海鮮と魚介類のプレミアム通販【山内鮮魚店】

0226-46-4976

タコのバター焼き | 山内鮮魚店の海鮮レシピ集

第13回日本オンラインショッピング大賞最優秀賞・第2回ネット&リアル相互貢献グランプリ「頑張ろう日本!復興奨励賞」
第10回OSMC(オンラインショッピングマスターズクラブ)最優秀実践賞 受賞店

<会員登録がお得です>会員登録なら、お買い物ごとにポイントが貯まる!便利な「マイページ機能」でお買い物もラクラク!

 

父の日 特集ページ
遅れてごめんね!2019父の日。お父さんが喜ぶ定番の魚介類や海産物など、まだまだご用意ございます!
山内鮮魚店のこだわり

お客様の声集

商品検索
山内鮮魚店 店長Blog

営業時間9:00~17:00(日曜定休 /祝日は通常営業)

お急ぎの方はお電話にてお気軽にお問合せ下さい。

0226-46-4976 山内鮮魚店お客様センター
LINEで送る

タコと色とりどりの野菜をささっと炒めるだけ♪ タコの風味と季節の野菜でいただく、食べ応え抜群の「タコのバター焼き」レシピです。

タコのバター焼き

ここがオススメ

塩茹でした南三陸タコは溢れる甘みとやわらかさが特徴です。色とりどりの季節のお野菜と一緒に炒めるだけで、贅沢な一品料理に早変わり♪ タコの柔らかさと旨味、お野菜の食感、バターのコクが何とも言えないおいしいおかずです。

用意するもの Check

  • 塩茹でしたタコ  適量
  • 季節の野菜
  • バター
  • 白ワイン
  • 塩こしょう
  • お醤油
  • <タコの下処理>
    秘伝の煮汁で塩茹でした山内鮮魚店の「南三陸タコ」は、柔らかさとかむほどに溢れる甘みが特徴です。塩茹で済みですのでそのままカットしてすぐにお使い頂けます。

作り方

  • 1

    フライパンに油をひいて、お野菜を炒めます。お野菜に火が通ったら、タコを入れ、焼き目がつくまで炒めます。
  • 2

    次に「白ワイン」をまわしかけ、アルコールを軽く飛ばします。
  • 3

    塩こしょう、バターを投入します。
  • 4

    最後にお醤油を少々、まわしかけたら完成!お醤油とバターの風味、タコの風味が絶妙です。お野菜は食感をのこす程度に炒めるのがコツです。

【監修】南三陸町 すがわら 店主 菅原良成

【監修】南三陸町 すがわら 店主 菅原良成
大阪北新地、東京銀座・日本橋で修行し割烹を極めた料理人が腕を振るう南三陸の名店。旬の野菜、魚介類など地元産の食材を駆使し春夏秋冬を意識した創作メニューは、すべて一から手間をかけ繊細な味付けで提供される。

読み物
南三陸産タコの旬

南三陸で水揚されるタコには大型の「ミズダコ」と小型の「マダコ」があります。ミズダコは主に夏が旬ですが一年中水揚げされるのが特徴です。一方マダコは小型ですが身の締まりがよく旨味が凝縮されているため高級タコとして知られています。マダコの旬は11月〜1月の冬の時期のみのとなり、地元では主にギフトとして珍重されています。南三陸志津川湾で水揚されるタコは、上質なエサを食べ旨味が凝縮しているため「東の横綱」と呼ばれています。>>タコの旬と種類

このレシピで使われている商品はこちら

【送料込み】南三陸志津川真だこ(頭付き)約1.0kg ※約4~5人前

【送料込み】南三陸志津川真だこ(頭付き)約1.0kg ※約4~5人前

6,200円

東の横綱と言われる南三陸産の真ダコは、冬しか味わえない逸品。秘伝の煮汁で茹で上げ「お刺身用塩茹で」でお届け致します。噛めば噛む程に溢れる旨味、歯切れのいい食感はまさに一級品。アワビを食べて育つと言われる名物タコをお楽しみ下さい。ギフトにも喜ばれる見事な「頭付き」でお届け致します。
LINEで送る

レシピ検索はこちらから
検索したい「レシピ名・商品名・食材名」などを入力下さい。
【例】下処理 ほや

タコレシピ

カートを見る

楽天ペイについて

 

エリア別料金はこちら

 

お届けについて

会員登録がお得

登録するだけでお得!

マイページ ログイン

>パスワードを忘れた方

新規会員登録ポイントプレゼント

お買い物ガイド

読み物

会社概要