たこ(タコ)の旬って? | 魚介類の通販 山内鮮魚店  
海鮮と魚介類のプレミアム通販【山内鮮魚店】

0226-46-4976

たこ(タコ)の旬って?|海産物の旬って?魚介類の旬っていつ?海鮮、鮮魚の旬や販売時期、疑問を集めたご質問集

第13回日本オンラインショッピング大賞最優秀賞・第2回ネット&リアル相互貢献グランプリ「頑張ろう日本!復興奨励賞」
第10回OSMC(オンラインショッピングマスターズクラブ)最優秀実践賞 受賞店

<会員登録がお得です>会員登録なら、お買い物ごとにポイントが貯まる!便利な「マイページ機能」でお買い物もラクラク!

 

山内鮮魚店のこだわり

お客様の声集

商品検索
山内鮮魚店 店長Blog

営業時間9:00~17:00(日曜定休 /祝日は通常営業)

お急ぎの方はお電話にてお気軽にお問合せ下さい。

0226-46-4976 山内鮮魚店お客様センター
山内鮮魚店TOPページ » よくある質問集一覧 » たこ(タコ)の旬って?

たこ(タコ)の旬って?

ミズダコは夏、マダコは冬が旬です。

南三陸で水揚されるタコには大型の「ミズダコ」と小型の「マダコ」があります。ミズダコは主に夏が旬ですが一年中水揚げされるのが特徴です。一方マダコは小型ですが身の締まりがよく旨味が凝縮されているため高級タコとして知られています。マダコの旬は11月〜1月の冬の時期のみのとなり、地元では主にギフトとして珍重されています。南三陸志津川湾で水揚されるタコは、上質なエサを食べ旨味が凝縮しているため「東の横綱」と呼ばれています。

 

海産物図鑑

タコってなに?

タコは複数の吸盤がついた8本の触腕を持つ軟体動物です。保護色に変色し、地形に合わせて体形を変えることでも知られています。主食となるのが甲殻類や二枚貝ですが、時として大型の魚を食べることもあります。また、タコはそのエサによって味が大きく変わる唯一の生き物として知られています。そのため、生息地域のエサの種類によって味に違いがあるのが特徴です。

マダコの特徴と食べ方

南三陸のマダコ
マダコは高級ダコとして知られています。その理由は「身の締まり」と「濃厚な旨味」。ミズダコと比べると明らかに違う、しっかりとした歯ごたえと味わいが特徴です。南三陸ではこれを頭付きのまま塩茹でし、形のいいタコを贈り物として贈る文化があります。タコは兵庫県の明石が有名ですが、南三陸志津川湾のマダコはアワビを主食として育つと言われ「東の横綱」として知られています。主に塩茹でし、お刺身として楽しむ他、しゃぶしゃぶなどで楽しむのに適しています。

ミズダコの特徴と食べ方

水だこのお刺身
日本の三陸沿岸以北で広く水揚されるのが「ミズダコ」です。ミズダコはタコ類最大と言われるほどサイズが大きいものまで多く水揚されます。大きさによって味の違いはありませんが、柔らかく甘みが強い身が特徴です。食べ方として主流なのが「塩茹で」。ヌメリを取るように良く洗い塩と一緒に茹でることで、タコ特有の旨味が増します。南三陸地方では、これをお刺身として食べる習慣がほとんどです。また、ミズダコの頭の部分が特にやわらかく、好んでこれを食べる人もいます。

【送料込み】南三陸志津川真だこ(頭付き)約1.0kg ※約4~5人前
《お客様の声》
毎年購入しています。志津川のタコを食べたらほかのタコは食べられません。本当においしいです。また今年の暮れも注文したいです。

6,200円 送料込み 商品詳細ページへ

 

たこの名産地から直送!山内鮮魚店のタコ
【送料込】南三陸志津川水だこ(お刺身用ゆでタコ)足400g ※約2~3人前
【送料込】南三陸志津川水だこ(お刺身用ゆでタコ)足400g ※2~3人前

3,300円
【送料込】南三陸志津川水だこ(お刺身用ゆでタコ)足1.0kg ※約4~5人前
【送料込】南三陸志津川水だこ(お刺身用ゆでタコ)足1.0kg ※4~5人前

6,200円
【送料込】南三陸志津川水だこ(お刺身用ゆでタコ)足1.2kg ※5~6人前
【送料込】南三陸志津川水だこ(お刺身用ゆでタコ)足1.2kg ※5~6人前

6,900円
トップページマイページ買い物カゴ

 


タコ Q&A

カートを見る

楽天ペイについて

 

エリア別料金はこちら

 

お届けについて

会員登録がお得

登録するだけでお得!

マイページ ログイン

>パスワードを忘れた方

新規会員登録ポイントプレゼント

お買い物ガイド

読み物

会社概要

 

海鮮レシピ集