震災から一週間以内に撮影した南三陸町の写真を公開いたします。
震災から一週間の間は、瓦礫がまだまだ道を塞いでいたため、徒歩で会社家屋を確認しに行った時の写真です。
そのため、主に株式会社ヤマウチ(当店)店舗等を撮影しておりますこと、ご了承下さい。20110324震災から1周間

志津川地区、五日町商店街の裏通り、八幡川沿いにあった当店本店兼自宅の写真です。根こそぎ津波にさらわれ跡形もなくなくなってしまいました。残っているのは五日町店の床のタイルだけでした。

20110324震災から1周間

五日町店から八幡川を挟んで向かえ側にあった、南三陸町役場の一角。役場は写真の建物の左側にありましたが跡形もなくなくなってしまいました。

20110324震災から1周間

五日町商店街は、おびただしい程の瓦礫の山。写真右にかろうじて建っている建物は仙台銀行志津川支店です。左となりにあった七十七銀行志津川支店は、全壊し流されていました。

20110324震災から1周間

国道45号線。右に見えるのが志津川公立病院。ここでもたくさんの方が津波で亡くなりました。

20110324震災から1周間

国道45号線から志津川中学校方面を撮影した写真です。町の中心部がすべて崩壊しました。

20110324震災から1周間

南三陸おさかな通り、当店を含め鮮魚店などのお店が建ち並んでいた通りは陰も形もありません。

20110324震災から1周間

おさかな通りを海へ向かって歩く途中に、当店を発見しました。おさかな通りの突き当たり、角にあった本浜店です。鉄筋が根元からえぐられ、50メートル先まで流されていました。

20110324震災から1周間

本浜店があった場所に立ちました。左角が当店があった場所。防波堤は根こそぎ津波によって崩壊していました。

20110324震災から1周間

当店があった交差点から。写真中央に見えるのが志津川漁協の建物。本当に跡形もなく津波にさらわれてしまった事を実感しました。

20110324震災から1周間

当店の上に立つ。ここにあった筈のあの賑わっていた店舗は、写真左の鉄の塊に。悔しさがこみ上げてきます。

20110324震災から1周間

国道398号線を入谷方面へ。合同庁舎、消防署を少し過ぎた場所から撮影。津波は町民の予想を遙かに超えた場所まで襲来していた事を改めて感じます。

20110324震災から1周間

全国各地から来て頂いた支援隊の方々が、賢明に捜索活動をしてくれていました。


山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2021年10月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ