琵琶湖

山内鮮魚店店長の山内です。一昨日〜昨日と強行スケジュールで臨んだ「京都-滋賀」への旅。昨晩は電車→バス→飛行機→車と、息つく暇もなく乗り物にのり帰宅。まだまだ温かい関西から戻ったら仙台空港の寒さに驚きました(^^)東北はもうすっかり秋ですね。さて、二日目は琵琶湖を臨む、ここ唐崎駅からスタート。琵琶湖は二度目ですが、今回は断念!いつかゆっくり見て回りたい場所です。

 

滋賀県

向かったのは、今治タオルをはじめ、オリジナルタオルを販売している「タオルはまかせたろ.com」。タオル業界ではとっても有名な会社です。「タオルソムリエ」としての方が有名かもしれませんね♪ こちらの寺田社長は、昨年お会いしてから南三陸町に何度も足を運んで下さっているので、いつか会社に行きたいと思っていた次第です。以前、今治のおぼろタオルさんと共同で「南三陸さんさん商店街応援ガーゼタオル」を企画して下さった方でもあります。

>>南三陸ガーゼタオルの記事はこちら

 

滋賀県

「タオルソムリエ」という地位を築いた方だけあって、会社に入ってすぐに通して頂いた応接室には様々な種類のタオル(^^)ひとことでタオルと言ってもこんなに種類がある。見ていても飽きないですね♪

 

滋賀県

応接室の片隅に、初めて南三陸に来て頂いた時に見つけたスプーンと写真が飾ってありました。寺田社長はいつも全国へのご講演で、このスプーンを持ち南三陸の事を少しだけ語ってくれているんです!

 

滋賀県

「まかせたろ」のゴロがなんともいいですよね♪

 

滋賀県

せっかくなので写真撮りませんか♪と寺田社長からのお誘いで、ご一緒した宮城県の仲間と四人で(^^)

 

滋賀県

気仙沼からご一緒した鈴木社長は、タオルについて興味津々♪ タオルソムリエに聞きたいことが山ほどあったようです(^^)

 

滋賀県

「さて、予約してんねん♪ ランチ食べにいきましょか♪」という寺田社長からの有り難いお言葉を頂き、会社を出て唐崎駅へ。琵琶湖からの風が本当に気持ちいい!時間がゆっくり流れていて、町並みもとっても落ち着いていて思わず住んでみたくなる土地ですね♪

 

滋賀県

滋賀もうっすらと木々が色づきはじめているようです♪

 

クレメンティア京都

そして電車を乗り継ぎ、向かったのは京都市内。「山内さん、もってはるわ^^ ここ、予約取れへんねん」といって連れていって下さったのは、隠れ家的名店「クレメンティア」。京都の住宅街の中の路地にひっそりと佇む名店で、今年で5周年なのにすでに常に予約でいっぱいのお店。

 

クレメンティア京都

前菜ででてきたのは、またもや秋刀魚♪ こちらは北海道産とのことでしたが、もちろん旬ですので文句なしの美味しさ(^^)手前にうっすらと描かれた秋刀魚の内蔵ソースが美味しかった!

 

クレメンティア京都

 

こちらも前菜♪ キノコとソースが絶妙♪ みんな無言で食べ続けてましたね(笑)

クレメンティア京都

カボチャの冷製スープもなんともいえない優しい味♪

クレメンティア京都

そしてまたもや念願の近江牛。こちらは前日に食べた「完全放牧野生牛」の子牛。寺田社長も僕も尊敬する新保社長が手がける牛肉。ミルクしか飲んでいないのでミルクの味がします♪ シェフが「これ今から焼きますね♪」と言って持って来て下さいました♪

 

クレメンティア京都

こちらはその牛肉と、豚肉がミックスされているパスタ♪ 「自分で言うのもなんですが、びっくりするくらい美味しいです♪」というシェフのお言葉通り、ホントに完璧でした(^^)またもや無言で食べ尽くす一同♪

 

クレメンティア京都

そしてそしてお目当ての「愛農ナチュラルポーク」♪ これ、前日に初めてたべてからすっかりファンになってしまいました(^^)年間100頭にも満たない生産数、その理由は自然交配と、ストレスをまったく与えない清潔で伸び伸びと育てる豚舎。超健康体の豚肉って、こんなに懐かしくて優しい甘みがするんですね♪

 

クレメンティア京都

そしてそして最後は「完全放牧野生牛」♪ こちらはご無理を言って、シンプルにレアで焼いて頂きました(^^)なかなか言葉では表現できない味ですが、食べたら牛肉の概念が変わると思います。

 

クレメンティア京都

シェフのご好意でデザートまで頂き、2時間半かけて4人でゆっくり贅沢な時間を満喫♪ 感動するほど美味しかった!という仲間の声が印象的でした(^^)

 

京都 宝泉

「飛行機までまだ時間ある??連れて行きたいところがあんねん♪」という寺田社長のお言葉で、急遽向かったのが京都の甘味処、わらび餅で有名なお店♪

 

京都 宝泉

門をくぐるや否や、飛び込んでくるのは見事な日本庭園。我々田舎者にとっては「ザ・京都」なイメージの場所です♪ 思わず見とれてしまいました♪

 

京都 宝泉

ここで味わったのが、これ。わらび餅の概念を覆す「わらび餅」。注文を受けてから作るらしいんですが、これがまたぷりっぷりでとってもフレッシュ♪ はじめの1個か2個はそのまま。あとはお好みで黒蜜を付けて♪ あまりの瑞々しさに「お刺身みたいですね♪」と言ったら、「ホンマや!いいこといいはりますな!」と褒めて頂きました♪ これが運ばれてくるまでの時間、ゆっくり庭園を眺める時間も何とも贅沢でした♪

 

関西空港

帰りは関西空港からピーチ便で仙台空港まで。空港近くの夕日がとっても綺麗でした(^^)

 

タオルソムリエ

自宅に戻り、寺田社長に頂いたタオルを開けてみたら社長がいつもおっしゃっている社訓が。「行動の中に感動がある。行動の中に喜びがある」まさにそうだと思います。遠くは気仙沼から、そして南三陸から車を運転し飛行機に乗り、バスと電車を乗り継ぎ会いに行く事でしか得られない「感動」や「喜び」がある。会いに行く事で絆が深まり、また元気をもらう。

 

また今日から、元気に復興へ向けて進んで行けそうです♪


山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2021年10月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ