海鮮と魚介類のプレミアム通販【山内鮮魚店】

0226-46-4976

さんまの焼き方(グリル編) | 山内鮮魚店の海鮮レシピ集

第13回日本オンラインショッピング大賞最優秀賞・第2回ネット&リアル相互貢献グランプリ「頑張ろう日本!復興奨励賞」
第10回OSMC(オンラインショッピングマスターズクラブ)最優秀実践賞 受賞店

<会員登録がお得です>会員登録なら、お買い物ごとにポイントが貯まる!便利な「マイページ機能」でお買い物もラクラク!

 

父の日 特集ページ
遅れてごめんね!2019父の日。お父さんが喜ぶ定番の魚介類や海産物など、まだまだご用意ございます!
山内鮮魚店のこだわり

お客様の声集

商品検索
山内鮮魚店 店長Blog

営業時間9:00~17:00(日曜定休 /祝日は通常営業)

お急ぎの方はお電話にてお気軽にお問合せ下さい。

0226-46-4976 山内鮮魚店お客様センター
山内鮮魚店TOPページ » 海鮮レシピ集 » さんまレシピ » さんまの焼き方(グリル編)
LINEで送る

新鮮な生さんまを使った『さんまの美味しい焼き方』レシピ。ご家庭のグリルを使い、旬の生さんまをおいしく楽しむ、焼き方を伝授!

さんまの焼き方(グリル編)

ここがオススメ

何と言っても秋の代表的な味覚といえば「さんまの塩焼き」。たかが「さんまの塩焼き」ですが、焼き方で美味しさは変わります。今回はそんな「旬の新鮮なサンマを使った塩焼き」のおいしい焼き方をご紹介します。ご家庭のグリルを使った日本料理の焼き方。料亭や割烹店が行っている焼き方も交えながら解説いたしますのでぜひ参考にしてみてください。やっぱり秋はとびきり新鮮なさんまを、おいしく焼きたいですよね。
 
ちなみにサンマ塩焼きで思い浮かぶのが「七輪」で焼く焼き方。実は七輪を使ったサンマを焼き方はとっても難しく、たいていの場合は外だけ焼けて中は半生になってしまいます。さんまの焼き方は、家庭のグリルが一番簡単に上手に焼けます。もしも七輪に挑戦する場合は、七輪の周りを段ボールなどで囲み、熱が逃げないように焼き方を工夫してください。

用意するもの Check

作り方

  • 1

    さんまのおいしい焼き方(グリル編)1 さんまのウロコを取る

    さんまにもウロコがあるのをご存知ですか?さんまのお腹の白い部分をこうして包丁でこすりウロコを取っていきます。少ししかありませんが、ウロコがあると食感がザラザラしますのでぜひウロコ取りましょう。日本料理の料亭や割烹店などでの焼き方は鱗をきちんと取り除いています。
  • 2

    さんまのおいしい焼き方(グリル編)2 さんまを洗い水分をとる

    さんまのウロコを剥がしたら、流水でさんまを軽く洗います。洗ったあとのサンマの水分はキッチンペーパーなどでしっかり取りましょう。
  • 3

    さんまのおいしい焼き方(グリル編)3 さんまに塩を振る

    いよいよさんまの塩焼きの「キモ」の部分である「塩」を振っていきます。塩は20cm程度上から。さんま全体にまんべんなく振りかけます。量は「ちょっとかけすぎ」なくらいがベストです。おいしい焼き方は多めに塩を振るのがコツです。
  • 4

    さんまのおいしい焼き方(グリル編)4 さんまに塩を塗りこむ

    塩はふりかけるだけでなく、こうして手でさんまになじませるように軽く塗り込みます。これもおいしいさんまを焼く焼き方のコツ。
  • 5

    さんまのおいしい焼き方(グリル編)5 裏面にもしっかり塩を塗り込む

    裏面もしっかり塩を振り、手でなじませます。新鮮なさんまは油が多いため、しっかり塩を振ることで焼いた時に皮がパリパリに仕上がります
  • 6

    さんまのおいしい焼き方(グリル編)6 さんまを丸ごとグリルにのせる

    グリルは予め温めておいてください。塩をなじませたサンマを丸ごとグリルにのせます。よくやりがちなのが、切れ目を入れたり、半分に切ったりする方法ですが、新鮮なサンマならそんな必要はありません。むしろ焼いた時に切れ目から旨味がすべて逃げてしまいますので、必ずまるごと焼いてください。
  • 7

    さんまのおいしい焼き方(グリル編)7 さんまは強火でじっくり焼く

    グリルの火加減は「中火」でじっくり。特に脂ののったサンマの場合、強火だとさんまの表面が焦げすぎてしまいますのでご注意ください。おいしい焼き方は中火でじっくり、です。
  • 8

    さんまのおいしい焼き方(グリル編)8 さんまの表面にしっかり焦げ目がついたら焼きあがり

    さんまの表面にまんべんなく焦げ目がついたら焼き上がりです。新鮮なさんまだからこそ、しっかり焼いた方が旨味が増して美味しいですよ。ご家庭のグリルを使ったおいしい焼き方。ぜひおためしください。薬味はやっぱり定番の「大根おろし」。しっかりお塩をふっているので、お醤油ではなくポン酢でさっぱりと頂くのがおすすめです。
【監修】南三陸町 すがわら 店主 菅原良成

【監修】南三陸町 すがわら 店主 菅原良成
大阪北新地、東京銀座・日本橋で修行し割烹を極めた料理人が腕を振るう南三陸の名店。旬の野菜、魚介類など地元産の食材を駆使し春夏秋冬を意識した創作メニューは、すべて一から手間をかけ繊細な味付けで提供される。

読み物
生さんまの旬と販売時期

三陸産の生さんまは9月中旬〜10月中旬が最も旬です!つまり1年でたった一ヶ月だけの旬の味なんです。旬の秋刀魚は上質な脂が自慢!ぜひぜひさんまの塩焼以外にもお刺身でお楽しみ下さい(^^)
さんまのサイズは毎年異なります。特に特大サイズの生さんまが水揚げされる年は嬉しいですよね!焼いてもよし!お刺身でもよし!一品料理にもお使い頂ける旬のさんまを思う存分お楽しみ下さい。
>>生さんま特集ページはこちら

このレシピで使われている商品はこちら
【送料込み】気仙沼産「極上生さんま」大サイズ10尾(1.4kg以上) ※秋刀魚レシピ・かぼす付き《クール冷蔵発送》

【送料込み】気仙沼産「極上生さんま」10尾(1.2kg以上) ※秋刀魚レシピ・かぼす付き《クール冷蔵発送》

3,150円

秋の味覚「生サンマ」は一年でたった1ヶ月しか味わえない、まさに旬の逸品。当店がお届けする生秋刀魚は、水揚げされ選別された秋刀魚をプロの目でさらに選別。産地直送ならではの最高品質をお約束。とろ〜りトロけるサンマの脂、口に入れた瞬間あふれだす秋刀魚独特の旨味。さんまのお刺身なら、その全てが味わえます。まるで秋そのものが口のなかで満開に咲き誇る。そんな贅沢をお楽しみ下さい。『サンマのお刺身ってこんなに美味しかったの!?」きっとそう実感いただけるはずです。
LINEで送る

レシピ検索はこちらから
検索したい「レシピ名・商品名・食材名」などを入力下さい。
【例】下処理 ほや

さんまレシピ

カートを見る

楽天ペイについて

 

エリア別料金はこちら

 

お届けについて

会員登録がお得

登録するだけでお得!

マイページ ログイン

>パスワードを忘れた方

新規会員登録ポイントプレゼント

お買い物ガイド

読み物

会社概要