牡蠣のノロウィルスについて | 魚介類の通販 山内鮮魚店  
海鮮と魚介類のプレミアム通販【山内鮮魚店】

0226-46-4976

牡蠣のノロウィルスについて|海産物の旬って?魚介類の旬っていつ?海鮮、鮮魚の旬や販売時期、疑問を集めたご質問集

第13回日本オンラインショッピング大賞最優秀賞・第2回ネット&リアル相互貢献グランプリ「頑張ろう日本!復興奨励賞」
第10回OSMC(オンラインショッピングマスターズクラブ)最優秀実践賞 受賞店

<会員登録がお得です>会員登録なら、お買い物ごとにポイントが貯まる!便利な「マイページ機能」でお買い物もラクラク!

山内鮮魚店のこだわり

お客様の声集

商品検索
山内鮮魚店 店長Blog

営業時間9:00~17:00(日曜定休 /祝日は通常営業)

お急ぎの方はお電話にてお気軽にお問合せ下さい。

0226-46-4976 山内鮮魚店お客様センター
山内鮮魚店TOPページ » よくある質問集一覧 » 牡蠣のノロウィルスについて

牡蠣のノロウィルスについて

2016年 宮城県全域で出荷停止となっているのは「生かきむき身」です。殻付き牡蠣は問題ございません。


2016年12月中旬に報道された「宮城県全域でのノロウィルスによる牡蠣の出荷停止」につきましては、報道できちんと伝えられていない部分がございます。

 

報道では明記しておりませんが、出荷停止となっておりますのは、水揚げし手作業で殻から外した「生牡蠣のむき身」だけでございます。

 

「殻付き牡蠣」につきましては、厳しい検査をクリアし、出荷停止には至っておりません。ご安心ください。

 

牡蠣のむき身と殻付き牡蠣においては、出荷までの環境と育てる年数が違うのが特徴です。

 

牡蠣のシーズンには、むき身も殻付きも含め、牡蠣を毎週全海域で検査しております。この厳しい検査により、1週間ごとに出荷停止となる場合がございますが、これは今回が初めてではございません。牡蠣においてはある程度起こっていることです。

 

報道を正しく訂正しますと、本来は極寒なこの時期(12月中旬)に宮城県全域で出荷停止となったのが30~40年ぶりということでございます。

 

原因は温暖化による海水温度の上昇です。ただ、それらを踏まえ宮城県も常に厳しい検査を行っているからこそ今回のこういう事態になったというのが事実です。

 

当店でお届けしております「殻付き牡蠣」は、特定の生産者から水揚げしたものを、自社水槽で活かし発送しております。濾過した殺菌海水で活かしておりますので、貝が中の不純物を吐き出しクリーンな状況でお届けしております。

 

また、牡蠣のむき身につきましては、生産者が早朝にむき身にしたものが一度魚市場に出荷され、検査をクリアした牡蠣だけが販売を許可されています。

 

当店の発送体制は20年以上全国に発送させて頂いている独自のものでございます。しっかりとした鮮度の牡蠣だけをお届けできるよう専門スタッフが何度も選別し梱包しております。

 

こういった報道がされたことでご心配になられるお客様からのお問い合わせもございますが、牡蠣はそういった厳しい検査をしているからこそ「販売している牡蠣はより安全」という体制が確率している魚介でございます。

 


牡蠣 Q&A

カートを見る

楽天ペイについて

 

エリア別料金はこちら

 

お届けについて

会員登録がお得

登録するだけでお得!

マイページ ログイン

>パスワードを忘れた方

新規会員登録ポイントプレゼント

お買い物ガイド

読み物

会社概要

 

海鮮レシピ集