海鮮と魚介類のプレミアム通販【山内鮮魚店】

0226-46-4976

ほやの天ぷらの作り方 | 山内鮮魚店の海鮮レシピ集

第13回日本オンラインショッピング大賞最優秀賞・第2回ネット&リアル相互貢献グランプリ「頑張ろう日本!復興奨励賞」
第10回OSMC(オンラインショッピングマスターズクラブ)最優秀実践賞 受賞店

<会員登録がお得です>会員登録なら、お買い物ごとにポイントが貯まる!便利な「マイページ機能」でお買い物もラクラク!

山内鮮魚店のこだわり

お客様の声集

商品検索
山内鮮魚店 店長Blog

営業時間9:00~17:00(日曜定休 /祝日は通常営業)

お急ぎの方はお電話にてお気軽にお問合せ下さい。

0226-46-4976 山内鮮魚店お客様センター
山内鮮魚店TOPページ » 海鮮レシピ集 » ほやレシピ » ほやの天ぷらの作り方
LINEで送る

熱々うどんに添えてもよし。蕎麦にそえてもよし。ほやの甘みと柔らかさを味わう「ほやの天ぷら」の作り方です。

ホヤの天ぷら

ここがオススメ

旬の生ホヤでつくる天ぷらは、驚くほどの甘味を醸し出します。独特のクセも和らぎ、ホヤの柔らかさと甘味を楽しめるレシピ、ぜひお試しください!冬はあつあつの天ぷらで。夏は冷たいお蕎麦やおうどんに添えても美味しくお楽しみいただけるホヤの贅沢レシピです。

用意するもの Check

  • 生のホヤ  適量
  • 天ぷら粉
  • または小麦粉と卵

作り方

    • 1

      予め、生のホヤを食べやすい大きさにカットしておきます。大き目にカットすると食感が楽しめます。
    • 2

      ペーパータオルなどで、ホヤの水分をとります。水分が多いと揚げる時に油が飛び散りますのでご注意ください。
    • 3

      水分が逃げないよう、しっかりと天ぷら粉をまぶします。油の温度は、170度くらいがベスト。
    • 4

      全体に火が通ったら油から上げて完成!新鮮なホヤを使う場合は、火を通しすぎないのがコツです。

【監修】南三陸町 すがわら 店主 菅原良成

【監修】南三陸町 すがわら 店主 菅原良成
大阪北新地、東京銀座・日本橋で修行し割烹を極めた料理人が腕を振るう南三陸の名店。旬の野菜、魚介類など地元産の食材を駆使し春夏秋冬を意識した創作メニューは、すべて一から手間をかけ繊細な味付けで提供される。

読み物
宮城県産「ホヤ」の旬

「学名:マボヤ」と言われる「真ほや」はホヤの王様と言われ殻に凹凸があり黄色のある身が特徴です。その真ホヤの全国シェアは、8割が宮城県産。ホヤの旬は5月〜8月でそのほとんどが養殖です。北海道で水揚される「赤ホヤ」は身が赤色で殻に凹凸がなく薄い身が特徴。真ほやの最大の特徴は「肉厚な身」と「甘み」。鮮度の劣化に伴い、臭みやエグみが出てくるのもホヤの特徴。そのため、産地の品質だからこそ味わえる食材と言われています。宮城県産の真ホヤは、7〜8月に入ると身が締まり殻の大きさが小さくなってきますが、この時期のホヤが一番の旬と言われています。 >>一年中おいしい生ホヤが食べたいなら

このレシピで使われている商品はこちら

お刺身用 急速冷凍 生むきほやお刺身用 急速冷凍 生むきほや

お刺身用 急速冷凍 生むきほや(400g入)お徳用 約2~3人前

1,080円

「夏のほや」は旬の生ほやを剥き身にし急速冷凍した生のほや。お刺身で楽しめる鮮度です。本場のホヤならではの甘みのあるお刺身や、ほや料理にたっぷり使えます。剥き身だから保存もしやすく使い勝手もとっても便利。年間売上No.1の人気商品です。400gでホヤおよそ10個前後とお考え下さい。ほやむき身はカットせず丸ごと入っています。
LINEで送る

レシピ検索はこちらから
検索したい「レシピ名・商品名・食材名」などを入力下さい。
【例】下処理 ほや

ほやレシピ

カートを見る

楽天ペイについて

 

エリア別料金はこちら

 

お届けについて

会員登録がお得

登録するだけでお得!

マイページ ログイン

>パスワードを忘れた方

新規会員登録ポイントプレゼント

お買い物ガイド

読み物

会社概要