生牡蠣(カキ)の旬と販売時期 | 魚介類の通販 山内鮮魚店  
海鮮と魚介類のプレミアム通販【山内鮮魚店】

0226-46-4976

生牡蠣(カキ)の旬と販売時期は?|海産物の旬って?魚介類の旬っていつ?海鮮、鮮魚の旬や販売時期、疑問を集めたご質問集

第13回日本オンラインショッピング大賞最優秀賞・第2回ネット&リアル相互貢献グランプリ「頑張ろう日本!復興奨励賞」
第10回OSMC(オンラインショッピングマスターズクラブ)最優秀実践賞 受賞店

<会員登録がお得です>会員登録なら、お買い物ごとにポイントが貯まる!便利な「マイページ機能」でお買い物もラクラク!

 

山内鮮魚店のこだわり

お客様の声集

商品検索
山内鮮魚店 店長Blog

営業時間9:00~17:00(日曜定休 /祝日は通常営業)

お急ぎの方はお電話にてお気軽にお問合せ下さい。

0226-46-4976 山内鮮魚店お客様センター
山内鮮魚店TOPページ » よくある質問集一覧 » 生牡蠣(カキ)の旬と販売時期は?

生牡蠣(カキ)の旬と販売時期は?

牡蠣を生食で楽しむ旬と販売時期は「11月〜2月」です。
三陸地方で多く養殖されている牡蠣(マガキ)の旬は、冬の11月〜2月です。その時期の牡蠣は「生食用」として広く流通しています。三陸牡蠣の生産量は宮城県が日本一。南三陸も牡蠣の名産地として知られています。三陸の生カキの特徴は、その『濃厚さ』と『クリーミーさ』。あっさりとした味わいの広島県産と比べても、驚くほどの濃厚さです。また、2月を過ぎると牡蠣は「加熱用」に切り替わります。実は牡蠣が一番おいしい時期は「3月〜5月」なのです。これは牡蠣が抱卵期を迎えるの準備をするため、旨味成分であるグリコーゲンを多く含んでいるからです。当店ではスモークなどに使用する牡蠣はすべてこの3月〜5月の「春牡蠣」だけを厳選しています。一般的には知られていませんが、春の牡蠣は生食用の時期と比べると、おどろくほど旨味に違いがあるのです。

海産物図鑑

【送料込み】三陸産『殻付真牡蠣(カキ)』 大サイズ10個入 ※カキレシピ・専用ナイフ・軍手付
・「牡蠣」の種類と育つ環境
牡蠣には「真牡蠣」と「岩牡蠣」があります。三陸沿岸で広く養殖されているのが「真牡蠣」で、こちらは冬がシーズンです。一方、夏がシーズンなのが「岩牡蠣」で日本海側で多く養殖されています。カキの養殖は、夏の初めに始まります。ホタテの貝殻を海中に吊るし、貝殻に付着した幼生を自然の力で育てます。およそ2〜3年で流通する大きさにまで育ちますが、海の状況により毎年大きさが異なります。
・三陸牡蠣の特徴
牡蠣の生産量が多い件は1位が広島県で、2位が宮城県です。広島県は牡蠣の養殖技術が発達しており、その大きさが三陸牡蠣とは異なり、味はさっぱりとしています。一方、三陸の牡蠣は広島産にくらべややこぶりなのが特徴ですが、濃厚すぎるほどの味わいが一番の特徴です。
・三陸牡蠣についてもっと知りたい方はこちら
三陸牡蠣(カキ)特集ページ
三陸牡蠣はどんな風に育つの?三陸牡蠣の特徴は?
そんな疑問を解決する「三陸牡蠣の特集ページ」です。こちらのページからも牡蠣を購入いただけます。
山内鮮魚店の「殻付き生牡蠣」一覧
【送料込み】三陸産『殻付真牡蠣(カキ)』 大サイズ8個入 ※カキレシピ・専用ナイフ・軍手付

【送料込・加熱用】三陸産『殻付真牡蠣(カキ)』 大サイズ8個入 ※カキレシピ・専用ナイフ・軍手付

3,200円

【送料込み】三陸産『殻付真牡蠣(カキ)』 大サイズ15個入 ※カキレシピ・専用ナイフ・軍手付

【送料込・加熱用】三陸産『殻付真牡蠣(カキ)』 大サイズ15個入 ※カキレシピ・専用ナイフ・軍手付

4,700円

【送料込み】三陸産『殻付真牡蠣(カキ)』 大サイズ20個入 ※カキレシピ・専用ナイフ・軍手付

【送料込・加熱用】三陸産『殻付真牡蠣(カキ)』 大サイズ20個入 ※カキレシピ・専用ナイフ・軍手付

5,700円

 

トップページマイページ買い物カゴ

 


牡蠣 Q&A

カートを見る

楽天ペイについて

 

エリア別料金はこちら

 

お届けについて

会員登録がお得

登録するだけでお得!

マイページ ログイン

>パスワードを忘れた方

新規会員登録ポイントプレゼント

お買い物ガイド

読み物

会社概要

 

海鮮レシピ集