山内鮮魚店店長の山内です。

 

震災から二週間が経ちました。
沢山の方から、励ましのメール・コメントを頂き本当にありがとうございます。

 

私自身、避難所と県内各行政の行き来、会社の事務手続きに追われ、返信やコメントを返すことができず大変申しわけございませんが何卒ご了承下さい。

 

南三陸町の町並みは、かなりの数の瓦礫が撤去され、国道県道含めて道も通りやすくなり、各避難所への行き来もスムーズになりました。これも自衛隊や支援して下さる消防隊員の方々のおかげです。感謝しております。

 

行方不明者はまだまだ相当な数に及び、自衛隊の方々に尋ねても、膨大な数の瓦礫や広範囲に渡る被災範囲により捜索は思うように進まず困難な状況のようです。

 

現在、当店は市場前に鉄筋の枠組みだけが残っている自社工場を、動けるスタッフ数名で片づけに入っております。粉塵と海風が吹きすさぶ三階建ての工場から見下ろす南三陸町の町並みを見ていると、まだまだ復興の兆しさえ見えない事を改めて思い知らされます。

 

昨日今日と、志津川中学校から足をのばし山ひとつ隔てた志津川小学校の状況を見て参りましたが、体育館に段ボールを引き生活している方々の表情は暗く、行く末を不安に見つめる声が止みません。

 

現在の南三陸町の現状は、まだまだ暗いものです。このような時に率先して頼りになる町役場職員が半数以上も亡くなってしまい、役場としての機能もおぼつきません。懸命に頑張っているのですが、人手が足りないのです。

 

町民の戸籍が津波でなくなったため、住民票作りから始まっている町の行政は、ほとんど機能していないということ。急病人はヘリや救急車で運ばれますが、急病ではなく風邪や腹痛で体調の優れない人々は、頼りの石巻日赤病院へ車で三十分もかけて自力で行っても、返されてしまう始末です。避難所に医者はいますが薬が足りない、体調の優れない方々も、すぐそばで慌ただしく人々が行き交う避難所の簡易ベッドで寝ているため精神的に安らぐことができない。そのため回復が著しく遅れる。いろんな問題があります。

 

町役場の代わりに率先して陣頭指揮をとっているのが、町内で自営業を営んでいた団塊世代の方々。これから先もこの町に残るであろうそんな方々が、皆を集め、大きな声を出し、自分の事をそっちのけで働いています。小学校では高長醸造店、及善蒲鉾店の社長が頑張っています。佐良写真店のしんさんも死にものぐるいで動いています。

 

一番被害の大きかったのは宮城県でが、隣の岩手県ではすでに仮設住宅の建設が進み、どんどん入居している状況。宮城県の遅い対応に苛立ちを隠せません。行政の対応は遅く、自分の身は自分で守る術を持たなければ、被災者達はどんどん孤立してしまう、そんな危機感が募るばかりです。

 

震災から二週間がたった今、もう必要なのは物資ではなく、水や電気やガスが通っていてお風呂も入れる、足をのばして休める場所です。崩壊した町で働くのではなく、家族を養っていくために収入を得ることのできる環境です。私も含め被災した皆は、このままでは行く末に不安を頂きながら、一日をただただ過ごすしかないのです。

 

家をなくし、働ける環境、職を失った我々は、これから何処へ行けるのか、どこで働けるのか、どのような支援を得ながら生活して行けるのか、今後家族と離ればなれになる決断が必要なのか、自分の身は自分で守るしかないのか、南三陸町はどうなっていくのか。今後の行く末を行政が早く決めないと、町民はどんどん取り残されて行くのです。日本全国からの支援情報があるのに、町民全体に届いていないのです。どうか今後の行く末を決めるための確かな情報を、行政が届けて下さい。

 

南三陸町を離れたくない方々もたくさんおります。一時的でも人並みの生活ができる場所、町が復興した時にまた戻ってこれるような環境を作って頂きたい。

 

我々被災者が今、少しでも先の未来を見据えることができれば、それに向かって生きる目標ができます。避難生活の我慢もできるのです。思い切った決断と迅速なスピードを求めます。

 

【コメントを頂く方へ】
コメント欄に、メールアドレス等の個人情報を掲載しないようご注意下さい。その場合、削除するよう努めておりますが限られた時間の中でしか対応できません。くれぐれもご注意下さい。

コメントを頂戴する場合は「拍手」ボタンより、コメントを「公開しない」に設定頂けますと幸いです。
何かございましたら私までお願い致します。

 

【当店お客様へ】
現在当店ホームページは開店状態にありますが、全商品を在庫切れにしております。震災前及び直後よりご注文頂いた商品について、発送の終わっていたご注文につきましてはご請求させて頂いていると思います。主にクレジットカードでのご注文につきましては、当店では発送後に決済を致しますので、震災のあった日の発送分より以後ご注文頂いている場合、請求は発生致しません。ご安心下さい。現在、左記のようなクレジット請求についてのお問い合わせメールを何件か頂戴致しますが、請求はございません。また現在ご注文については当方でも確認がとれないためご返信できませんのでご了承下さい。

 

【お取引様各位】
沢山のお取引業者様からも激励のメールを頂戴しております。ご返信できず大変ご迷惑をお掛け致します。等ブログにてご返信となりますこと、お許し下さい。激励のメールはすべて目を通しております。ありがとうございます。業務についてご不明な点などございましたら、私までご連絡をお願い致します。

 

株式会社ヤマウチ 通販事業部本部長 山内恭輔
yamauchi@yamauchi-f.com

 


山内鮮魚店店長@山内恭輔

いつもありがとうございます。創業昭和24年、宮城県南三陸町から、一級品の海産物と笑顔をお届けする「山内鮮魚店」店長ブログです。

山内鮮魚店
  • 記事を検索

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2021年11月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • タグクラウド

  • 最近の記事

  • 南三陸の海産物がプレミアムな4つの理由
    • 感動を届ける
    • 生産者と共に
    • 一級品を育む海
    • こだわり製法
    • お客様の声
    • 山内鮮魚店レシピ集
    • 山内鮮魚店店長ブログ