海鮮と魚介類のプレミアム通販【山内鮮魚店】

0226-46-4976

茎わかめごはんの作り方 | 山内鮮魚店の海鮮レシピ集

第13回日本オンラインショッピング大賞最優秀賞・第2回ネット&リアル相互貢献グランプリ「頑張ろう日本!復興奨励賞」
第10回OSMC(オンラインショッピングマスターズクラブ)最優秀実践賞 受賞店

<会員登録がお得です>会員登録なら、お買い物ごとにポイントが貯まる!便利な「マイページ機能」でお買い物もラクラク!

 

牡蠣(カキ)特集ページ
三陸の濃厚でクリーミーな生牡蠣(カキ)を直送!ギフトにも使える最高品質。レシピ・専用ナイフ・軍手付きで安心も一緒にお届けします。
山内鮮魚店のこだわり

お客様の声集

商品検索
山内鮮魚店 店長Blog

営業時間9:00~17:00(日曜定休 /祝日は通常営業)

お急ぎの方はお電話にてお気軽にお問合せ下さい。

0226-46-4976 山内鮮魚店お客様センター
山内鮮魚店TOPページ » 海鮮レシピ集 » 茎わかめレシピ » 茎わかめごはんの作り方
LINEで送る

茎わかめとカツオダシを活かした「茎わかめごはん」。カツオダシの旨みが茎わかめにしっかり染みこみおいしさ倍増。お子様にも食べやすい。「茎わかめごはん」レシピです

茎わかめのごはん レシピ

ここがオススメ

茎わかめをおいしく楽しむなら「茎わかめごはん」がオススメ。和風ダシに隠し味の生姜の香りがほのかに香ります。生姜と茎わかめは相性抜群。薄味で仕上げるから飽きがこないので最後まで食べらます。土鍋でも炊飯器でもカンタンに作れる「茎わかめごはん」の作り方をご紹介いたします。

用意するもの Check

  • 茎わかめ
  • お米      2合
  • 油揚げ     適量
  • 生姜(すりおろしたもの)   適量
    • ダシ
    • カツオダシ   400cc
    • うすくち醤油    40cc
    • 酒         40cc

※茎わかめはあらかじめ塩抜きを行いましょう。ボウルに水をはり約3時間〜6時間程度水に浸し塩を抜きます。この時数回水の交換をしてください。

※お米はあらかじめといで水を入れ30分程度つけておきましょう。30分経過したらザルにあけ水を切りましょう。

作り方

  • 1

    kukiwakame_takikomi1

    油揚げを短冊切りに切ります。
  • 2

    kukiwakame_takikomi2

    茎わかめは細かく切り分けます。
  • 3

    kukiwakame_takikomi3

    まずダシを作ります。カツオダシ400cc、うすくち醤油40cc、酒40ccを混ぜダシを作り土鍋にいれます。二合の場合は430ccを鍋に入れ残りのダシは後で使います。
  • 4

    kukiwakame_takikomi4

    先ほど余ったダシを油揚げに染み込ませてから土鍋に油揚げと茎わかめを入れます。
  • 5

    kukiwakame_takikomi5

    次にすりおろした生姜を入れます。この時にきちんとダシに溶かすことがポイントです。
  • 6

    kukiwakame_takikomi6

    蓋をして強火で5分沸騰したら弱火で10分火にかけます。沸騰する前に『土鍋の蓋を開け、お米全体にダシが混ざるようにようかき混ぜる』のがコツです。
  • 7

    kukiwakame_takikomi7

    炊き上がったら10分蒸らし完成です。土鍋でも炊飯器でもカンタンに作れる「茎わかめごはん」。ぜひお試しください。

 

【監修】南三陸町 すがわら 店主 菅原良成

【監修】南三陸町 すがわら 店主 菅原良成

大阪北新地、東京銀座・日本橋で修行し割烹を極めた料理人が腕を振るう南三陸の名店。旬の野菜、魚介類など地元産の食材を駆使し春夏秋冬を意識した創作メニューは、すべて一から手間をかけ繊細な味付けで提供される。

読み物
三陸茎わかめって?

茎ワカメは、いわゆるワカメの茎の部分にあたります。ワカメの葉を支えている真ん中の「芯の部分」が茎わかめです。葉っぱがワカメ、芯が茎ワカメ、根っこの部分がメカブとして流通します。 わかめの旬は、毎年3月~4月。もちろんとれたてのワカメは濃い茶色。わかめの産地である南三陸では一斉に水揚げが始まり、味を損なうことなく長期保存するため、港ですぐに塩茹でし「塩蔵(えんぞう)=粗塩をまぶす)」という方法を使ったものが主流となります

このレシピで使われている商品はこちら

茎わかめ

三陸産 茎わかめ(塩蔵)500g《常温発送》

648円

わかめの本場といえば三陸産。しっかりとした歯ごたえ、肉厚さ、そして磯の香り。三陸の「茎わかめ」なら様々なお料理にも大活躍。お料理の主役としての存在感もたっぷりです。海の恵みをそのまま味わえるのが「茎わかめ」の特徴。塩蔵(えんぞう)ですので保存もとっても便利。ちょっと献立に困った時にも、水で戻してすぐに使えるから頼りになる食材です。

LINEで送る

レシピ検索はこちらから
検索したい「レシピ名・商品名・食材名」などを入力下さい。
【例】下処理 ほや

茎わかめレシピ

カートを見る

楽天ペイについて

 

エリア別料金はこちら

 

お届けについて

会員登録がお得

登録するだけでお得!

マイページ ログイン

>パスワードを忘れた方

新規会員登録ポイントプレゼント

お買い物ガイド

読み物

会社概要