blog

2015年03月28日

森と海は恋人同士

牡蠣の販売が、本日で終了しました。

次回の「マガキ」は、11月頃から再開いたします。

 

夏の「岩牡蠣」はメドがたっていませんが、できるかぎり販売したいです。

 

牡蠣の終了とともに、昨日「とある場所」を訪れました。

南三陸から車で90分ほどの「小さな港町」。

今回の訪問は「三陸のすばらしさ」を再認識する、いい機会になりました。

 

森と海は恋人

ここは牡蠣養殖で有名な地域。

キラキラとまばゆい太陽。

透きとおるような海水。

おだやかな内湾。

 

山に囲まれた、それはそれは「小さな湾」が象徴的な

「原風景」が残る場所。

 

森と海は恋人

船着場に立つと、冷たい潮風が背中から「スーっ」と吹きぬけていきます。

潮の「匂い」をいっぱいに浴び、カモメと漁師の息づかいに耳を傾ける。

静かに波うつ「海面の音」が、どんどん体に染みこんでいきます。

 

森と海は恋人

港の先端にたち、太陽が照らす海底に見えたのは、見渡す限りの『藻の森』。

顔を見上げると「木々の森」が、豊かな「海の森」を形成している地形がはっきり分かります。

ここに立つと、全身の力がぬけていくようです。

 

『リアス式海岸』は、日本では三陸特有の地形かもしれません。

キザキザに入り組んだ海岸線を、無数の「森」が囲むようにそびえる。

全体像を見ると、その形は『森と海』が共存する地形そのもの。

 

『森と海は恋人同士』

森に注いだ「雨水」が、長い年月をかけゆっくりと地中深くに染み込む。

やがてそれは、豊かな「ミネラル」をふくみ、海へと流れて行く。

そして「湾内」に雨水が溶け出して行く。

雨が降らなければ、森は育たない。

森が育たなければ、海は良くならない。

 

そして育つ魚介類は、心身ともに健康的で、のびのびと育って行く。

まるで人間のようです。

 

南三陸も同じ。

森が内湾をぐるりと囲み、ギザギザの海岸線が穏やかな海を守っている。

だから南三陸の海の幸は、やさしく、誠実な味がするのです。

 

『そうだったの!?知らなかった!』

お客様が知りたいことを、産地の人間が伝えていく。

 

森は水に生かされていて、海は森に生かされている。

そして我々産地は、海に生かされている。

それをお客様が口にし、食卓が笑顔になる。

 

美味しいから販売するのではなく、なぜ美味しいのかを販売する。

益々、そんな時代になっていくのだと実感しています。

 

<参考考資料>生牡蠣(カキ)の旬と販売時期

 


山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2019年6月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ