海鮮と魚介類のプレミアム通販【山内鮮魚店】

0226-46-4976

蒸し牡蠣の作り方(電子レンジ編) | 山内鮮魚店の海鮮レシピ集

第13回日本オンラインショッピング大賞最優秀賞・第2回ネット&リアル相互貢献グランプリ「頑張ろう日本!復興奨励賞」
第10回OSMC(オンラインショッピングマスターズクラブ)最優秀実践賞 受賞店

<会員登録がお得です>会員登録なら、お買い物ごとにポイントが貯まる!便利な「マイページ機能」でお買い物もラクラク!

 

年末年始お届けについて
お歳暮ギフト特集

お歳暮は一年の感謝を表す締めくくり。三陸のプレミアムな海鮮ギフトで「想い」も一緒にお届けします!

山内鮮魚店のこだわり

お客様の声集

商品検索
山内鮮魚店 店長Blog

営業時間9:00~17:00(日曜定休 /祝日は通常営業)

お急ぎの方はお電話にてお気軽にお問合せ下さい。

0226-46-4976 山内鮮魚店お客様センター
山内鮮魚店TOPページ » 海鮮レシピ集 » 牡蠣レシピ » 蒸し牡蠣の作り方(電子レンジ編)
LINEで送る

電子レンジでカンタンに作れる。レンジでチンする『蒸し牡蠣(かき)の作り方』。

蒸し牡蠣の作り方(電子レンジ編)

ここがオススメ

濃厚でクリーミーな味わいが特徴の三陸牡蠣(かき)。生で食べる牡蠣もいいけれど、寒い冬にはやっぱりホクホクの『蒸し牡蠣(かき)』がオススメ。牡蠣は蒸すことで旨味が濃縮され、生とは違った蒸し牡蠣特有の“やさしい味わい”が楽しめます。蒸し牡蠣は食べやすさも特徴のひとつ。生が心配な方も、これなら旬の牡蠣をまるごと美味しく楽しめます。電子レンジでの作り方は、蒸し牡蠣のもっともカンタンな方法。後片付けもラクチンですので、ぜひ試してほしいレシピです。

用意するもの Check

作り方

    • 1

       

      蒸し牡蠣の作り方(電子レンジ編)1 まずは人数分の殻付き牡蠣をお皿の上に並べます。殻付き牡蠣は重なり合わないようにしましょう。

      まずは人数分の殻付き牡蠣(かき)をお皿の上に並べます。熱の通りが悪くなるため、牡蠣(かき)はなるべく重なり合わないように並べましょう。
    • 2

       

      蒸し牡蠣の作り方(電子レンジ編)2 殻付き牡蠣を並べたらその上に濡らしたキッチンペーパーをのせます。

      殻付き牡蠣(かき)をお皿に並べたら、濡らしたキッチンペーパーを牡蠣に被せます。
    • 3

       

      蒸し牡蠣の作り方(電子レンジ編)3 さらにその上からラップをかけます。だだし、密封しないよう端っこに空間を開けておきましょう。

      さらにその上からラップをかけます。だだし、密封しないよう端っこに空間を開けておきましょう。電子レンジにかけた時、牡蠣の吹きこぼれを防ぐためです。お皿の中の蒸気が逃げるようにラップはゆるくかけるのがコツです。
    • 4

       

      蒸し牡蠣の作り方(電子レンジ編)4 次電子レンジにお皿に入れた牡蠣を入れます。

      準備が整ったら、電子レンジに牡蠣(かき)を入れたお皿を投入。
  • 5

     

    蒸し牡蠣の作り方(電子レンジ編)5 電子レンジで500w。牡蠣1個あたり3分です。この場合牡蠣が3つなので9分加熱します。

    電子レンジの出力は500w牡蠣1個あたり3分が目安。この場合、牡蠣(かき)が3つなので500Wで9分加熱します。
  • 6

     

    蒸し牡蠣の作り方(電子レンジ編)6 電子レンジから皿を取り出します。この時に皿がとても熱いのでふきんや厚手の手袋などで取り火傷に注意しましょう

    電子レンジから牡蠣(かき)を取り出します。皿がとても熱いので、ふきんやミトンを使い火傷に注意しましょう
  • 7

     

    蒸し牡蠣の作り方(電子レンジ編)7 蒸しあがった殻付き牡蠣はとっても熱いです。殻を外す際は専用のナイフなどで開けましょう。

    蒸しあがった殻付き牡蠣(かき)も非常に熱いです。殻を外す際は『専用ナイフ』または『洋食ナイフ』などで火傷に注意しながら開けましょう。特に牡蠣からの出る汁はかなり熱いです。火傷をしないよう注意してください。
  • 8

     

    蒸し牡蠣の作り方(電子レンジ編)8 牡蠣の殻を外しお皿に盛り付けて完成です!

    牡蠣(かき)の殻を外し、お皿に盛り付けて完成です!蒸し牡蠣はすぐに冷めてしまうので、できればアツアツのうちにお召し上がりください。
    >>電子レンジ内の牡蠣の臭いが気になる方は「レンジのカンタンな臭い取り方法」を参照ください。

 

読み物
牡蠣の旬と販売時期

三陸産の生牡蠣(カキ)は11月〜4月が最も旬です。水揚開始時期から大きさも徐々に大きくなっていきます。特に1月〜の牡蠣は旨味が増し一番美味しい時期となります。大ぶりであっさりとした味わいの広島県産と比べ、三陸牡蠣は小ぶりですが非常に濃厚な味わいが特徴です。また特に3月〜4月は旨味成分が最ものる時期で実は春は牡蠣の最も美味しい時期として知られています
>>生牡蠣(カキ)の旬と販売時期

このレシピで使われている商品はこちら

【送料込み】三陸産『殻付真牡蠣(カキ)』 大サイズ15個入 ※カキレシピ・専用ナイフ・軍手付

【送料込み】三陸産『殻付真牡蠣(カキ)』 大サイズ15個入 ※カキレシピ・専用ナイフ・軍手付

5,100円

三陸産の穫れたて真牡蠣(かき)の特徴は、溢れる程の濃厚さとクリーミーさ。口の中に入れた瞬間に感じる磯の香りは、産地直送でしか味わえない殻付きならではの贅沢。海の恵みをそのままに、活きた牡蠣を産地から直送いたします。専用ナイフとレシピ、軍手付きだから安心してギフトにもお使い頂けます。
お客様の声 

お世話になった方へ、贈答用に1箱と、家族用に1箱、注文しました。せっかくの生カキ、家族揃って食べられる日をと、何度もお届日を変更させてしまいましたが、こころよく対応して頂きました。とにかく、大きくて新鮮で大変おいしかったです。贈った友達は、かなりの食通なのですが、その食通も唸らせ、大変喜ばれました。
(お客様の声をもっと見る)

LINEで送る

レシピ検索はこちらから
検索したい「レシピ名・商品名・食材名」などを入力下さい。
【例】下処理 ほや

牡蠣レシピ

カートを見る

会員登録がお得

登録するだけでお得!

マイページ ログイン

>パスワードを忘れた方

新規会員登録ポイントプレゼント

楽天ペイについて

 

エリア別料金はこちら

お届けについて

お買い物ガイド

読み物

会社概要