何処へ売るのかよりも誰に売るのか | 魚介類 山内鮮魚店

20150116_01

店長の山内です。東京出張2日目、本日は朝から夜まで丸一日の勉強会。しかもスタッフを連れての参加です。

 

当店は小さい会社ですので、出張といってもなかななスタッフを連れていけるほどまだまだ余裕がないのが事実ですが、今年はそんな中でもできるだけスタッフにも出張の機会を与え、普段は体験できない世界をと思っています。

 

人口がどんどん減少してく被災地としての南三陸の現状を踏まえ「雇用」という問題は切っても切れない重大な問題です。まして鮮魚店という職業は冬は寒いですし、水仕事ですのでキツい一面もあります。求人を出してもなかなか集まってくれないのが現状です。

 

とはいえ、そんな中でもスタッフが「働きやすい環境」を確立するのも私店長の重要な役割です。そのためにはスタッフと手を取り合って同じ意図を共有する重要性を改めて強く感じています。

 

今回の勉強会は、現状の少ない人数職場の中でも、より伸び伸びと働く環境をつくるための「考え方」を学ぶといった内容ですが、信頼できる講師の方々や全国の仲間達とのふれ合いの中で、ゲームを交えながらの勉強会は非常に有意義なものになりました。

 

一日の大半を過ごす「会社」。その環境づくりを、今年はもう一度考えようと思っています。

 


山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2022年1月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ