱈セットにかける想い

 

当店の「感動の寒鱈(たら)セット」は本当にいつもいつも沢山の常連様からご予約を頂戴し、昨年の発送件数は1ヶ月で1800セットを記録致しました。(本当にありがとうございます)

 

一年のうちたった一ヶ月しかない1月〜2月の一番寒い時期に水揚げされる、三陸産の寒鱈(たら)。

お届けすることができるのも、たった一ヶ月だけしかありません。

 

震災前、楽天市場やYahooショッピングなど、様々なモールにも出店していた経緯から、近頃は「あの寒鱈(たら)」の味が忘れられなくて、やっと見つけました!」という嬉しいお声を頂戴致します。

本当に有り難い限りです。

 

思えば、私店長が2004年に東京から南三陸町に帰郷した際、数十年ぶりに食べ、飛び上がるほど感動したのがこの「寒鱈(たら)」セットでした。

 

とはいえ、当時の発送件数はたった100セット程度。

それも白子が入った鱈を丸ごとお届けするといった昔ながらの丸投げ発送。

鱈という魚は「捨てる所がない」のが素晴らしいところですが、さばくのもまた大変。

まして魚を一からさばく機会が少ない都会暮らしの方々には非常に手が出しにくい。

スーパーで販売している鱈を買ってくるしかない。

 

私店長が自ら感動した三陸産の寒鱈(たら)、この美味しさと素晴らしさをたくさんの人達に味わって欲しい。

心からそう思える鮮魚を、どうしたら皆様に買って頂き、口にして頂き、感動して頂けるのか。

そのキーとなったのは「幻のタラのお刺身」でした。

 

タラは足が非常に早く(鮮度落ちが早く)、水揚げして2日を経過したタラでは「お刺身」は味わえません。

2006年、そのタラのお刺身を考案したのが私店長でした。

タラの昆布締めではなく、本物の「たらのお刺身」をお客様に食べて頂くことはできないか。

そしてお客様がさばくことなく、到着してすぐに楽しめるよう当店でさばいてお届けすることはできないのか。

 

仕入れスタッフや発送スタッフから投げかけられた言葉は「できない」の一言でした。

なぜなら水揚げしてさばいて発送するのにはスピードと熟練した技が必要だからです。

当時タラの発送と言えば「丸々一本発送。

ましてお刺身も、水揚げしたその日に発送しなければ絶対に味わえない。

でもそこに、お客様に100%満足して頂ける「おもてなし」の心があるのではないか。

何度もやりあい、説得し、最後に「やろう!」と言ってくれたのは仕入れ担当の弟でした。

ようやく、私自身が感動したこの寒鱈を、自分が感動した最高のクオリティでお客様にお届けできる、そう思い商品名を「鱈セット」から「感動の寒鱈(たら)セット」と命名したのです。

 

あれから7年、当店の寒鱈(たら)セットは、さらに何年もかけて試行錯誤を繰り返し、一ヶ月で1800セットものご注文を頂戴するまでになりました。

1シーズンに2回以上お買い求め頂くお客様も9割を超え、毎年12月になると「タラのセットはまだですか?」という沢山のお問い合わせを頂戴致します。

 

ただ、このセットは1800セットがもはや「限界」です。

水揚げはたくさんありますが、それらからさらに厳選し、さばき、発送することに限界があるからです。

もしかしたら今季(2014年1月〜2月)の寒鱈(たら)セットについては、発送制限をさせて頂く事になるかもしれません。

 

そのため、まずは毎年楽しみにして頂くお客様にこそ確実にお届けし、味わってほしい。

そんな思いで《会員様限定ご予約特価》にてご提供させて頂いております。

現在のご予約数は500セットほど。

12月31日まで会員様限定販売にてご予約を承っております。

未だ体験したことのないお客様は、ぜひ一度お試し下さい。

 

幻のタラのお刺身、誰もが唸るクリーミーで臭みのない新鮮な「生白子」、そして驚く程とろけるような「鱈の切身」、肝入りタラのアラ。

すぐに楽しめるよう、すべて当店がさばいて水揚げしたその日に発送致します。

当店が辿り着いた究極のおもてなしセットで、日本全国に100%の「感動」をお届け致します。

 

《12/30まで早割特価》【送料無料】感動の寒鱈(たら)セット 幻のタラのお刺身、生白子、切身、アラ、食べ方レシピ付 https://www.yamauchi-f.com/fs/yamauchi/kandara



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 03:12 | 商品

20131128牡蠣桜燻し

 

『こだわり』を詰め込んだ究極の逸品『牡蛎桜燻し』

 

山内鮮魚店店長の山内です。

明日11月29日、東京都内で行われる「世界に通用する究極のお土産」という全国の食品を集めた品評会の最終選考会が行われます。

当店の『牡蛎桜燻し』も一次審査を通過し100商品の中に選んで頂きました。

明日、その中から10品が「世界に通用する究極のお土産」として選定されます。

審査員の方々も食に携わるエキスパートばかり。

明日、私店長が会場入りし皆様にしっかりアピールして参ります。

 

20131128牡蠣桜燻し

 

当商品「牡蛎桜燻し(かきさくらいぶし)」は主に仙台駅や仙台空港、東北自動車道SAなどの交通機関向けの「おみやげ」として、気軽に三陸牡蠣の燻製を楽しんで頂けるように開発した商品です。

 

当店の水産加工品すべてに共通する事ですが、保存料や着色料などを一切使用しておりません。

商品の裏面を見て頂くとよく分かりますが、原材料は「牡蠣・塩」だけ。

アミノ酸などの味を調整する添加物など全く使用していないのです。

 

では何故、添加物を使用しなくてもあんなに濃厚な牡蠣の味わいを楽しむ事ができるのか。

企業秘密でも何でもない事ですのでお教えします。

 

ひとつ目は「牡蠣の選定」。

牡蠣の旬の時期は皆さんご存知でしょうか。

真牡蠣と言われる牡蠣の旬は冬。

これは生食で食べる際の旬の事です。

でも実は牡蠣が本当に美味しい季節は、加熱用に切り替わる3〜5月の「春」の時期なんです。

 

加熱用に切り替わると同時に、真牡蠣は抱卵期を迎えるため旨味成分となるグリコーゲンを体内に蓄え始めます。

この旨味成分が最も多く蓄積されるのがこの時期の牡蠣なのです。

この「牡蛎桜燻し」は一番味がのり、濃厚な風味を醸し出すこの季節の牡蛎だけを使用しています。

だから牡蠣の旨味が際立っているのです。

 

ふたつ目は当店独自のスモーク製法。

燻製をひとくくりに考えた場合、実は真剣に一から燻製している商品と、そうでない商品が世の中には存在します。

そうでない商品とは「燻液」を使用したもの。燻液という燻製の香りを付けるための液があり、その液に商品を浸して乾燥させる。

これは本当の燻製ではありません。

燻製は非常に手間がかかるのです。

いつからそんな製法が世の中に出回ったのか分かりませんが、おそらく「価格競争」から端を発しているものなのでしょう。

出張で各地に出向いた際に、様々な場所でそんな商品を口にするのも事実です。

 

当店のスモーク商品はすべて一から桜チップでスモークしています。

実は非常に手間がかかっています。

燻製はかけすぎると商品自体が固くなってしまいます。

牡蠣の柔らかさを味わって頂くには、温度帯を二段階に分け、絶妙のタイミングで燻製をする(これだけ企業秘密です)。

燻製香も強すぎず弱すぎず、口にいれた時に牡蠣の旨味と燻製香が絶妙にマッチするよう何度も何度も試作を重ねました。

 

商品自体も一度に大量に作るわけではありません。

大量に作るという事は、生産量は上がりますが、決して商品にとっていい事ではありません。

しっかりと時間をかけて様々な行程を重ね、製造しています。

味を「あんじょう」させるため、燻製後にも一晩じっくり冷蔵庫で寝かせています。

 

保存料を使用せず、アミノ酸等で味を調整することなく、まして燻液などという得体の知れない原料を使用することなく、素材の旨味を最大限に活かす商品を作るという事は、それだけ素材を吟味し、手間をかけ、こだわりを貫く事が必要なのです。

 

話はそれましたが、明日行われる「世界に通用する究極のお土産」その品評会で選ばれた商品はすべて当店と同じように、極限までこだわった素晴らしい商品ばかりだと思います。

選ばれるかどうかは天のみぞ知る、ですが、我々製造者はこの「こだわり」をどんどん消費者の方々に知ってもらえるよう、努力していく必要があると痛感しています。

 

<牡蛎桜燻し(かきさくらいぶし)>https://www.yamauchi-f.com/item/hp025/



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 01:11 | 商品

20131004はらこ飯

 

 

イクラと鮭、親子で作る絶品郷土料理。

 

 

山内鮮魚店店長の山内です。

10月に入り南三陸町も一段ど寒くなってきました。

今朝はさすがに冷え込みましたので、早速事務所の暖房のスイッチを押しました。

今年は寒さ厳しい冬になりそうです。

 

食欲の秋、海産物で言えば秋刀魚が9月〜10月、そして10月からはいよいよ鮭の季節です。

宮城県内一の水揚げを誇る南三陸町では早くも「天然秋鮭」の水揚げが始まっています。

 

そして宮城県の鮭料理と言えば、知る人ぞ知る「はらこ飯」です。

 

旬の時期にしか味わえないこの郷土料理は、あの伊達政宗に献上したと言われる歴史ある郷土料理。

ホクホクの旬のサケで炊き込んだピンク色のお米に、イクラをたっぷり載せた「はらこ飯」は絶妙なまでの鮭の優しいハーモニーと旬の時期にしか味わえない豊かな自然の美味しさを味わう事ができます。

 

10月の鮭の水揚げと同時に、発祥の地、宮城県亘理町をはじめ県内様々な飲食店で提供されるハラコ飯。

宮城県人なら誰もが知っているファンの多い郷土料理です。

 

当店では、未だ「はらこ飯」を味わった事のない宮城県外のお客様に、ぜひこの美味しさをご自宅で簡単に頂きたい!そんな想いで、すぐに楽しめる「はらこ飯セット」としてご提供させて頂いております。

20131004はらこ飯

 

作り方も至って簡単(^^)

保存料無添加で仕上げた造りたての「生いくら醤油漬」と。ホクホクの鮭の身を自家製タレで煮込んだ人気商品「はらこ飯の具」 があればすぐに楽しめます。

お米と「はらこ飯の具」を一緒に炊き込み、炊きあがった鮭ごはんにイクラを載せるだけ。

これだけで驚く程美味しい絶品「はらこ飯」が楽しめます。

しかも、様々なお料理にお使い頂ける「旬の鮭の身」も付いております。

20131004はらこ飯

このはらこ飯セットは、2005年の発売から本当に沢山のお客様に愛されている人気商品。

特に全国各地の宮城県ご出身の方々が今か今かと待ち望む、季節限定の商品でもあります。

この美味しさ、もっともっと多くの方に一度は味わって頂きたい!

それが当店スタッフの切なる願いです。

 

はらこ飯の旬は、特に上質な鮭が水揚げされる10月初旬から12月中旬まで。

特に10月〜11月の鮭がやっぱり食べごろですね(^^)

一気に寒くなる10月、ホクホクに炊いた鮭ごはんと、造り立てのイクラで是非、旬のはらこ飯を味わって下さい♪

 
『はらこ飯』って?

 
「はらこ飯」とは、秋から冬にかけて水揚げされる秋鮭を使い、旨みの凝縮した鮭のハラス(卵を取ったあとのメスの身)をダシにして炊いたご飯に、脂ののった鮭の身とイクラをたっぷりのせた、豪快で贅沢などんぶり飯です。

その昔、伊達政宗が発祥元である宮城県亘理地方を訪れた際に献上したのが「はらこ飯」といわれています。

 

>>【送料無料】はらこ飯セット ※はらこめしの作り方レシピ付き



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 05:10 | 南三陸グルメ, 商品

20130912さんま

 

お刺身鮮度の生サンマいよいよ販売開始!

 

20130912さんま

山内鮮魚店店長の山内です。

今年水揚げが遅れていた「生秋刀魚」が、昨日ようやく気仙沼港に水揚げされました。

当店スタッフみんなで試食しましたが、今年の秋刀魚が脂ののりが抜群です!

水揚げ量の関係上、昨年よりも多少高めではありますが、厳選してお届け致しますので、ぜひぜひお試し下さい!

 

サンマの醍醐味といったら、地元では何といっても「サンマのお刺身」です。

サンマ特有の旨味のある身と、旬の時期でしか味わえない上質な脂。ぷりぷりとした食感。

どれをとってもこの時期のサンマは秋にしか味わえない旬の味覚そのものですね!

私店長も9月はサンマ三昧♪大好きな日本酒とサンマのお刺身、秋刀魚の塩焼にビール。

毎年の事ですが、やっぱりこの時期はたまりませんね(^ ^)

 

毎年恒例の当店限定「サンマ専用限定酒」も、もちろん今年も販売致します!

今年のサンマ専用限定酒は、昨年の吟醸酒からさらにバージョンアップ!

価格は据え置きながら「特別純米酒」にてお届け致します。

もちろん今年も秋刀魚の本場、気仙沼の蔵元が秋刀魚とよく合うよう醸している秋のおろしたて「冷やおろし」です。

秋刀魚と同梱なら、通常価格よりもさらにお安くお買い求め頂けます!

 

また、ぜひ本場の「秋刀魚のお刺身」を味わって頂くため当店オリジナルの「秋刀魚の三枚おろしレシピ」も同封致しますので、ギフトなどにも安心してお使い頂けます!

 

そしてそしてさらに!今年もカボスの本場「大分県竹田市産かぼす」もおまけでお付けします!

 

秋の味覚、気仙沼産生秋刀魚!当店がさらに厳選したよりすぐりの生秋刀魚をお届け致します!

 

【送料込み】気仙沼産 「極上生さんま」 サンマの三枚おろしレシピ・大分県竹田市産かぼす付き>https://www.yamauchi-f.com/fs/yamauchi/sengyo/sanma10



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 11:09 | 商品

旬の三陸カツオは一本釣りの銘品!その美味しさをあますところなく味わえるのが豪快な­「カツオのづけ丼」です♪しょうが風味であっさり!カツオの美味しさを思う存分味わえ­ます!

 

【レシピ詳細はこちら】https://www.yamauchi-f.com/app/Blogarticleview/index/ArticleId/66

 

■三陸産「釣りカツオ」1筋 ※お刺身・たたきがお選び頂けます!
https://www.yamauchi-f.com/item/hp019/



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 09:07 | 南三陸グルメ, 商品

 

20130629御中元用サイト

山内鮮魚店店長のヤマウチです♪

 

震災からまだまだ2年足らず、今年は海産物の水揚げに本当に振り回されておりますが
ようやく「お中元ギフト」の準備が整いました!

 

毎回お届けしております「通販カタログ」は本日より順次出荷を開始しております。
2〜3日で皆様のお手元にお届け致します(^^)

 

《NEW》三陸魚介のオリーブオイル漬
https://www.yamauchi-f.com/item/hp516/

《NEW》山内謹製 生珍味ギフトセット(天然ほやの塩辛入り)
https://www.yamauchi-f.com/item/hp518/

 

などなど、
今年は新商品が続々と登場しております!
ぜひぜひご覧下さいね(^^)

 

《お中元ギフト特集》海の幸グルメ、魚介類、海産物が送料無料!
http://www.yamauchi-f.com



【山内鮮魚店】のFacebook

post by yamauchi at 09:06 | 商品

TOP/商品

山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2021年6月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ