海鮮と魚介類のプレミアム通販【山内鮮魚店】

0226-46-4976

サンマの南蛮酢 | 山内鮮魚店の海鮮レシピ集

第13回日本オンラインショッピング大賞最優秀賞・第2回ネット&リアル相互貢献グランプリ「頑張ろう日本!復興奨励賞」
第10回OSMC(オンラインショッピングマスターズクラブ)最優秀実践賞 受賞店

<会員登録がお得です>会員登録なら、お買い物ごとにポイントが貯まる!便利な「マイページ機能」でお買い物もラクラク!

山内鮮魚店のこだわり

お客様の声集

商品検索
山内鮮魚店 店長Blog

営業時間9:00~17:00(日曜定休 /祝日は通常営業)

お急ぎの方はお電話にてお気軽にお問合せ下さい。

0226-46-4976 山内鮮魚店お客様センター
LINEで送る

お刺身や塩焼きに飽きたら「さんまの南蛮酢」がオススメ♪ 冷蔵庫で一晩寝かせれば、味も染みこんで美味しいですよ!

さんま南蛮

ここがオススメ

サンマのお刺身、秋刀魚の塩焼きに飽きたら、さっぱりとしたサンマの南蛮酢がおすすめ!お酒の肴にもぴったりのさっぱり味だから、食欲のない時でも美味しく楽しめます。南蛮酢(なんばんす)とは、ネギや鷹の爪などを使った合わせ酢のこと。日本酒と合わせたい「ほっこりさっぱり」なオススメレシピです。

用意するもの(1〜2人前) Check

  • 生さんま 1〜2尾
  • 小麦粉 適量
  • <南蛮酢>
    水 700cc
    お酢 300cc
    薄口醤油 100cc
    みりん 100cc
    砂糖 少々
    塩 少々
    ダシ 少々
    鷹の爪 少々

作り方

    • 1

      予め秋刀魚を食べやすい大きさに切り分けておきます。
    • 2

      食べやすい大きさに切った秋刀魚に、小麦粉をまぶし、油で揚げて「竜田揚げ」にしましょう。
    • 3

      南蛮酢の材料(上記)を合わせ、鍋で沸騰させます。常温で粗熱(あらねつ)を取ってから、ボールに入れた竜田揚げ、細切りした野菜に「熱い状態」で注ぎ、軽く混ぜ合わせます。
    • 4

      冷蔵庫で一晩冷やせば完成です!

【監修】南三陸町 すがわら 店主 菅原良成

【監修】南三陸町 すがわら 店主 菅原良成
大阪北新地、東京銀座・日本橋で修行し割烹を極めた料理人が腕を振るう南三陸の名店。旬の野菜、魚介類など地元産の食材を駆使し春夏秋冬を意識した創作メニューは、すべて一から手間をかけ繊細な味付けで提供される。

読み物
三陸産 生サンマの旬

三陸産の生さんまは9月中旬〜10月中旬が最も旬です!つまり1年でたった一ヶ月だけの旬の味なんです。旬の秋刀魚は上質な脂が自慢!ぜひぜひお刺身や塩焼以外にも様々なお料理でお楽しみ下さい(^^)さんまのサイズは毎年異なります。特に特大サイズの生さんまが水揚げされる年は嬉しいですよね!焼いてもよし!お刺身でもよし!一品料理にもお使い頂ける旬の秋刀魚を思う存分お楽しみ下さい。 >>三陸生さんま特集ページはこちら

このレシピで使われている商品はこちら
【送料込み】気仙沼産「極上生さんま」大サイズ10尾(1.4kg以上) ※秋刀魚レシピ・かぼす付き《クール冷蔵発送》

【送料込み】気仙沼産「極上生さんま」10尾(1.2kg以上) ※秋刀魚レシピ・かぼす付き《クール冷蔵発送》

3,150円

山内鮮魚店の極上生サンマは、秋刀魚の本場「気仙沼産」の選別された脂ののった生さんまをさらに選別してお届けしています。最短で水揚げの翌日午前中にお手元にお届け致します!お刺身でお楽しみ頂けるよう「秋刀魚の三枚おろしレシピ」もお付け致します。10尾は大人2~3人で楽しむお試しサイズ。お刺身なら1人2尾はあっという間です♪
LINEで送る

レシピ検索はこちらから
検索したい「レシピ名・商品名・食材名」などを入力下さい。
【例】下処理 ほや

さんまレシピ

カートを見る

楽天ペイについて

 

エリア別料金はこちら

 

お届けについて

会員登録がお得

登録するだけでお得!

マイページ ログイン

>パスワードを忘れた方

新規会員登録ポイントプレゼント

お買い物ガイド

読み物

会社概要