blog

2013年08月16日

8.16の南三陸町

20130816南三陸町

 

 

静かな海、緑生い茂る街を見て、何を感じ何を想う。

 

 

20130816南三陸町

 

山内鮮魚店店長の山内です。

連日の猛暑、本日の南三陸町は最高気温30℃という事でしたが体感温度は遥かに違いますね。

暑いです。昨晩、東京から友人一家が南三陸町を訪れてくれました。

商店街の居酒屋で酒を交わし、再会の喜びに胸が弾んだ楽しい夜でした。

そして一夜明けた今日、次の目的地に向かうまでの少しの時間だけ、南三陸を案内させて頂きました。

 

お盆休みを利用し、被災地をめぐる小旅行。

あの日我々が避難した志津川中学校から見る2年5ヶ月後の南三陸町。

瓦礫が撤去され緑が一面を覆うかつての中心部を見て「ようやくこの場所に来れた」そう言ってくれた友人。

彼らはこの景色を見て何を想い、何を感じたのか。

 

砂地が削り取られたかつての海水浴場は、静かで穏やかないつもの南三陸内湾の姿。

様々な建物が姿を消し、少しずつ復興へ向う中、被災地としての姿を伝える術は実は自分自身の「言葉」しかなくなっている事に改めて気づきました。

私も被災者のひとり。訪れてくれる人々に対し自分の言葉で「伝え続ける事」が大切。

 

明日から1泊2日で北海道へ。大学時代の同窓会です。少しだけ日々の生活を忘れる小旅行に行ってきます。

 

<花以想の記(友人のブログ)>https://www.hanaimo.com/hanaokuri/


山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2021年5月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ