荒島 タブの木

寄り添い 重ならない 神秘の木

志津川湾に浮かぶ無人島の椿島(つばきしま)には

200種以上の植物が生育し、学術的希少性が高い事で知られています。

 

国の天然記念物として指定された、この島は

許可がないと上陸できません。

 

この場所で最も神秘的な自然環境を上間見れるのが

この「タブノキ」。

 

島に入り、空を見上げると

まるで人工的に刈り込んだかのような境目。

そしてその向こうに空。

 

タブノキは、葉と葉が重ならない習性を持つ

神秘的な性質を持っています。

 

枝と枝の境目から太陽光が降り注ぎ

足下の常緑植物を育てる。

 

絶妙のバランスを保ちながら

多種多様な植物が育つ美しい島です。

 

 

撮  影:山内鮮魚店店長

Canon  EOS5D MarkⅡ   EF24-105mm f4

f8 1/250 ISO800

 


山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2020年8月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ