海鮮と魚介類のプレミアム通販【山内鮮魚店】

0226-46-4976

カキフライの作り方 | 山内鮮魚店の海鮮レシピ集

第13回日本オンラインショッピング大賞最優秀賞・第2回ネット&リアル相互貢献グランプリ「頑張ろう日本!復興奨励賞」
第10回OSMC(オンラインショッピングマスターズクラブ)最優秀実践賞 受賞店

<会員登録がお得です>会員登録なら、お買い物ごとにポイントが貯まる!便利な「マイページ機能」でお買い物もラクラク!

 

メンテナンスお知らせ

 

父の日 特集ページ
2019年の父の日は6月16日(日)。父の日に定番の魚介類や、お父さんが喜ぶ海産物をご紹介いたします!
山内鮮魚店のこだわり

お客様の声集

商品検索
山内鮮魚店 店長Blog

営業時間9:00~17:00(日曜定休 /祝日は通常営業)

お急ぎの方はお電話にてお気軽にお問合せ下さい。

0226-46-4976 山内鮮魚店お客様センター
LINEで送る

濃厚でクリーミーな三陸牡蠣で作る、絶品カキフライの作り方。今回は、日本料理伝統の”平たいカキフライ”の作り方を伝授します。

カキフライの作り方

ここがオススメ

三陸牡蠣(かき)ならではの濃厚で上品な味わいを最大限に楽しめるのが、このカキフライ。牡蠣は火を通す事でさらに旨味が増します。今回は日本料理でよく作られるという平たいカキフライをご紹介しますね。

用意するもの Check

作り方

    • 1

       

      生カキに塩と胡椒で軽くした味をつけます。三陸牡蠣は濃厚ですので、ほんの少しで大丈夫です♪
    • 2

       

      下味をつけた牡蠣に小麦粉をしっかり付けます。さらに溶いた卵にしっかりくぐらせます。
    • 3

       

      最後にパン粉をまぶします。牡蠣の形は、まんまるにならないよう少し平たくします。こうすることで火の通りがよくなり、短時間で柔らかく仕上がります。
    • 4

       

      165℃〜170℃の油で二度揚げします。油に牡蠣を入れ、火が通ったら一度上げて油を切ります。2分程置いたら再度油にいれ1分程揚げます。鮮度のいい牡蠣は水分が出てくるので、二度揚げることでべちゃっとしたフライではなくカラッとした仕上がりになります。

【監修】南三陸町 すがわら 店主 菅原良成

【監修】南三陸町 すがわら 店主 菅原良成
大阪北新地、東京銀座・日本橋で修行し割烹を極めた料理人が腕を振るう南三陸の名店。旬の野菜、魚介類など地元産の食材を駆使し春夏秋冬を意識した創作メニューは、すべて一から手間をかけ繊細な味付けで提供される。

読み物
三陸産「生牡蠣(かき)」の旬

三陸産の生牡蠣(カキ)は11月〜2月が最も旬です。水揚開始時期から大きさも徐々に大きくなっていきます。生食で食べられる時期が上記の期間となり、特に1月〜2月の牡蠣は旨味が増し生カキとしては一番美味しい時期となります。大ぶりであっさりとした味わいの広島県産と比べ、三陸牡蠣は小ぶりですが非常に濃厚な味わいが特徴です。また3月〜5月は加熱用に切り替わりますが、旨味成分が最ものる時期は実は加熱用になった時期で春は牡蠣の最も美味しい時期として知られています。 >>牡蠣の旬と販売時期って?

このレシピで使われている商品はこちら

【生食用】三陸産生かき(むき身)お徳用500g ※30~40粒 水なしぎっしり新鮮パック

【生食用】三陸産生かき(むき身)お徳用500g ※30~40粒 水なしぎっしり新鮮パック

1,900円

旬の三陸産真牡蠣(カキ)をむき身にし、500gパックに水なしでぎっしり詰め込みました。むき身だからお料理にすぐに使えてとっても便利^^ 牡蠣ご飯やカキ鍋、カキフライがすぐに楽しめます。

 

お客様の声

 

大粒で新鮮で、孫の好きな牡蠣グラタンと牡蠣の炊き込みご飯を婆様に作ってもらい、喜んで、二人の孫がおかわりして、食べてました。
(お客様の声をもっと見る)

LINEで送る

レシピ検索はこちらから
検索したい「レシピ名・商品名・食材名」などを入力下さい。
【例】下処理 ほや

牡蠣レシピ

カートを見る

楽天ペイについて

 

エリア別料金はこちら

 

お届けについて

会員登録がお得

登録するだけでお得!

マイページ ログイン

>パスワードを忘れた方

新規会員登録ポイントプレゼント

お買い物ガイド

読み物

会社概要